このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
きな粉でお菓子を作ってみよう!和洋の簡単レシピ4選を紹介!

きな粉でお菓子を作ってみよう!和洋の簡単レシピ4選を紹介!

投稿者:ライター 諸田結(もろたゆい)

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2020年8月26日

きな粉はよく和菓子に使われるイメージがあるが、じつは洋菓子とも合う万能食材。今回はきな粉を使った和菓子と洋菓子、両方のおすすめお菓子やレシピをまとめてみた。家にあるもので簡単に作れるレシピもあるので、きな粉が好きな人はぜひチェックしてみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. きな粉を使った優しい甘さのプリン

豆乳や牛乳を温めてからきな粉と砂糖を加え、さらにゼラチンを溶かして固めれば完成。豆乳を使えば、大豆の風味をしっかり感じられるきな粉プリンになる。ゼラチンで固めるプリンは簡単な工程で作れるお菓子の1つで、お菓子作り初心者にもおすすめだ。材料を火にかけ、冷やし固めるだけで作れるので子どもと一緒に作ってもよいだろう。上から黒蜜をかけたり、砂糖の代わりにはちみつを加えて作っても美味しい。ゼラチンを加えずに、卵を混ぜ合わせてから湯煎焼きにしてもよい。湯煎焼きは、オーブンに入れる際に天板にお湯を入れてから焼けばOK。ゼラチンのほうが簡単に作れるが、好みに合わせて作り分けしてほしい。

2. クッキーはきな粉の洋風お菓子の定番!

クッキーといえば洋菓子の定番だが、きな粉を使えば和風のクッキーも作れる。バター・砂糖・卵・小麦粉・きな粉などを合わせて成形し、焼きあげればきな粉のホロホロ食感が美味しいクッキーが作れる。砂糖を粉砂糖にすれば、よりホロホロの食感に仕上がる。また、丸い形が特徴のスノーボールクッキーをきな粉入りで作り、周りにきな粉をまぶせば贅沢な味わいのきな粉クッキーになる。生地に入れたきな粉とまぶしたきな粉、両方が合わさってきな粉の風味や味を存分に感じられるだろう。クッキーのレシピにはいろいろなものがあるが、きな粉の味をダイレクトに感じたい場合は、バターの代わりに風味の少ないショートニングや白太ごま油、菜種油などの油脂類を使うのがおすすめ。

3. きな粉と小豆の和風スコーン

スコーンはオシャレな洋菓子のイメージがあるが、きな粉を使えば優しい味わいのお菓子になる。生地にきな粉を入れたスコーンを焼きあげ、半分にカットしてあんを挟んでみよう。あんに甘みがあるため、スコーン自体は甘さ控えめでも十分美味しく食べられる。また、生地に茹でた小豆を入れて作っても美味しい。小豆のつぶつぶ食感が美味しく、クセになる味わいだ。あんと一緒にホイップクリームを挟んで、和と洋がコラボしたお菓子を作ってもよい。スコーンにきな粉を入れるだけで、いろいろな可能性が広がりそうだ。

4. レンジで作れるお菓子!きな粉の蒸しパン

和菓子の中には、レンジで作れる簡単なものもある。きな粉を使った蒸しパンは材料を混ぜ合わせて型に入れ、レンジで加熱するだけで簡単に作れるのでおすすめ。牛乳・砂糖・卵・小麦粉・きな粉・ベーキングパウダーなどを加えて型の半分ほどまで流し、しっかり膨らむまで加熱しよう。砂糖の代わりに黒蜜やはちみつを入れて作ると、コクのある味わいに仕上がる。レンジで加熱する際は、硬くなりすぎないように注意しよう。全体がしっかりと膨らみ、楊枝などで中心を刺しても生地が付いてこなければOK。あまりたくさんレンジに入れてしまうと、場所によって火の通り具合が違ってしまうため、数個ずつ加熱するとよい。大きな容器で作りたいときは、容器の向きを変えながら加熱すると全体がバランスよく蒸しあがる。

結論

きな粉を使ったお菓子にはいろいろなものがあるが、今回は簡単に作れておすすめのものを4つ紹介した。プリンや蒸しパンはオーブンがなくても作れるため、手軽に美味しいお菓子を作りたい人にもおすすめ。簡単に作れるレシピもたくさんあるので、ぜひチャレンジしてみてはいかがだろうか。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ