このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【クランブルスイーツ】のアレンジは無限大!フルーツを美味しく!

【クランブルスイーツ】のアレンジは無限大!フルーツを美味しく!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年7月25日

サクサクしたクランブルをあしらったクランブルスイーツをご存知だろうか?クランブルは、実はさまざまなスイーツを盛りあげてくれる名脇役でもある。今回はそんなクランブルの基本を学び、クランブルスイーツとそのアレンジ方法を習得していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. クランブルスイーツとは

クランブルとは

クランブルは、小麦粉とアーモンドパウダー、砂糖、バターを混ぜ合わせ、そぼろ状にしたもの。ケーキやスコーン、クッキー、パイなど、スイーツにトッピングして焼きあげるのが定番だ。発祥地のイギリスでは季節のフルーツを使ったクランブルケーキが家庭の味として広く愛されている。とくにアップルクランブルは、ポピュラーな存在だ。

クランブルの美味しさと作り方

クランブルは、サクサクとした食感が持ち味。そぼろの大きさによって、サクサク感、ザクザク感と食感に違いが出るところもポイント。作り方は簡単で、上記の材料を混ぜるだけ。
ポイントになるのは、バターの質と温度。コクのある味わいを作りたいのなら、発酵バターを使うのがおすすめ。またバターは必ず冷えた状態のものを使うこと。冷えたバターの粒の周りに小麦粉、アーモンドパウダー、砂糖をつけて、そぼろ状にするイメージだ。手ですり潰すのが基本だが、より簡単に作りたい場合はフードプロセッサーを使うとよい。とにかくこねないことが重要だ。
また砂糖の粒子が細かいとよりなじみがいいので、細粒タイプを選ぶか普通の砂糖ならミルやフードプロセッサーで細かく砕いておくとよいだろう。

2. クランブルスイーツのクランブルをアレンジ

基本のクランブルを学んだら、クランブル自体をアレンジしてみよう。ココアやインスタントコーヒー、レモンの皮、シナモンなどのスパイスを入れてもよい。きなこや抹茶など、和風の素材でアレンジも可能だ。

マクロビ風にアレンジするなら

基本のクランブルは、バターを使うのでハイカロリーになりがち。また乳製品なので、食制限のある人には食べづらいケースも。そんなときは、マクロビオティック風にアレンジしたクランブルがおすすめ。バターを菜種油や太白ごま油に、砂糖をきび砂糖に替えるだけなので、意外と簡単。メイプルシロップを加えるとさらになじみやすい。

たくさん作ってもOK

クランブル自体は冷凍保存が可能。一度にある程度の量を作って、余ったら冷凍しておくとちょっとしたときに使うことができて便利。ジッパー付きの袋に入れて冷凍保存するのがおすすめだ。2週間くらいで使いきるとよい。

3. クランブルスイーツをアレンジ

クランブルスイーツの基本

アップルクランブルは、クランブルスイーツのなかでも定番中の定番。りんごにクランブルをどっさりとかけてオーブンで焼きあげたお菓子のことだ。りんごはカットして、砂糖とシナモンをまぶし、耐熱容器に入れておく。りんごがしんなりする間にクランブルを作るとよい。あとはクランブルをりんごの上にたっぷりのせて、焼くだけ。スプーンでざっくりと皿に盛り付ければ、完成だ。くるみをプラスしたり、アイスを添えたりしても美味しい。

季節に合ったフルーツを

実はこのクランブルスイーツ、季節のフルーツなら大抵美味しく作ることができる。なかでも初夏に旬のチェリーがおすすめ。さくらんぼでもアメリカンチェリーでもOK。タネを取るのが少々面倒くさいが、それさえクリアすれば、美味しいスイーツにありつける。クランブルを、ココア味やスパイス味に変化させても楽しい。

クランブルチーズケーキ

クランブルののったケーキは、店でもよく見かけるもの。ベイクドチーズケーキの上にトッピングするのが、一番簡単。チーズケーキは、材料を混ぜるだけなので、スイーツ初心者にもおすすめだ。りんごやチェリーなど、フルーツも組み合わせてもよい。

結論

今回はクランブルスイーツについて紹介した。クランブルスイーツは、イギリス生まれの素朴なお菓子。思い立ったらすぐに作ることができ、自分らしいアレンジを簡単に加えることができるので、初心者にも最適だ。ぜひ挑戦してみてほしい。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ