このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ドリアをオーブンから取り出す目安とは?焼き加減が成功のポイント!

ドリアをオーブンから取り出す目安とは?焼き加減が成功のポイント!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年8月31日

ごはんにホワイトソースとチーズが絶妙に絡み合ったドリアは、世代を問わず人気がある料理だ。ドリアを上手に焼きあげるコツは、オーブンから取り出すタイミングである。ここでは、ドリアを作るポイントやドリアに適した器を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ドリアとはどんな料理?

ドリアとは、ごはんのうえにホワイトソースをかけ、チーズをトッピングし、オーブンで焼きあげる料理のことだ。一見、ヨーロッパ発の料理に見えるが、じつは横浜の老舗ホテルの初代料理長が考案した日本発祥の創作料理である。

ドリアのルーツとは?

横浜の老舗ホテルの料理長サリー・ワイル氏が考案したドリアは、ピラフにエビのクリーム煮をかけ、ベシャメルソース(ホワイトソース)とチーズをふりかけ、オーブンで焼きあげたものだ。私たちになじみ深いドリアは、日本人向けにアレンジされたものだといえるだろう。

ドリアの由来は?

「ドリア」という名前は、イタリアの貴族アンドレア・ドーリア提督から名付けられたとされている。サリー・ワイル氏が「ドリア」と名付けたといわれているが、その理由は明らかにされていない。一説によると、ドーリア家のために作られた料理の中に「ドリア」という名前の料理が含まれていたそうだ。

2. ドリアをオーブンで焼く方法

ドリアの定番といえばホワイトソース。しかし、ドリアは具材やソースを変えて、さまざまなバリエーションが楽しめる料理でもある。たとえば、かけるソースをミートソースやカレーソースにしたり、具材をシーフードメインやチキンメインにしたりで、違った味わいを楽しめる。

ドリアを作るコツとは?

ドリアの共通する作り方は、温かいごはんに具材やソースを混ぜて、その上に追加でソースをかけ、チーズをトッピングし、オーブンで焼くということだ。
ドリアは、250℃ほどに予熱したオーブンで、10分程度焼くとよい。目安として、トッピングしたチーズに美味しそうな焼き色がついたころに取り出すのが望ましい。ただし、使用するオーブンによって、焼き時間や温度に違いがあるので注意が必要だ。オーブントースターを使ってドリアを作る場合も、チーズに焼き色がつくまで焼くとよい。

3. ドリアに適した器とは?

ドリアを作る際には、皿選びも重要だ。オーブンなどを使って高温で焼きあげるため、耐熱のものがよいだろう。ドリアを入れるのに適した器を紹介する。

グラタン皿を使う

ドリアを入れる容器として、グラタン皿を選べば間違いないだろう。グラタンを作る工程もドリアと似ているからだ。ただし、中にはオーブン調理に対応していないグラタン皿もあるため、念のため確認することをおすすめする。オーブンに対応していないものを何度も使うと、破損するおそれがあるので注意が必要だ。
オーブン調理に対応したグラタン皿は、グラタン、ドリア以外にもさまざまな料理に利用できる。フッ素加工がされたグラタン皿は、後片付けが楽にできるのでおすすめだ。ほかにも耐熱ガラス製のものなど、料理を引き立ててくれるものを探してみてはどうだろうか。

アルミホイルで代用

家にグラタン皿がない場合は、アルミホイルで代用することも可能だ。アルミホイルは耐熱温度が高いため、オーブンでも使用できる。深めの皿にアルミホイルを敷き、型をとって器を作るとよい。あとは、具材を入れてオーブンで焼けばできあがりだ。強度をあげたいときはアルミホイルを重ねて使うといいだろう。
アルミホイルで代用する方法は、食べたあとはそのまま捨てられることがポイントだ。グラタン皿がないときは、ぜひ試してもらいたい。

結論

オーブンで焼きあげたドリアは格別なものである。アツアツのドリアは、とくに寒い時期に食べたくなる料理だ。自宅にオーブンがなければ、オーブントースターで代用してみてもよいだろう。また、ドリアに適したオシャレな器を使えば、ドリアをより美味そうに見せられる。ぜひ、ドリアを作る際には器にもこだわってほしい。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ