このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【なめこおろし】は万能!和食にも洋食にもあわせて料理上手に!

【なめこおろし】は万能!和食にも洋食にもあわせて料理上手に!

投稿者:ライター 上野圭代(うえのたまよ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年9月26日

なめこおろしは、名前通りなめこと大根おろしを組み合わせたものだ。シンプルな一品ではあるが、食べてみるとクセになるほど美味しい。酒のおともにもぴったりのなめこおろし。作り方は簡単そうではあるが、正確には知らないという人も多いだろう。こちらではなめこおろしの作り方や美味しくするコツ、アレンジレシピなどを紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. なめこおろしの作り方

まずは簡単に作れるなめこおろしの作り方を紹介しよう。疲れて帰ってきたとき、つまみを作るのもいやだという日もある。そんなときにも作り方が簡単ななめこおろしは重宝するのだ。ここでまとめていこう。

基本の作り方

なめこおろしを作る場合、なめこを沸騰したお湯にサッと茹でることが大事となる。用意した皮をむいた大根はおろしておこう。そのままだと水分が多いので、水分をきっておく。なめこと和えたらめんつゆをかけて完成だ。

カロリーが低め

なめこおろしのカロリーは低い。大体1人前(約60g)で12kcalほど。しかも豊富な栄養素を壊さない適切な加熱時間が嬉しい。酒を飲みながら小腹がすいてしまったというときでも、カロリーの低さに安心できるだろう。

なめこおろし豆腐

なめこおろしの作り方はいたって簡単。しかしそれだけではもの足りないという人は、なめこおろし豆腐にしてみよう。冷奴好きにもたまらないので、ぜひ試してほしい。

2. なめこおろしおかずレシピ

なめこおろしはそのままでも美味しいし、つまみになる。しかしもうひと工夫すると、白飯によくあうおかずになるので作ってみよう。ここでは食卓にほしい一品を紹介していく。

なめこおろしハンバーグ

子どもも大好きなハンバーグに、なめこおろしをかけるのもあう。和風ハンバーグとなり、口の中のあっさり感が美味しいのだ。おかひじきなどもあうが、大葉など自分の好みで緑色のものを入れると彩りがきれいである。

かぼちゃのなめこおろし和え

かぼちゃなどをそのまま食べるのもよいが、工夫をするだけでいつものおかずが豪華になる。かぼちゃの焼きびたしを作ったら、なめこおろしと和えてみよう。本格的な和食を楽しむことができておすすめだ。好みによってかぼちゃをナスに変えても相性がよいだろう。

オクラとなめこおろし和え

なめこおろしはどんな野菜ともあうが、オクラなどとあわせても美味しい。どちらも粘り気があり食べやすい。ポン酢やめんつゆなど、自分の好みの味を作るとよい。

3. なめこおろしのごはんレシピ

なめこおろしはいろいろな材料とあう。つまみやおかずだけではなく、実はごはんものとも相性がバッチリなのだ。なめこおろし好きにはたまらない、ごはん系アレンジレシピを紹介していこう。

なめこおろしそば

定番なのがなめこおろしそばだ。日本そばになめこおろしをかけて、ツルツルと食べたい。のどごしがよいので夏場や食欲のないときでも食べやすいのが嬉しい。冷たいそばにも温かいそばにも合うので、季節や気分で決められる。また、そばではなくうどんにしても美味しいだろう。

なめこおろしパスタ

そばやうどんになめこおろしがあうのは、和食として何となくわかる。しかし実はパスタとあわせても美味しいから驚きだ。オリーブオイルや鷹の爪などとあわせて、ペペロンチーノにするのがおすすめ。上になめこおろしをかければ、あっさりした味付けになる。好みで醤油などをたらして和風パスタすると、やみつきの美味しさだ。

結論

ここではなめこおろしについて、基本的な作り方の紹介やおかず、ごはんもののアレンジレシピを紹介してきた。なめこおろしは口をサッパリさせてくれるので、脂ものなどとも相性がよい。それだけでつまみにするのが飽きたら、そばやうどんにかけたり、またハンバーグなどにかけておかずとして楽しみたいところだ。しゃぶしゃぶなどの肉にかけてもあうかもしれない。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ