このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
冷麺はアレンジも可能!アレンジアイデアや麺の代用品を紹介!

冷麺はアレンジも可能!アレンジアイデアや麺の代用品を紹介!

投稿者:ライター 上野圭代(うえのたまよ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年9月23日

冷麺は日本でも韓国でも食べられている人気の麺メニューだ。そのまま食べても美味しくファンが多い冷麺だが、毎回同じ味だとマンネリ化してきてしまう。そこで余った冷麺やタレをアレンジし、リメイクレシピで料理を作ってみてはどうだろうか。冷麺だけではなくいろいろな料理に挑戦できる。また、冷麺の代用としてほかのものを使ったアレンジなども紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ランチにぴったりの冷麺アレンジレシピ

日本で冷麺というと、岩手県盛岡が発祥の地である盛岡冷麺だ。もともと朝鮮半島からの移住者が多く住んでいた盛岡では、朝鮮半島の冷麺がどんどん変化をして日本人好みの味に変わっていった。その盛岡冷麺は鶏ガラ出汁をベースにしたスープが特徴で、あっさりした味が人気である。そんな盛岡冷麺をリメイクし、バリエーションを増やしてみてはいかがだろうか。いつもの食卓を手軽に変身させることができるだろう。

焼き冷麺

冷麺は茹でてそのままスープを食べるのが一般的。しかしここでおすすめしたいのが焼き冷麺だ。通常通り冷麺を茹でたら冷やし、フライパンを用意。油をひいて豚肉などを炒めたら、最後に麺とソースを入れ混ぜよう。味付けには中華スープの粉末やキムチを使うと冷麺風味を楽しむことができるだろう。

豆乳冷麺

盛岡冷麺のスープに、豆乳を入れて食べるのが美味しい。そこにネギや糸唐辛子などを入れよう。通常の冷麺よりクリーミーな味わいがたまらない。好みで鶏ササミを加えると、ボリュームがでる。

肉味噌冷麺

少しひき肉でボリュームを出したいという人にはこちらがおすすめ。みりんや生姜、にんにくなどで味付けをした合いびき肉を茹でた冷麺にのせるだけだ。多めに肉味噌を作っておけば、時間がないときでも短縮できるだろう。

2. 冷麺風のつまみアレンジレシピ

冷麺はそのまま食事メニューとしても美味しいが、つまみ用アレンジをしても酒を楽しむことができる。そのまま麺メニューにすると、夜に食べるには重いという人は少し軽めにして、野菜などを合わせるのがおすすめである。こちらでは冷麺のつまみアレンジをまとめてみよう。

冷麺サラダ

通常冷麺にはチャーシューやもやしなど、ごはんとして食べるボリュームのある食材をチョイスすることが多い。酒のおともにするには少し量が多い。そこでつまみにするには野菜を多めにすることをおすすめする。生野菜だけではなく、季節に合わせた野菜を選ぶのもよいだろう。夏ならナスなどを油で素揚げして上にのせると、サクサクとした食感を楽しめる。

イカソーメンの冷麺風

こちらは冷麺の代わりにイカソーメンを代用した一品。つまみで人気があるイカソーメンにキムチなどで味付けをしよう。ピリリと辛いつまみは酒もすすむので、おすすめである。キムチも千切りにすると食べやすくて嬉しい。

3. 冷麺の代用品で美味しくアレンジ!

冷麺は歯ごたえがあり、噛みきれないほどの食感が魅力である。冷麺自体も美味しいのだが、すぐに用意できないときもある。しかし冷麺を食べたいと思ってもストックがない時は、家にある代用品で作ろう。一体どんなものが冷麺の代用品として使えるのかを、アレンジレシピをまとめながらここで紹介していこう。

カップ麺でごまだれ冷麺風

冷麺風のレシピはなんとカップ麺でもできる。麺を茹でてから冷やし、味付けをしたら完成だ。人数が多かったり、余ったインスタントラーメンの行方に悩んだらおすすめである。

素麺でトマトナムルの冷麺風

しやすく食べやすいのがポイント。冷たいスープの中に枝豆とトマトを入れると、見た目にも彩りがキレイな一品に。

しらたきで冷麺風

ほとんど作り方は同じだが、冷麺ではなくしらたきになっているのがポイント。冷麺よりも噛みやすく、子どもに人気があるのが嬉しいところ。

結論

こちらでは冷麺のアレンジレシピをランチタイムにぴったりの内容や、つまみなどにわけて紹介してきた。冷麺はそれだけで食べても満足だが、サラダ感覚のようにしてつまみどにすると酒と一緒に楽しむことも。また、冷麺以外に素麺や冷麦、中華麺などで代用すると、簡単に冷麺風麺料理を味わうことができるのでおすすめだ。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ