このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
きな粉は料理にもマッチする!?普段の食卓に並ぶレシピを紹介!

きな粉は料理にもマッチする!?普段の食卓に並ぶレシピを紹介!

投稿者:ライター 上野圭代(うえのたまよ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年8月25日

きな粉が余っている家庭も多いだろう。とくに冬場は正月などもあり、休みの間に餅を食べる機会が増えるためきな粉が活躍する。しかし多めに買ったきな粉は余りやすく、その後使い道がわからないという人も多いのだ。きな粉はスイーツにしか使えないと思われがちだが、じつは料理にも使える。こちらできな粉を使ったレシピなどを紹介していくので、ぜひ上手な使い方をしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 余ったきな粉の賞味期限と代表的な使い方

きな粉が台所の戸棚に眠っている人もいるだろう。きな粉の賞味期限は長いと思っている人もいるかもしれないが、じつは開封してしまったきな粉は1ヶ月くらいで食べきってほしい。粉状態になっているため見ためが変わりにくいきな粉は、長く食べられるように感じてしまいがち。しかしきな粉は風味を大事にしたい食材なので、開封後はできるだけ早く食べきってしまうのがおすすめなのだ。
きな粉はスイーツにして使うのが一般的ではあるが、料理にも使えることを覚えておきたい。おかずへのきな粉の使い方は、もみ込む、混ぜる、まぶす、溶かすなどいろいろとある。料理により使い方を変え、余ったきな粉を利用できるのだ。きな粉は甘いイメージがあるが、それは砂糖を混ぜているから。プレーン状態だとおかずに使いやすいので、そのまま使用したい。

2. きな粉を使った食卓に並ばせやすいレシピ

きな粉を使った料理で、食卓に並ばせやすいものを最初に紹介したい。おすすめは鶏肉や野菜を使ったレシピである。こちらで2つ挙げていこう。

■鶏の照り焼き

そのまま料理をしても食べやすい照り焼き料理は、子どもも好きな人気レシピである。通常照り焼きをするときは、味をしみ込ませるために下味をもみ込む。醤油、みりん、砂糖を混ぜ合わせて味を付けるのが一般的だ。そこにきな粉を一緒に混ぜよう。注意点は、きな粉の粉感が口に残りやすいこと。しっかり混ぜないと、ザラザラした舌ざわりになってしまうので気を付けよう。もし粉状になり混ざりにくいと感じたら、水や料理酒を少し入れるのもよい。より鶏肉になじむので試してほしい方法だ。

■野菜のきな粉和え

好みの野菜にきなこと味噌、菜種油、おろし生姜などを混ぜ合わせ蒸すレシピ。れんこんなどのシャキシャキとした歯ごたえの野菜を選ぶと、食べごたえがある。また、小松菜などの葉物を一緒に蒸すと、色みが鮮やかになるのでおすすめだ。

3. アレンジしたい人向け!きな粉の応用おかずレシピ

定番の照り焼きや蒸し料理もいいが、ゲストが来たときに出したいオシャレ料理としてもきな粉を使いたい。きな粉は和風料理だけではなく、多国籍料理やサラダにもマッチするのだ。

■きな粉タンドリーチキン

タンドリーチキンはインドの料理として知られているが、いくつものスパイスが混ぜ合わされているのがポイント。少し辛い味付けと、きな粉の相性がとてもよいのだ。それだけだとピリっと辛いタンドリーチキンに、きな粉を加えてみよう。作る工程でスパイスをもみ込んだあとに、きなこをもみ込むだけ。あとは油を引いたフライパンで焼いていくだけの簡単さが魅力だ。タンドリーチキンは多少作るのが面倒そうだが、時間がない時や初心者の人はカレー粉を使うとよい。鶏肉を粉末状のカレー粉で下味を付けるだけで、本格的なインド風のタンドリーチキンを作ることができるのだ。

■かぼちゃサラダ

かぼちゃに火を通してマッシュ、きゅうりなどと混ぜ合わせてサラダを作る。豆乳、塩こうじ、きな粉、オリーブオイルなどを混ぜ合わせドレッシングにして和えてみよう。

結論

こちらではきな粉を使った料理のレシピを、一般的なものとアレンジしたものに分けて紹介してきた。きな粉は餅につけて食べるものではなく、じつはスイーツや料理にもたくさん使える。余ってしまったきな粉はできるだけ早く食べたほうがよいため、アレンジして使ってみよう。鶏肉との相性がよいので、混ぜ込んで使ってほしい。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ