このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
めんつゆで納豆パスタを作ってみよう!ちょい足し食材も紹介

めんつゆで納豆パスタを作ってみよう!ちょい足し食材も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年8月17日

納豆は栄養満点の食材として人気があるが、実はパスタとの相性もいい。めんつゆを使うことで、味付けも簡単で失敗なく美味しい納豆パスタが完成する。今回は基本のめんつゆを使った納豆パスタから、ちょい足ししたい食材についても紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 納豆パスタはめんつゆで簡単に作れる

最近手軽に作れて美味しいと話題のパスタが納豆を使ったパスタだ。納豆はもともと、栄養豊富な発酵食品であり、納豆を作り出している納豆菌にはさまざまな健康効果があるとされており人気の食材である。そんな納豆の基本の食べ方は、何といってもごはんにかけて食べる方法だ。しかし意外に美味しいと話題なのがパスタとの組み合わせなのだ。納豆を使ったパスタの場合は、基本的に和風パスタになるので、味付けにはめんつゆを使用するのがおすすめだ。めんつゆひとつで基本の味付けが決まるので、失敗なく美味しい納豆パスタが作れるのだ。

2. 基本のめんつゆを使った納豆パスタの作り方

材料

めんつゆを使った納豆パスタはとにかく材料がシンプルだ。パスタとめんつゆ、大葉、海苔があれば完成する。納豆の種類はひきわり納豆にするのがおすすめだが、好みの納豆で代用可能だ。

作り方

めんつゆをレンジで温め、大きなボウルに入れて納豆と合わせておく。そこに茹でたパスタを加えて和えたら、皿に盛り付けて好みで大葉と刻み海苔をトッピングしたら完成だ。めんつゆの味付けのみで完成するパスタだが、納豆のネバネバ感がパスタによく合わさりシンプルながら食べごたえのあるパスタが完成する。

3. めんつゆを使った納豆パスタにちょい足しレシピ

アボカドを使っためんつゆ納豆パスタ

シンプルに納豆とめんつゆだけでも美味しくパスタが仕上がるが、そこにちょい足し食材をプラスすることで、よりボリュームや味わい、食感に変化をつけたパスタが楽しめる。アボカドは森のバターとも呼ばれ栄養の優れた食材であり、調理も楽なので簡単に納豆パスタにプラスできる。作り方は、角切りしたアボカドを納豆とめんつゆ、わさびを混ぜたものとさっと和えておく。そこに茹でたパスタ、オリーブオイルを加えて和え、皿に盛ったら完成だ。

明太子を使っためんつゆ納豆パスタ

明太子もパスタに合わせることで明太子パスタになると人気の食材だ。そんな明太子と納豆の両方を合わせてパスタに和えれば、より濃厚で食欲をそそるパスタが完成する。作り方は、パスタを表示時間より短めに茹でておき、ボウルに明太子、納豆、めんつゆ、マヨネーズ、塩、ブラックペッパーを和えておく。茹でたパスタにオリーブオイルをなじませ、明太子と納豆のソースを和えて完成だ。好みで刻みのりをトッピングするといいだろう。

キムチを使っためんつゆ納豆パスタ

キムチと納豆はもともと相性がよく、ごはんの上にのせても絶品だ。そんなキムチと納豆をパスタに和えるだけで食欲をそそるパスタが完成する。作り方は、納豆の付属のタレを加えて納豆をよく混ぜておき、白菜キムチは細かく切って、大葉は千切りしておく。耐熱容器に卵を割って、竹串で黄身に穴をあけたら、水を加えてラップをし、電子レンジで温泉卵を2つ作っておく。パスタを茹でたらザルにあげ、オリーブオイル、めんつゆを和えて器に盛る。上に納豆、キムチ、大葉や焼き海苔をトッピングして温泉卵をのせたら完成だ。

たくあんと鶏そぼろを使っためんつゆ納豆パスタ

めんつゆを使った納豆パスタにたくあんや鶏そぼろを加えることで、食感も楽しくボリュームのあるパスタが完成する。フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて熱し、香りがでてきたら鶏のひき肉とみじん切りにした椎茸を加えてそぼろを作る。そこに納豆とみじん切りにしたたくあんを加え、めんつゆを入れて混ぜる。茹でたパスタを納豆やそぼろと和え、塩こしょうで味を調えたら完成だ。

結論

めんつゆを使った納豆パスタは、簡単に作れるうえに失敗もなく手軽に作れるのが魅力だ。栄養も満点で食欲がないときなどでも食べやすいのもうれしい。また、納豆だけではなくほかの具材と組み合わせることで、ボリュームをプラスしたり、違う食感や味わいを楽しめたりするのでいろいろな納豆パスタを楽しんでみてほしい。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ