このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
納豆パスタをバターでコク出し!バターを使った基本からアレンジまで!

納豆パスタをバターでコク出し!バターを使った基本からアレンジまで!

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年8月 4日

納豆パスタの隠し味としておすすめなのは、バターだ。意外な組み合わせのように感じる人もいるかも知れないが、バターの濃厚でクリーミーな味わいは納豆やしょう油などとよく合うのだ。今回はそんな納豆パスタにバターの隠し味を加えたアレンジ方法などを紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 納豆パスタにバターを加える理由

納豆パスタといえば、パスタを納豆で和えたもので、基本的にはめんつゆやしょう油で味付けされた和風パスタが多い。そこにバターを加えるということに疑問をもつ人もいるだろう。しかしバターはしょう油との相性がよく、バターしょう油としてさまざまな料理に使われている。その一方で、納豆とバターは本当に合うのか心配になる人もいるだろう。しかしバターを加えることで、バターの濃厚でコクのある旨みがシンプルな納豆パスタに合わさってより奥深い味わいにしてくれるのだ。今回はそんなバターをプラスした納豆パスタを紹介していこう。

2. 基本の納豆パスタにバターを加えてみよう

材料

基本のバターを加えた納豆パスタは材料もシンプルで、納豆にバター、めんつゆ、しょう油、パスタ、刻みのりだ。

作り方

納豆に付属のタレを混ぜておき、茹であがったパスタを湯きりして鍋に戻し、バター、めんつゆ、しょう油を加えてよく絡ませる。そのパスタを皿に盛り付け、納豆と刻みのりをちらせば完成だ。パスタが温かいうちにバターを合わせることで、バターが溶けだしてパスタによく絡む。食べる際はパスタと納豆をよく混ぜて味わってみてほしい。いつもの納豆パスタにバターをプラスするだけで、より濃厚でコクのある味わいが楽しめるのがこの納豆パスタのポイントだ。

3. アレンジ納豆バターパスタを紹介

ツナ納豆バターパスタ

納豆パスタにバターだけではなくツナも加えることで、より食べごたえがあり濃厚で奥深い味わいが楽しめる。作り方は、茹でたパスタの水気をきり、納豆とツナ、バター、しょう油を混ぜたら完成だ。好みで刻みのりをちらしてもいいだろう。美味しく仕上げるポイントは、ツナ缶を油ごと使用することで、パスタに絡まってよりまとまりが出る。どの具材も火を通さず使えるので、パスタさえ茹でて具材をかけたら完成という簡単パスタだ。忙しい日のランチや夕食にもおすすめのレシピで、具材に火を通さなくてもボリュームを出せるのがポイントだ。

ガーリックバター納豆パスタ

納豆パスタにガーリックバターを加えることで、よりスパイシーで食欲をそそる濃厚な味わいになる。作り方は、フライパンでバターを溶かして、にんにくのみじん切りを加え香りを出す。納豆は青じそのみじん切り、しょう油、みりん、顆粒和風出汁、パスタの茹で汁を混ぜておく。そこへ茹でたパスタを加えてよく混ぜたら黒こしょうと白ごまをトッピングして皿に盛り付け、さらに青のりと刻みのりを飾り付けたら完成だ。ガーリックバターを合わせることで、食欲をそそる味付けや香りも楽しめる納豆パスタになる。

バターしょう油の塩昆布納豆パスタ

納豆パスタにバターだけではなく、塩昆布を隠し味として加えることで、コクたっぷりの絶品パスタが完成する。作り方はパスタと一緒にしめじを茹でておき、ボウルにバター、しょう油、塩昆布、茹で汁を混ぜておく。そこに茹であがったパスタとしめじを加えてよく和えたら、皿に盛り付けてタレを混ぜた納豆、卵黄、万能ねぎをトッピングしたら完成だ。バターに納豆、塩昆布、卵黄が織りなす美味しさがあふれだす味付けで、食欲がそそられるパスタだ。

結論

納豆パスタに濃厚でコクのあるバターを加えることで、よりクリーミーで味わい深いパスタが完成する。基本の納豆パスタにバターを加えるだけでも絶品だが、ほかにもさまざまな具材などのアレンジを加えることで、より本格的な深い味わいが楽しめるのでおすすめだ。作り方も基本の納豆パスタにバターを加えるだけのシンプルレシピばかりなので、ぜひ試してみてほしい。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ