このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ドリアとミートソースは相性バツグン!意外にもヘルシーな料理だった!

ドリアとミートソースは相性バツグン!意外にもヘルシーな料理だった!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年9月 7日

アツアツのドリアは子どもから大人まで世代を問わず人気のあるメニュー。ホワイトソースが定番のドリアだが、ミートソースを使ったドリアも人気である。ミートソースドリアは、ミートソースを作りすぎたときのアレンジメニューとしてもおすすめだ。今回は、ミートソースドリアの魅力について伝えよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ドリアにミートソースを使ってもよい?

ドリアといえば、ホワイトソース(ベシャメルソース)を使うのが一般的だろう。ドリアとは、ごはんに具材やソースなどをのせて、オーブンで焼いて作る料理だ。また、ドリアにかけるソースはホワイトソースだけではなく、さまざまなアレンジが可能な料理でもある。

ミートソースドリアとは?

ホワイトソースの代わりに、ミートソースを使えば「ミートソースドリア」が完成する。ミートソースとホワイトソース両方を使えば「ミラノ風ドリア」になるそうだ。定番のドリアに並んでミートソースドリアも、人気がある料理といえるだろう。たとえば、某有名ファミリーレストランの人気看板メニューにもミートソースドリアは存在する。ミートソースドリアは、子どもから大人まで世代を問わず人気がある料理だ。

ほかにもある!アレンジドリア

ドリアにはさまざまなバリエーションが存在する。たとえば、カレーソースを使えば「カレードリア」、鶏肉をメインに使えば「チキンドリア」、シーフードをメインに使えば「シーフードドリア」など。定番のドリアに飽きたら、ソースや具材を変えてみるのもよいだろう。

2. 余ったミートソースでドリアを作る

ミートソースをついつい作りすぎて余らせてしまったことはないだろうか?作りすぎたミートソースのアレンジメニューとして、ミートソースドリアはおすすめである。余ったミートソースを使う方法は、一からミートソースを作る手間が省けるので、時短にもつながるだろう。

ミートソースドリアの作り方

余ったミートソースとホワイトソースパウダーを使えば、時間のかかるドリアも30分ほどで完成する。耐熱皿の内側にオリーブオイルを塗り、温かいごはん、ミートソース、好みの具材、パルメザンチーズなどを混ぜ合わせて入れる。その上に、ホワイトソース、ミートソース、チーズを順にのせる。210℃のオーブンで10分ほど焼いたら完成だ。チーズがしっかり溶けていることを確認して、取り出そう。

3. ミートソースドリアに合う具材とは?

ミートソースドリアにおすすめの具材は、ナスである。旨みたっぷりのひき肉と柔らかなナスの相性はバツグンだ。また、酸味の効いたトマトソースともよく合うのでおすすめである。ほかにもほうれん草を加えて彩りをよくしたり、玉ねぎを加えて甘みをプラスしたりと、野菜たっぷりのミートソースドリアに仕上げてもよいだろう。野菜が苦手な人でも食べやすく仕上がるのが、ミートソースドリアの魅力である。

4. ミートソースドリアのカロリー

ごはんにチーズがたっぷりのったドリアは、カロリーが気になるという人も多いだろう。さらにミートソースはひき肉も使っているので、高カロリーだと思われがちだ。しかし、ミートソースドリアのカロリーは、ごはん100gを使用したもので1人前450kcalほど。500kcal以内におさまる意外にヘルシーな料理といえるのだ。カロリーをもっと抑えたいときは、ごはんの量を減らしたり、ミートソースやチーズの量を減らしたりするとよいだろう。
また、ミートソースドリアは、ごはん、肉、野菜、乳製品とさまざまな食材をバランスよくとれる料理でもある。

結論

ミートソースを使ったドリアは、ドリアの定番アレンジメニューとなりつつある。意外にもヘルシーなので、カロリーが気になる人にもおすすめだ。余ったミートソースの消費に困ったときには、ぜひミートソースドリアを作ってほしい。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ