このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
鶏肉の甘辛炒めは弁当でも大活躍!あっさりした肉質には濃い味を!

鶏肉の甘辛炒めは弁当でも大活躍!あっさりした肉質には濃い味を!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木 倫美(ささきともみ)

2020年8月17日

甘辛い味付けをしたおかずは、白いごはんにバツグンにあうというメリットがある。調理してすぐに食べても美味しいし、翌日にちょっと味がしみたころに弁当に入れるのも別の喜びである。今回は、鶏肉を甘辛く炒める場合のさまざまなアイデアを紹介する。今夜にでも、ぜひ試してみてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 鶏肉の甘辛炒め、その基本をマスターする

鶏肉の甘辛炒めといっても、調理法のバラエティーは非常に多い。鶏肉のどの部位を使うかによっても、食味は大きく変わってくる。また、季節によってもさっぱり食べたいときと、少しボリューミーに食したいときがある。それぞれに使い分けるために、基本からみていこう。

鶏肉の甘辛煮の基本

鶏肉の甘辛煮を作る場合、パサパサとする食感を避けるために最も使用されるのがモモ肉である。適当な大きさに切ったモモ肉に、醤油やみりんなどの甘辛いタレを絡めて炒めるというのが最も簡単にできる基本である。
これに好みの具材を加えると、いかにもおかずらしくできあがる。甘辛い味付けのモモ肉にあう具といえば、やはりネギであろうか。焼き鳥を思わせる味わいで、白いごはんもビールもすすむ一品である。シンプルに調理できるこの基本の甘辛炒めは、夏のおかずとして向いているかもしれない。翌日には、弁当のおかずとしても美味しく食べることができる。

あっさりとした鶏の胸肉を使うときは

モモ肉ほどジューシー感がない胸肉を使用する場合はどうであろうか。
胸肉を使用する場合には、炒めるだけではちょっと口の中でもたつく感覚は否めない。そこでおすすめするのが、鶏肉を片栗粉や薄力粉をまぶしてから揚げて、そのあとに炒める方法である。甘辛いタレを絡めて炒めるときにも、はちみつなどで甘みをつけると揚げた鶏肉にとろみがついて、胸肉特有のぱさっとした感じも気にならなくなる。鶏肉のささみならば、一口サイズに切らずにまるごと調理すると、豪快でビジュアル的にもイケている。大人だけの食事の場合は、コチュジャンや七味でピリ辛にしても美味しい。とろみのついた鶏肉の甘辛炒めは、寒い時期にふうふうと冷ましながら食べるのが美味しそうだ。

2. 骨付きの鶏肉の甘辛炒めは子どもも大喜び!

子どもがいる家庭やちょっとした人寄せの時には、見栄えがする骨付きの鶏肉を使用するとよい。コスパもよいうえ、手で持ってかじりつく鶏肉の美味しさはこれまた格別である。おふくろの味にも通じる、舌になじんだ食感なのである。骨つきの鶏肉を甘辛く炒める場合には、どんなアイデアがあるであろうか。

コスパ最強の手羽先を使用して

鶏の手羽先や骨付きの肉は、コスパが最強という強みがある。また、大量に作ってもあまりの美味しさにあっという間になくなるのも気持ちがよいものだ。
骨付きの鶏肉は、薄力粉をまぶしてフライパンで炒める。焦げ目が付くくらいに両面を焼いたら、醤油やみりんで作ったたれを投入して、火加減に気を付けながら炒めるのである。とろみがついたこの料理、最後に白ごまをまぶしてもさまになる。

鶏肉と卵の組み合わせで甘辛く

鶏肉を先に炒めておき、甘辛く煮込む料理もごはんがすすむ。この料理のよいところは、煮込んだ鶏肉が骨からぽろぽろと簡単にむしれることだろう。煮汁がなくなるほどに煮詰めると、いかにも甘辛さがよくからんだ濃い色合いとなる。煮汁が少なくなると焦げやすくなるため、火加減には注意が必要である。また、この煮汁を使用して煮卵を作るのもよく知られている。鶏肉とともに皿にのせてもよいし、煮卵は別にほかの料理に応用してもいいだろう。

3. 鶏肉のレバーを甘辛く炒める

レバーのくさみが苦手という人も、甘辛い味付けならばそれほど気にならずに食べることができるかもしれない。血合いを取るなどの下処理をしたレバーを、生姜やにんにくをきかせて炒めて甘辛く味付けする。ししとうやねぎを入れると、歯ごたえが違う食材のハーモニーが生まれてさらに食べやすくなる。夏バテの時期には、レバーと夏野菜の組み合わせで鬼に金棒である。醤油とみりんや砂糖の甘みが煮詰まると、食べにくい食材も舌になじみやすい味わいになるのがありがたいところである。

結論

子どもたちも喜んで食べる鶏肉は、メタボが気になる大人にとっても理想的な食材である。これを甘辛く炒めることによって、あっさりとした食材である鶏肉もボリューミーな美味しさとなるのである。コスパがよい骨付きの鶏肉も、甘辛さとは最高の相性である。健康面でもメリットが多い鶏肉を、甘辛炒めでさらに美味しく摂取してほしい。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ