このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【ほうれん草の白和え】の作り方を紹介!好みの味付けで栄養補給!

【ほうれん草の白和え】の作り方を紹介!好みの味付けで栄養補給!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:栄養士 佐々木 倫美(ささきともみ)

2020年9月28日

白和えは、ほうれん草を使う料理の定番だといえる。ヘルシーな料理のためおすすめだが、作り方をイメージしにくいかもしれない。しかし、実際には簡単に作れるので、積極的に食べていただきたい。本記事では、ほうれん草を使った白和えの作り方や、保存の際の注意点について説明していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 白和えは、ほうれん草や豆腐などの栄養をまとめて摂れる料理!

白和えを食べたことはあるが、どのようにして作るか知らない、という人もいるだろう。白和えとは、おおまかには潰した豆腐と具材を一緒に混ぜて作る料理だ。したがって、豆腐と具材の栄養を摂れる料理だといえる。油は基本的に使わないため、カロリーも低く抑えられるのだ。また、味付けにはいくつか定番があり、家庭ごとの特徴もある。そのため、白和えはヘルシーな料理で、副菜として最適だといえる。普段栄養が偏りがちな人も、白和えを作って食べればある程度は改善できるはずだ。ぜひ積極的に作っていただきたい。

2. ポイントをおさえれば簡単!ほうれん草入り白和えの作り方

白和えの作り方は決して難しくない。ポイントがいくつかあるので、簡単に確認していこう。

豆腐は柔らかいものがおすすめ

豆腐は潰して使うため、柔らかいものを使うと簡単だ。一般的に使われるのは絹ごし豆腐だ。スーパーにまず確実に置いてあり、買うのに苦労はしないはずだ。なお、安く手に入る充填豆腐も問題なく使える。好みに応じて決めよう。

豆腐の水をきる

豆腐を潰す前に、水をきるのがおすすめだ。そのままでも作れなくはないが、水分が多いため、和えると水が出てしまう。柔らかい豆腐はとくに水分が多いため、ある程度抜いておきたい。水きりは豆腐を茹でるのが一般的だが、ほかにも重しで押さえる、レンジで加熱するなどの選択肢もある。ここでは柔らかい豆腐を使うので、重しを使うと崩れやすい。茹でるかレンジでの加熱がよいだろう。

ほうれん草など具材の下ごしらえ

調理は混ぜるだけなので、具材に加熱が必要な場合は下ごしらえの段階で済ませよう。ほうれん草の場合、そのままではアクが強いこともある。下茹でをして、アクを抜いておこう。アク抜きのあとは水分をしっかり絞り、冷ましておけばよい。水分を絞らないと和えてから出てしまうので、忘れずに処理しておこう。ほかにも、にんじんやこんにゃくなど好みの具材を準備したい。

調味料と一緒に和える

豆腐をすり鉢などで潰し、下ごしらえをした具材と和える。その際に調味料も加えよう。砂糖やしょうゆあたりが定番だが、出汁や塩などを入れるのもありだ。また、家庭によっては味噌を加えることもある。食べたことのある人は、味の記憶を思い出しつつ、好みの調味料を加えてみてはどうだろうか。もし初めて食べるなら、まずは定番の調味料を使ってみるのがおすすめだ。

3. ほうれん草入り白和えを保存する際には、少し注意が必要

豆腐のサイズや具材の量によっては、白和えの仕上がりが予想以上に多くなることも十分ありえる。食べきれない場合は保存したい。翌日までに食べるなら、冷蔵保存でもよいだろう。それより長く保存したいなら、冷凍がおすすめだ。ただし、具材によっては冷凍により食感が変わる、水分が抜けるなどのおそれがある。たとえばこんにゃくなどが該当する。よって、冷凍保存を見越すなら、使う具材を選ぶ必要がありそうだ。もっとも、こんにゃくにしても小さく切って使うなら、食感の変化はそれほど気にならず、出る水分も限られるだろう。また、和える前の段階で多くなりそうだとわかれば、豆腐だけを冷凍保存するという手もある。自然解凍してからほかの具材と和えれば、白和えを問題なく作れるはずだ。

結論

白和えは豆腐と具材を和えて作る。ほうれん草を中心とした栄養豊富な具材を使えば、副菜として申し分ない料理になるだろう。作る際には豆腐選びなどのポイントがあるが、決して難しくはないはずだ。材料費も安いため、積極的に作りたい。保存する際には少し注意が必要なので、なるべく一度に食べきる量を作るのがおすすめだ。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ