このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【大根ステーキ】はヘルシーで美味しい!作り方やアレンジを紹介

【大根ステーキ】はヘルシーで美味しい!作り方やアレンジを紹介

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年10月 1日

ヘルシーなのに食べごたえがあり、肉にも負けないと評判なのが大根ステーキだ。大根ステーキはとにかくいろいろなアレンジができるのも魅力で、使うタレによって味わいの変化も楽しめる。今回は、メインのおかずにもなる美味しい大根ステーキの作り方を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 絶品!照り焼き大根ステーキの作り方

みんなが大好きな照り焼き味は大根ステーキにもよく合う。甘辛い味付けの照り焼きにすることで、大根がごはんや酒がすすむ最高のおかずになるのだ。

下ごしらえ

美味しい大根ステーキを作るには、下ごしらえが重要だ。まず大根を2cmほどの厚さにカットして皮をむいておく。そして鍋で下茹でをしておくのがポイントだ。大根を下茹でする際には、米の研ぎ汁を使うと美味しく仕上がるのでぜひ試してみてもらいたい。

作り方

下茹でした大根の水分をキッチンペーパーなどでふき取り、竹串などを使って大根にいくつか穴をあけておく。この作業を行うことで、短時間でも大根にしっかり味がしみ込む。大根の表面に小麦粉をまぶし、油をひいたフライパンで焼き、合わせておいた照り焼きソースをフライパンに加えて煮詰めたら完成だ。最後に青ねぎをトッピングしたら見た目も美しい大根ステーキのできあがりだ。

2. 市販のタレで簡単大根ステーキの作り方

大根ステーキは、使うタレで味の違いを楽しむことができる。市販のタレを使えば、簡単に絶品の大根ステーキを作ることができるだろう。

焼肉のたれ

どんな食材も美味しくしてくれる万能調味料としても有名な焼肉のたれも大根ステーキによく合う。大根はあっさりとした味なので、パンチのある濃厚な焼肉のたれを使うことで、香ばしく食欲をそそる味わいが楽しめるのだ。

すき焼きのたれ

すき焼きを作った際のすき焼きのたれが少し余っていることはないだろうか。そんなときは、すき焼きのたれを使った大根ステーキを味わってみてもらいたい。甘辛い味付けのすき焼きのたれが大根によくしみ込み、食べごたえのある大根ステーキにしてくれるのだ。仕上げに好みでおろし生姜をトッピングするのもおすすめだ。

ステーキソース

市販のステーキソースは、大根ステーキに使っても美味だ。大根ステーキにステーキソースを使うことで、ジューシーで本物のステーキのような味わいが楽しめる。さらにステーキソースで焼きあげた大根ステーキの風味付けとして辛子を添えて味わってみるのもいいだろう。

3. アレンジいろいろ大根ステーキの作り方

大根ステーキは、いろいろなアレンジを楽しめるのも魅力だ。自宅にある調味料などを加えることで、シンプルな大根ステーキがより味わい深いものになる。

バターをプラス

大根を焼く際に、通常は油を使用するがそこをバターに変えるだけでも風味のよい大根ステーキが完成する。バターの濃厚な味わいが大根にしみわたるので、そこに醤油などを加えてバター醤油で味わうのもおすすめだ。

チーズをプラス

バター風味の大根ステーキにチーズをトッピングしてみるのもおすすめだ。焼いた大根にとろけるチーズをトッピングしてチーズがとろけてきたら完成だ。大根のほどよい歯ごたえとチーズのトロトロ感がたまらない絶品の一皿だ。

ガーリックをプラス

大根ステーキを焼く際に、ガーリックスライスを加えてみるのもいいだろう。ガーリックの香りが食欲をそそるので、より香ばしい仕上がりになるのだ。大根は、シンプルな味なのでパンチの効いた味わいにしたいときはガーリックスライスをプラスするのがおすすめだ。

4. 大根ステーキの作り方はレンジも人気

大根ステーキは下ごしらえとして事前に大根を茹でておくのがポイントだが、電子レンジを活用することで、下ごしらえの時間を短縮することができる。レンジを上手に活用することでより時短で手軽に大根ステーキを楽しめる。

レンジで加熱する際の目安

大根を茹でる代わりに電子レンジで加熱する際は、皮をむき、輪切りにして両面に隠し包丁を入れた大根を耐熱容器に入れてふんわりとラップをかけて加熱する。加熱する時間は大根の厚さやレンジによって異なるが、600Wでおよそ10分弱だ。途中で竹串などを使って火の通り具合を確認してみるといいだろう。

結論

大根ステーキは、大根がシンプルな味わいなのでいろいろなソースを絡めることで自分好みの味わいに変化させることができる。作り方も下ごしらえをしておけば、あとは焼くだけととても簡単なので、あと一品欲しいときやヘルシーなメニューを考えているときに作ってみてもらいたい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ