このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
とんかつをリメイクして新しい料理に!卵とじ以外にもアイデアが!

とんかつをリメイクして新しい料理に!卵とじ以外にもアイデアが!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年8月 3日

とんかつを食べるならば衣がサクサクしているできたての状態がもっとも美味しい。しかし、余ってしまったため、翌日以降も食べなければならないというときもあるだろう。温めるだけでも変わらず美味しく食べることができるのだが、ここではとんかつをさらに美味しく食べるためのリメイク法について紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 定番!とんかつの卵とじ

余ってしまったとんかつをリメイクしたいと考えたときに、真っ先に思い浮かべるのが卵とじだろう。甘辛い煮汁で煮たとんかつに卵を絡めた料理で、そのままごはんにのせればかつ丼となる。できたてのとんかつ以外はサクサク感がなくなっているが、甘辛い煮汁で煮れば衣がサクサクしていなくてもまったく問題はない。むしろしんなりとした衣が煮汁をしっかりと吸ってくれ、噛むたびに甘辛い煮汁が口の中に広がる。また、卵が入ることで味わいがマイルドになるとともにツヤのある黄色が食欲をそそる。

とんかつの卵とじを作るのに必要な材料は玉ねぎと卵、三つ葉の3つだ。三つ葉は仕上げにトッピングするものなので必ずしも必要というわけではないが、あると緑色が映えてきれいだ。出汁と酒、みりん、砂糖、しょうゆを混ぜ合わせた調味料で甘辛く仕上げる。最初にスライスした玉ねぎを煮汁でしんなりするまで煮たら適当な幅に切ったとんかつを加える。煮汁を煮立たせたら溶き卵を回し入れてふたをして卵に火を入れる。好みの硬さになったら火を止めてふたを開ける。皿に移して最後に切った三つ葉を散らせばとんかつの卵とじの完成だ。とんかつが1枚まるごと残っていなくても卵で隠すことができるため、中途半端に残ったとんかつのリメイクにはおすすめだ。

2. さっぱりと食べられるとんかつのみぞれ煮

とんかつのみぞれ煮の作り方も基本的には卵とじと一緒だ。しかし、卵の代わりに大根おろしを使うことでさっぱりとした味わいに変身する。揚げ物を食べた翌日にまた揚げ物を食べると思うと気が滅入るかもしれないが、大根おろしを加えてさっぱり味にすれば食べやすくなる。また、卵とじだと玉ねぎが定番だが、みぞれ煮の場合は大根おろしと相性のよいなめこやナスなどいろいろな具材を入れることができる。なめこを入れると少しトロミがつくため煮汁がとんかつに絡んで美味しさが増す。入れる食材によってはリメイクでありながら立派なメイン料理に変身する。

とんかつのみぞれ煮を作るのに必要な材料は大根のみで、ほかは好みで変えてよい。調味料はさっぱりと仕上げたいので、めんつゆを使う。めんつゆだけではもの足りない場合は砂糖やしょうゆを少し加えてもよい。作り方は、まず大根おろしを作る。大根おろしは、水気がある状態だと煮汁が薄まってしまうため、ザルに入れて水気をきっておこう。なめこは水洗いし、ナスは乱切りまたは輪切りに、万能ねぎは小口切りにしておく。めんつゆをフライパンに入れて温めたらナスとなめこを入れる。茄子となめこに火が通ったら大根おろしととんかつを加える。ちなみに大根おろしをここで全部入れても構わないが、半分ほど残しておくと最後にトッピングとして使うことができる。軽くとんかつを煮たら皿に移し、残しておいた大根おろし、万能ねぎをトッピングすれば完成だ。

3. 意外な組み合わせ!とんかつのトマト&チーズ焼き

最後に紹介するのは、トマトとチーズという鉄板の組み合わせを使ってとんかつを洋風にリメイクする方法だ。子どもにも食べやすい料理となり、とんかつの新しい魅力を発見することができる。また、卵とじもみぞれ煮も煮るという調理だったが、洋風リメイクではオーブントースターで焼く。そのため、一見してとんかつのリメイクだとは気づかれない料理となる。

生のトマトを使って調理しようと思うといろいろ味付けが必要となるため手間がかかる。そのため、味付けがされているケチャップやトマトピューレを使うのがおすすめだ。チーズは加熱して溶けるピザ用チーズがおすすめだ。ピーマンやパセリなど緑色の食材を加えると見ためも華やかになるため、冷蔵庫にある場合は一緒に活用しよう。作り方は非常にシンプルで、耐熱容器に適当な幅に切ったとんかつを並べたら、ケチャップまたはトマトピューレをかけ、最後にチーズをトッピングするだけだ。もしピーマンを入れるならばこのときに一緒にトッピングしておこう。そのままオーブントースターに入れてチーズがほどよく溶けるまで加熱する。4~5分が目安だ。

結論

とんかつのリメイクといえば卵を使った卵とじが定番だ。しかし大根おろしと組み合わせてみぞれ煮にしたり、ケチャップとチーズを使ってトマト&チーズ焼きにしたりと材料や調理法を変えることでいろいろなリメイクができる。とんかつをそのまま食べるのもよいが、リメイクをしてとんかつの新しい魅力を発見するのも面白いだろう。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ