このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
これは驚き!インドと日本の食事の違いやマナーについて

これは驚き!インドと日本の食事の違いやマナーについて

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年9月 9日

インドといわれ、すぐにカレーを連想する人はたくさんいらっしゃるかもしれない。果たしてインドの人は、本当にカレーばかり食べているのだろうか?あらためて、インドとはいったいどんなところなのか?主な国の特徴や、日本との食事の違いや食事マナーについて、これから詳しく見ていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. インドってどんなところ?

インドは、南アジアに位置し、約13億6,642万人という、中国に次いで世界で2番目に人口の多い国である。2030年頃には、インドの人口は、中国を抜いて第一になるともいわれている。
そんなインドの正式な国名は、インド共和国。5000年もの歴史があり、多様な宗教、文化、言語を有する多民族国家でもある。
国民のおよそ80%がヒンズー教徒で、およそ14%がイスラム教徒だが、このほかにも、キリスト教、仏教、シク教、ジャイナ教をはじめ数多くの宗教が信仰されている。インドが、「神々と信仰の国」と称されているのもうなずける。信仰の自由が尊重されているため、インドには、とくに国教というものが存在しない。
1950年に憲法により、形式上、カースト制度は廃止されたが、差別意識は今でも根強く残っていて、貧富の差が大きい。カースト制度とは、ヒンズー教の教えに基づいて制定された身分制度で、子どもは、親の職業につき、同じ階級の相手と結婚する決まりになっている。
近年、IT産業の普及によって、カーストの下の階級の人々も、富を得るチャンスを得ることができるようになった。なお、インドは世界最先端のIT技術を有する国として知られている。これはインドの政府が、電子情報技術省という役所を作って、IT産業の発展に尽力した賜物といえそうだ。現在、IT技術を持つ若くて優秀な人材が、世界の至るところで活躍している。

2. インドと日本の食事の違い

インドと日本の食事の違いとして、最も大きいのは、インドでは宗教上の理由から食事に関する制約が多いという点になるだろう。インドには、それぞれの宗教によって、食べることが禁止されている食材がある。
例えば、インド人のおよそ80%が信仰しているヒンズー教では、牛はとても聖なる動物とされていて、牛肉を食べることが禁じられている。同じく、インド人のおよそ14%が信仰しているイスラム教では、豚肉が穢れたものとされているため、食べることが禁じられている。
そのような事情から、インドでは、牛肉と豚肉は食材としては極めてマイナーな存在になる。肉類としては、チキンやマトンがメインとして販売されている。
しかし厳格なヒンズー教徒の場合は、肉そのものを食べない人も多く、人口のおよそ3〜4割は、菜食主義でもある。インドでは、たんぱく源としては豆類がよく使用されている。
どの家庭にも、5~8種類の豆が常備されていて、毎食必ず豆を食べている人もいるようだ。
インドの食事といえば、すぐにカレーを連想するかもしれないが、インド人は毎食カレーを食べているか?といえばそうでもない。厳密にいうと、カレーという名の料理も存在しない。ターメリックをはじめ各種スパイスが使われた煮込み料理が、日本がイメージするインドのカレーに該当するようだ。当然、ビーフカレーやポークカレーは、インドには存在しない。
国土が広いため、地方によって食べられている料理も異なり、使用される食材や味付けもかなり大きな違いがあるようだ。

3. インドの食事マナー

インドでは、食事は、基本的に右手だけを使って食べる。これは、ヒンドゥー教やイスラム教では、左手は「不浄の手」とされているためだ。また、インドでは通常トイレットペーパーが設置されておらず、左手をトイレットペーパーの代わりに使用することとも関係があるようだ。
例えば、インドの主食のひとつであるナンをちぎるときも、インドの人々は器用に右手だけを使って食べる。さらに右手でも、指先だけを使い、各指の第二関節以上は汚さないのがマナーでもあるようだ。ただし、外国人の場合は、両手を使って食べても問題ないし、レストランでは、ナイフとフォークを使えるようになっている。
また、人が一度口をつけたものを食べるのも、マナー違反になる。回し飲みや、「ちょっと味見させて」などと人の皿にあるものをとる行為、自分の食べかけを人にあげるなどの行為も、同じくマナー違反になるので気をつけよう。
食事に招かれたときは、日本と同様に、手土産を持参するのがマナーとなっている。手土産として花束を持参するのが一般的のようだ。インドでは街角に必ずといっていいほどフラワースタンドがあり、そこで花束を手軽な価格で入手することができる。

結論

インドがいったいどんなところなのか?日本との食事の違いや、インド特有のマナーについてお伝えしたが、理解していただけただろうか?一度訪れると人生観が変わるといわれるほど、魅力的な国インド。これを機に興味を持っていただければ幸いだ。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ