このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
鮭の旬はいつ?産地による違いや美味しい鮭の見分け方も解説!

鮭の旬はいつ?産地による違いや美味しい鮭の見分け方も解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年10月 6日

日本人にはなじみの深い鮭。焼き魚の定番としても人気のある魚だが、詳しい旬や種類を知っている人は少ないだろう。今回は鮭の旬とともに、種類ごとの旬の時期の違いや美味しい鮭の見分け方を紹介する。スーパーなどで鮭を買う際は、ぜひこの記事を参考にして美味しい鮭を選んでみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 鮭の旬はいつ?

鮭の旬は、一般的に秋から冬である。鮭は海にいるイメージもあるが、じつは生まれる場所は川。川で生まれた鮭は海に移動し、長い年月を経て成長するのだ。そのあとに、産卵のために川に戻ってくる。産卵を迎える時期が秋で、その頃に収穫される国産の鮭を「秋鮭」などと呼ぶ。ちなみに、鮭の中には秋以外の旬がある種類もいる。

春が旬の「時不知鮭(ときしらず)」

時不知鮭は春から初夏に海を回遊する鮭のこと。産卵期よりも前に収穫された鮭は、時不知鮭として出荷される。秋鮭と時不知鮭はどちらも日本で多く収穫される「白鮭」と呼ばれる種類の鮭だが、収穫時期によって呼び名が異なるのだ。

輸入の銀鮭や紅鮭

スーパーなどでは1年を通して鮭が売られているが、旬の時期以外の鮭のほとんどは輸入もの。さまざまな国から輸入することで、どの季節でも鮭が食べられるのだ。

2. 産地による鮭の旬の時期

鮭の主な産地は北海道で、国産の鮭のほとんどが水揚げされている。北海道産の鮭の旬は8月下旬頃~12月までとやや長め。北海道は土地が広いため、太平洋側と日本海側では旬の時期が異なるのだ。太平洋側では8月下旬から水揚げされはじめ、11月頃までが旬。日本海側では水揚げされはじめるのが少し遅いが、12月頃までが旬となる。
また、日本海側に面する新潟県でも多くの鮭が水揚げされる。塩引き鮭が有名な新潟県村上市では、11月頃に旬を迎える。産卵のために川へと戻ってきた鮭は脂の乗りがよく、とても美味しいのだ。ほかにも、岩手県や青森県などでも多くの鮭が水揚げされている。岩手県産の鮭の旬は9~1月とやや長く、青森県産の鮭の旬は10~11月頃。北海道産の鮭の旬を見ても分かるように、太平洋側の鮭は年明けごろまで水揚げされている。

3. 旬の鮭の栄養価

旬の鮭は美味しいだけでなく、栄養の面で見ても優秀。鮭に含まれる主な栄養素とともに、旬の鮭がどれだけ優れているか見てみよう。

アスタキサンチン

アスタキサンチンは色素成分の1つだが、抗酸化作用が強いことで知られている。肌を紫外線から守り、健康に保つ効果があるだけでなく、血管の状態を正常に保つ効果やストレスの軽減なども期待できる。

DHA

DHAは「ドコサヘキサエン酸」と呼ばれる脂肪酸で、脳や神経系の機能を正常に保つ働きがある。そのほか、抗炎症作用なども期待できる。旬の鮭は脂が乗っているため、脂肪酸であるDHAも豊富に含まれているのだ。DHAは体内では合成できない必須脂肪酸なので、旬の鮭を食べて積極的に取り入れたい。

EPA

EPAは「エイコサペンタエン酸」の略で、DHAと同じ脂肪酸。旬の鮭に豊富に含まれる栄養成分の1つだ。血液の流れをスムーズにしてくれる効果が期待でき、血中脂肪のバランスを正常に保つのに役立つといわれている。脂肪酸を効率よく摂取したいなら、やはり旬の鮭を選ぶのがおすすめだ。

ビタミン類

鮭にはビタミンAやビタミンB群、ビタミンDなども豊富に含まれている。とくにビタミンDは豊富で、骨や歯の形成を助けてくれる。

4. 旬の美味しい鮭の見分け方

鮭はまるごと購入する機会はあまりないが、まるごと購入するなら皮と目に注目。皮が銀色に輝いていて、ハリツヤのあるものは新鮮で美味しい。また、鮮度が悪くなってくると目が濁るため、あわせてチェックしておこう。スーパーなどでは切り身の購入が一般的だが、いくつかの見分けポイントがある。

腹側か背側か見分ける

鮭の切り身には腹側のものと背側のものがあり、腹側のほうが脂の乗りがよい。皮と身の間が白っぽく、切り身の形が弓状になっているのが腹側。皮と身の間が黒っぽく、切り身の形が半月状になっているのが背側だ。腹側の切り身は内臓のあった部分がへこんだ形をしているため、分かりやすい。

脂の乗りをチェック

白い筋のようなものが多いほうが、脂の乗りがよい。脂の乗った鮭を食べたいときは、肉でいう「霜降り」があるものを選ぼう。

赤色が強いものを選ぶ

鮭の赤色はアスタキサンチンと呼ばれる色素成分だが、鮮度が悪くなってくると赤みが薄れてくる。鮮やかな赤色のものは、美味しい鮭の証なのだ。

結論

鮭は日本人になじみのある魚だが、実際に旬や美味しい鮭の選び方を知らない人も多いだろう。今後、スーパーなどで鮭を購入する際は、ぜひ今回紹介した記事を思い出しながら美味しい鮭を選んでみてほしい。旬の鮭には豊富な栄養も含まれているので、季節に合わせた種類の鮭を食卓に並べてみてはいかがだろうか。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ