このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
プルーンは食べ方いろいろ!砂糖やバターの代わりにもなる?

プルーンは食べ方いろいろ!砂糖やバターの代わりにもなる?

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年8月26日

プルーンは栄養満点の食材として注目されている。その中でもプルーンはさまざまな食べ方ができるのも魅力だ。ドライフルーツだけではなく、ジュースやピューレ状にすることでいろいろな食べ方が楽しめるのだ。今回は、そんなプルーンのさまざまな食べ方について紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. プルーンはいろいろな食べ方がある

プルーンは栄養満点で、さまざまな食べ方ができると人気だ。プルーンといってもそのサイズや種類はさまざまで、ドライフルーツにしたものや生のもの、さらにはペースト状にしたものなど多くの種類が存在する。それぞれのプルーンの形状などを活かしてそのまま食べたり、ヨーグルトやシリアルに混ぜたりといろいろな食べ方が楽しめる。プルーンは栄養面が優れていることから、さまざまな場面での活用も期待されているのだ。たとえば、プルーンは食物繊維も豊富で保存もきくことから、災害時の栄養補給としても注目されている。災害時はどうしても栄養が偏ってしまいがちだが、そこにプルーンを加えることで、食物繊維やカリウムなどのさまざまな栄養素を効率よく摂取でき、災害時の健康維持も含めて注目の食品なのだ。

2. プルーンは食べ方によって形状が変わる

プルーンというと、プルーンの形をそのままにドライフルーツにしたものが一般的だが、水分を加えてピューレ状にしたものや、ペースト状にしたもの、さらにプルーンビッツと呼ばれるペースト状のものを固めたあと、ダイス状に切ってパン作りなどに利用されるものなどがある。さらにはジュースとして楽しめるものや、プルーンの果肉を乾燥させてパウダー状にしたものなど、さまざまな形に加工されたものが多く存在する。プルーンは栄養価が高いので、さまざまな形に変えて食品に使われることも多く、パンやお菓子作り、料理にも活用されている。プルーンは形状を変えることで、さまざまな食品との相性もよく美味しく栄養を摂取できる食品として注目されているのだ。

3. プルーンは砂糖の代わりとしての食べ方もある

プルーンはピューレ状にすることで、バターやマーガリン、さらには砂糖の代わりとして使うこともできる。砂糖などと比べて身体に優しくヘルシーなのも魅力だ。プルーンピューレをバターの代わりとして使用する場合は、バターの使用量の半分をプルーンピューレに置き換えるのがおすすめだ。主にパンやお菓子作りの際のバターの代替品として置き換えて使うのがいいだろう。プルーンピューレを油脂の代わりとして使用することにより、低脂質で食感や風味をよくしてくれる。また、プルーンはピューレ状にすることで、甘みが増すので砂糖の代わりとして使うのもおすすめだ。砂糖の代わりにプルーンピューレを使用する際は、砂糖の分量を減らしてその分をプルーンピューレで補う使い方をするのがおすすめだ。砂糖の代わりとして使用すれば、天然の甘味料としてより自然な甘さを引き出してくれるのだ。

4. プルーンピューレの作り方を紹介

プルーンをピューレ状にしておくことで、バターや砂糖の代わりとしてパン作りやお菓子作りに活用することができる。さらには、1ヶ月ほど保存することもできるので、作っておくととても便利な保存食でもある。使う材料は、種抜きプルーンとぬるま湯のみだ。作り方は、種抜きプルーンと湯をフードプロセッサーに入れてなめらかになるまで撹拌するだけだ。完成したら、煮沸した密閉容器に入れて冷蔵庫で保存する。バターの代わりとして使用すれば、脂質ゼロになるので、体重制限中の人にもおすすめだ。

結論

プルーンはさまざまな食べ方ができる食材として注目されている。その中でもプルーンピューレにすることで、バターや砂糖の代わりとしても活用することができる。プルーンピューレはパン作りやお菓子作りに活用することで、脂質を抑えられてプルーンのもつ甘みや風味をプラスできるのでおすすめの食材だ。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ