このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
山芋の賞味期限はどのくらい?美味しく食べるために正しい保存を!

山芋の賞味期限はどのくらい?美味しく食べるために正しい保存を!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年8月22日

山芋は1本や1//2カットなどのサイズで販売されており、1回で食べきるには多い場合もある。酢の物やとろろごはん、お好み焼きの生地に入れるなど、いろいろな活用法はあるが、使いきれずに残ってしまったときはどうしたらよいのだろうか。ここでは、山芋の下処理を済ませてしまったときの形状別の保存の仕方や、賞味期限の考え方などについて見ていきたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 山芋の賞味期限はどのくらい?

賞味期限とは、その食品を美味しく食べられる期限のことをいう。消費期限は弁当や惣菜など日持ちがしない食品に設定されているが、賞味期限はあくまでも目安である。野菜などの生鮮品は賞味期限がわかるように販売されているわけではない。また、店がそのものを仕入れてからどのくらい経過しているのかというのも知る由がなく、あくまで賞味期限は参考程度にしよう。

山芋の賞味期限は、土の付いた状態で約1ヶ月とされている。しかし、この期間はあくまで目安なので保存環境によっても変わってくる。土を落としたり、切り込みを入れてしまったりした場合は傷みやすくなるので、なるべく早めに食べるように心がけよう。

2. 山芋の基本の保存方法

山芋の保存は、冷暗所で行うのがベストだ。日差しが強く当たる場所や暖かくなる室内では山芋の品質低下が早く進んでしまうこともあるので注意しよう。また、新聞紙やビニール袋、ラップなどに包んで保湿しておくこともポイント。新聞紙は保湿の役割があるので、しっかり包むことで乾燥を防いでくれる。

山芋は土の中で育つので、同じような環境を好むと考えておくと覚えやすい。もし土がついたままの山芋を購入したとき、少しでも日持ちをさせたいのであれば土つきの状態で保存するのが望ましい。

また、スーパーなどでは山芋はカットした状態で販売され、おがくずが付いた状態のものもある。おがくずは湿気や乾燥から山芋を守るために付けられており、大量のおがくずに埋まった山芋は、2〜3ヶ月も日持ちがするともいわれている。

山芋に付いているのが土でもおがくずでも、山芋の保存性を高めてくれる役割をしているのには違いない。購入後すぐに食べないのであれば、買ってきたときの状態で保存しておくとよいだろう。

3. すりおろした山芋は冷凍も可能。山芋を使いきるためには?

料理に使って余ってしまった山芋は、表面に空気が触れると乾燥や変色の原因になる。切り口には必ずラップをして、包んでから冷蔵庫で保存するのがおすすめだ。カットした山芋の場合、賞味期限の目安は1週間程度である。そのなかでも風味や品質は低下しているので、なるべく早めに消費するのが望ましい。ここでは、賞味期限がきれる前に手軽に作れる山芋料理のレシピを紹介する。

山芋のポン酢和え

山芋を千切りにして、ポン酢で和えたもの。刻み海苔を飾って混ぜて食べるのがおすすめだ。山芋は加熱しなくても食べられるので、あと一品足りないときにサッと作れて便利である。

山芋ステーキ

山芋を輪切りにして、フライパンで油と一緒に焼いた料理。バターやごま油など、使う油の種類を変えるだけでも味に変化を付けられる。めんつゆや醤油を垂らして焼いたり、チーズを溶かしてまとわせたりなど、アレンジもしやすい料理だ。

とろろ汁

いつもの味噌汁にすりおろした山芋を加えるだけ。鍋に直接山芋をすりおろして入れるので、洗い物も少なく片付けも楽である。とろりとした食感の味噌汁は、身体を芯から温めてくれるので、寒い冬にはとくにおすすめである。

マグロの山かけ

刺身用のマグロにすりおろした山芋をかけたもので、醤油をかけていただく。さっぱりとあっさりとした味わいで、食欲が低下気味のときでも食べやすい。

とろろごはんや味噌汁にしようと山芋をすりおろしたが、多く作りすぎて余ったときには、小分けにして冷凍するとよい。すりおろした山芋を冷凍しておくと、マグロの刺身にかけたり、お好み焼きを作るときに加えられたりと便利である。

結論

生の状態の山芋を正しい方法で保存した場合、賞味期限は1ヶ月程度である。切ったものの賞味期限は1週間と短いので、冷凍可能なすりおろしの状態で保存しておくのがおすすめだ。山芋は常備野菜として便利である一方、乾燥などにデリケートな面もある。土の中と同じ状態が理想と考え、賞味期限と保存状態の管理は徹底しておきたいところである。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ