このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
山芋の短冊のアレンジを紹介!おつまみからおかずまで活躍!

山芋の短冊のアレンジを紹介!おつまみからおかずまで活躍!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年9月 8日

山芋は短冊にすることで、シャキシャキとした食感が楽しめ、和え物などにピッタリの食材になる。短冊切りした山芋は、つまみとしても人気で手軽にアレンジできるのも魅力だ。今回は山芋の短冊を使った、手軽な和え物からアレンジ料理まで見てみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 山芋は短冊にするとどんな食感!?

山芋は、調理法によってさまざまな食感が楽しめる食材だ。山芋は切ることで、シャキシャキとした食感が楽しめ、すりおろすことで粘り気のあるトロトロ食感が楽しめる。そして短冊に切ることで、山芋のシャキシャキ感がより際立ち、サラダ感覚で味わえるさまざまな食べ方が楽しめる。山芋の短冊は居酒屋などの突き出しとしても人気のメニューで、簡単に作れるつまみとしても人気だ。今回は、山芋の短冊を使ったさまざまな料理について紹介していこう。

2. 和えるだけ!山芋の短冊料理

山芋短冊の突き出し

山芋の短冊の一番シンプルな食べ方が、短冊した山芋にかつお節としょう油かポン酢をかけて食べる方法だ。一見シンプルに見える料理だが、その美味しさはクセになると評判だ。酒との相性もよく、突き出しとしても人気があり好みでワサビを添えるのもいいだろう。山芋の短冊のシャキシャキ感をしっかり楽しめる食べ方だ。

山芋短冊の赤しそ和え

山芋の短冊ときゅうりの千切りを合わせて、市販の乾燥赤しそで和えるだけで簡単な和え物が完成する。山芋ときゅうりのシャキシャキ感を赤しそがよりさっぱりとした味わいにしてくれる。作り方は短冊切りした山芋ときゅうりの千切りをボウルに入れて乾燥赤しそを混ぜ合わせ、塩で味を調えたら完成だ。赤しそを混ぜて長時間置くと山芋から水分が出てきてしまうので、早めに食べきるのが美味しい食べ方だ。

山芋短冊さっぱり香味和え

山芋の短冊はさまざまな具材と組み合わせて和え物にしやすい。山芋と同じくネバネバ食感が特徴のオクラとコリコリとした食感のたくあんを合わせることで、食感が楽しい和え物が完成する。作り方は、山芋を短冊切りに、オクラはサッと茹でて乱切りにしておく。ボウルに山芋の短冊とオクラ、千切りしたたくあん、梅肉、すりごま、しょう油、ごま油を混ぜ合わせ器に盛り付けたら完成だ。

3. 山芋短冊を使ったアレンジ料理

揚げ山芋短冊の明太子和え

山芋の短冊はそのままでも美味しいが、素揚げすることで、ホクホクとした食感と旨みが増してより美味しいつまみになる。作り方は山芋を短冊切りにしてフライパンに油を入れて素揚げする。ボウルに素揚げした山芋と明太子を入れて混ぜ合わせ、皿に盛り付け小ねぎと刻みのりをトッピングしたら完成だ。

山芋の豚肉大葉巻き

短冊切りした山芋は豚肉で巻いて焼いても美味しい。作り方は、豚肉の上に大葉を置き、短冊切りした山芋をのせて巻いていき、形を整える。そこに小麦粉をまぶし、油をひいたフライパンで蒸し焼きにし、火が通ったら、酒としょう油、みりん、酢を加えてよく味を絡める。タレがトロっとしてきたら完成だ。豚肉のジューシーさと山芋短冊のシャキシャキ感がアクセントになったボリュームある料理になる。

山芋短冊の海苔巻き

意外なアイデア料理なのが、短冊切りした山芋を海苔で巻いた海苔巻きだ。作り方はとてもシンプルで、短冊切りした山芋を海苔で巻き、好みでワサビや梅肉、生姜などをつけて食べるのだ。さっぱりして山芋のシャキシャキ感が楽しめるヘルシーな海苔巻きだ。手で食べられるので、つまみにするのもおすすめだ。

結論

山芋は短冊切りにすることで、シャキシャキと食感がよくなるため、シンプルに和え物にするのがおすすめだ。和え物にすることで、突き出しやつまみとしても重宝する。さらに山芋短冊は揚げたり、焼いたりすることで食感も変わり、さまざまなアレンジ料理としても楽しめるのだ。山芋を食べる際は、ぜひ短冊切りにして手軽に一品作ってみてはいかがだろうか。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ