このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
素麺にごま油は合う?中華風から油そば風まで絶品レシピを紹介

素麺にごま油は合う?中華風から油そば風まで絶品レシピを紹介

投稿者:ライター 諸田結(もろたゆい)

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2020年8月28日

夏になると食べたくなる素麺。しかし、毎回めんつゆで食べているとどうしても飽きてしまう。今回は素麺と相性のよいごま油を使ったさまざまなめんつゆアレンジや、絶品素麺レシピを紹介したい。素麺に飽きてしまったときにおすすめのアレンジも紹介するので、ぜひチェックしてみてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 素麺+ごま油が美味しい

素麺はシンプルにめんつゆで食べる人も多いが、ごま油をちょっとプラスするだけで味がガラッと変わる。ごま油は香りがとてもよいため、素朴な素麺のよいアクセントになってくれるのだ。適量の水で割っためんつゆに、小さじ1程度のごま油を加えて食べてみよう。素麺をすすった瞬間に、ふわっとごま油の香りが漂う。香りの強いごま油はたっぷり入れてしまうとクセが強くなりすぎるだけでなく、脂質の摂りすぎにもつながってしまうので注意しよう。ごま油にはいろいろな種類があるが、素麺に入れるなら一般的な茶色いごま油がおすすめ。太白ごま油などは香りがほとんどないため、香りづけには適さないだろう。

2. 素麺&ごま油にちょい足し!

めんつゆにごま油を入れると美味しいのはもちろん、ほかの食材もプラスすればより美味しく食べられる。たとえば素麺の薬味として人気のネギやミョウガ、ショウガやごまなどは相性バツグン。ほかにも相性のよい食材をいくつか紹介しよう。

オクラ

ねばねばが美味しいおくらはごま油と一緒にめんつゆに入れると、つゆにとろみが出て素麺に絡みやすくなる。同じねばねば系の食べ物なら納豆や長芋、めかぶやなめこなどもおすすめだ。

生卵

意外なのが生卵。釜揚げうどんなどに生卵を絡めて食べる釜玉うどんは人気だが、素麺のつゆに生卵を入れる人は少ないだろう。ごま油と生卵を入れためんつゆはこってり濃厚で、食べごたえのある味わい。卵白の食感が苦手な人は、卵黄のみを入れるのもおすすめだ。

3. ごま油を使った中華風素麺

素麺といえば醤油ベースのめんつゆが定番だが、じつは鶏ガラスープの素を使った塩系の素麺も美味しい。水に鶏ガラスープの素を溶かし、ニンニクやごま油を加えて仕上げよう。ごま油の香りが食欲をそそり、塩味のつゆはいつもと違った美味しさが楽しめる。茹でた豚肉やスライスしたきゅうりを添えれば、よりさっぱりとした味わいの素麺になるだろう。トマトや揚げなすをプラスするのもおすすめ。ベースのつゆさえ作っておけば、いろいろなアレンジが楽しめるのも嬉しいポイント。トッピングを変えたり、薬味をプラスしたりして楽しんでみよう。

4. ごま油がクセになる!油そば風素麺

ごま油をめんつゆに入れるだけでなく、素麺自体に絡めて食べるのもおすすめ。ごま油やめんつゆ、ニンニクやコチュジャンで作ったタレを絡めれば油そば風の素麺が作れる。めんつゆで食べるそうめんはあっさりとした味わいが魅力的だが、油そば風にすることでこってりとした味わいに変化する。一般的な素麺とは違った美味しさが楽しめるので、ぜひ試してみてほしい。好みで炒めたひき肉や野菜、ナムルなどをプラスすればビビンバ風の素麺も作れる。野菜を入れると、シャキシャキとした食感もプラスされて食べごたえもアップするのでおすすすめ。ほうれん草やにんじんなど、好みの野菜を加えてみよう。

結論

素麺はシンプルに食べてももちろん美味しいが、ごま油をプラスするといろいろなアレンジが楽しめる。めんつゆにごま油と薬味を入れて楽しむだけでなく、油そばとして食べても美味しい。素朴な素麺は入れる薬味やトッピングを変えれば、アレンジは無限大だ。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ