このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
納豆パスタの献立は何にする?おすすめの組み合わせを紹介!

納豆パスタの献立は何にする?おすすめの組み合わせを紹介!

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年9月 9日

納豆パスタをメインにした際に、気になるのが合わせる献立だ。納豆パスタの場合、和風テイストのパスタになることが多いので、和風の味にも合いやすい献立を考える必要がある。そんなときにぜひ作ってもらいたいおすすめ献立について紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 納豆パスタに合う献立を考えてみよう

納豆パスタを作った際、どのような味付けのスープや副菜を合わせようか迷ってしまうことも多い。実際に納豆パスタの場合、和風な味付けの場合が多いが和風の献立にすると相性が悪い場合がある。今回は、そんな意外と難しい納豆パスタに合わせたい献立について紹介していく。納豆パスタは、良質のたんぱく質を含む納豆を使っているので、あとは野菜などを豊富に使ったバランスのよい献立がいいだろう。野菜を豊富に使ったスープや炒め物、サラダなどをプラスすれば、より栄養バランスのとれた献立が完成するだろう。

2. 納豆パスタに合わせたいスープ献立を紹介

納豆パスタに合わせたい手軽な献立がスープだ。スープの場合も納豆パスタがネバネバして濃厚な味わいの場合が多いので、さっぱりとした味わいの野菜コンソメスープなどを合わせるのがおすすめだ。コンソメスープの場合は、野菜を豊富に使うので栄養バランスを整えやすいのも魅力だ。さらにコンソメスープは温かく味わうだけではなく、冷製のコンソメスープにしてみるのもいいだろう。冷製コンソメスープの場合は、暑い夏など食欲がないときでも味わいやすいのが魅力だ。冷製コンソメスープを納豆パスタに合わせる場合は、冷製コンソメスープに使う材料をトマトやズッキーニなどシンプルかつあっさりとした味わいの野菜を使って作るのがおすすめだ。

3. ボリューム満点!納豆パスタに合わせたい献立

納豆パスタにボリュームのある献立を合わせるのなら、炒め物や鶏のから揚げなどを合わせるのもおすすめだ。大人も子どももよろこぶ鶏のから揚げを添えれば、みんなが大満足な献立になること間違いなしだろう。また、おすすめの炒め物は、トマトとツナのじゃがいも炒めだ。じゃがいもとツナ、トマトをしょう油で炒めた料理で、ツナの旨みが加わるので、シンプルながら食べごたえのある味わいだ。さらにトマトを加えているので、さっぱりとした炒め物で納豆パスタにもピッタリのおかずになる。

4. ちょっと一品!簡単納豆パスタに合わせたい献立

忙しいときも納豆パスタだけでは少々もの足りないときもある。そんなときに簡単に作れる献立はちくわ、ハム、チーズ、きゅうりのくるくる巻きだ。弁当のおかずやつまみにもぴったりな献立で、半分に切ったちくわにきゅうり、ハムやスライスチーズをのせてくるくると巻き、ピックで留めて完成の簡単料理だ。火も使わずに作れるので、忙しい日のもう一品にピッタリだ。

■納豆パスタに合わせたい簡単サラダ

パスタといえば、やはりサラダを献立に加えたい人も多いだろう。納豆パスタの場合は、少々和風テイストなサラダを添えるのがおすすめだ。作り方は、ごま油でベーコンを炒め、食べやすい大きさにカットしたレタスとトマトを加えて、しんなりするまで炒める。最後にしょう油で味を調えれば完成だ。しんなりした新感覚のレタスサラダだ。

ほかにもアボカドともずくをポン酢で和えたものなど、いつもとはひと味違った手軽で和風テイストの残る副菜を献立に取り入れてみるのがおすすめだ。

結論

納豆パスタに合わせる献立に困ったら、まず野菜を豊富に使ったコンソメスープや和風テイストのサラダなどを組み合わせてみるのがおすすめだ。ほかにもボリュームがほしい場合は、鶏のから揚げや炒め物など食べごたえのあるメニューを組み合わせるのもいいだろう。納豆パスタは簡単に作ることができるので、献立に迷った際の救世主として使ってみるのもおすすめだ。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ