このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ほうれん草ともやしを一緒に食べよう!メリットは安いだけにあらず!

ほうれん草ともやしを一緒に食べよう!メリットは安いだけにあらず!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:栄養士 佐々木 倫美(ささきともみ)

2020年9月17日

ほうれん草にはさまざまな食材を組み合わせられる。なかでも、もやしはおすすめのひとつだ。ポイントをおさえれば簡単に調理でき、美味しく食べられるのが嬉しい。本記事では、ほうれん草ともやしを組み合わせるメリットや、調理のコツ、おすすめの使い方を説明する。参考になれば幸いだ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ほうれん草ともやしは、栄養や味の面でも相性よし!

ほうれん草ともやしの組み合わせをおすすめできる理由はいくつかある。それぞれ簡単に見ていこう。

栄養を上乗せできる

もやしは節約のため買う野菜というイメージがあるかもしれないが、実際には幅広い栄養が含まれる。マグネシウムや鉄、亜鉛などのミネラルに、ビタミンB群やC、葉酸なども含まれているのだ。もやしの90%以上が水分とはいえ、ほうれん草の栄養にさらに栄養を上乗せできるのは嬉しい。

味や食感の相性がよい

ほうれん草は風味が強く、苦手な人もいるかもしれない。一方、もやしはあっさりした味で、比較的食べやすい。そのため、ほうれん草と組み合わせるとある程度食べやすくなるだろう。あっさりしている分、味付けの選択肢も広がる。また、もやしは歯ごたえがあり、炒めるなど加熱してもある程度は残る。玉ねぎや肉などの歯ごたえのある食材と相性がよい。ほうれん草は加熱すると柔らかくなるが、もやしを合わせれば、ほかの食材との組み合わせの選択肢をより広げられる。

2. ほうれん草ともやしを美味しく食べるには、下処理に要注意

ほうれん草ともやしを組み合わせる際のポイントをいくつか見ていこう。ただ合わせるだけでもよいが、ポイントをおさえればより美味しく食べられるはずだ。

もやしのひげの処理

もやしのひげの食感は、若干癖がある。とくに軽く火を通す程度の調理だと、食感が目立ちやすい。気になる場合は、あらかじめ取っておくのがよい。ただし手間がかかるので、気にしない場合はそのままでもよい。

ほうれん草の下茹で

ほうれん草のアクを取り除くため、下茹でをしたい。ただし、茹で過ぎは食感を損なう。とくにもやしと組み合わせる場合、食感は重視したい。そのため、茹で過ぎないよう普段以上に注意したい。

鮮度に注意

もやしは日持ちしないため、早めに使うのが重要だ。消費期限内であっても、時間が経つほど味や食感が落ちていく。とくにさっと火を通すだけで仕上げたい場合は、極力新鮮なもやしを使うよう心がけよう。

3. ほうれん草ともやしを使った手軽な料理例

先述のポイントをおさえておけば、ほうれん草ともやしの組み合わせを手軽に楽しめる。簡単に作れる美味しい料理の例をいくつか見ていこう。

ナムル

ほうれん草ともやしといえば、ナムルが定番だ。もやしをさっと茹で、ほうれん草などほかの野菜とごま油、調味料と和えればよい。もやしの食感を楽しむにはもってこいの料理だ。にんじんを使えば、栄養をさらに補える。ほかにも具材の選択肢が多いので、試してみたい。

ピビンバ

ナムルを作るなら、ボリュームたっぷりのピビンバにアレンジするのもおすすめだ。厳密なレシピを考えると手間がかかるかもしれないが、ナムルと好みの具材をごはんにのせる、とおおざっぱに考えてもよいだろう。ほうれん草ともやしを献立のメインとして使えるのは魅力的だ。

中華風炒め

ほうれん草ももやしも、炒め物によく合う食材だ。炒めるとかさが減るため、量を食べやすくなるのも嬉しい。たとえば中華風の味付けに仕上げれば、食べごたえのあるメニューになる。調味料などに凝ってもよいが、ごま油で炒めて塩こしょうで味付けするだけでも十分に美味しい。
基本的には、もやしの食感を活かせる料理を考えればよいだろう。ほうれん草の栄養価が高いので、ほかの料理と積極的に合わせたい。

結論

ほうれん草ともやしの組み合わせはおすすめだ。安価なのはもちろん、栄養や味、食感の面でもメリットが多い。鮮度や下処理には少し注意が必要だが、何度か調理していれば慣れる程度の手間だろう。ぜひどんどん作って、普段の料理のレパートリーに加えたい。味付けの選択肢も多いため、飽きずに食べられるのではないだろうか。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ