このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
マグロの照り焼きを作ってみよう!たったひと手間でプロの味に!

マグロの照り焼きを作ってみよう!たったひと手間でプロの味に!

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年10月 5日

まぐろを使ったおすすめの料理がまぐろの照り焼きだ。刺身で食べるイメージが強いまぐろだが、照り焼きにすることで幼児でも食べやすく、食欲をそそるまぐろ料理になるのだ。今回は、そんな肉にも負けない味わいの絶品まぐろの照り焼きについて紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. プロ顔負け!まぐろの照り焼きの作り方

まぐろといえば、やはり生のまま刺身で味わいたい人も多いだろう。しかしその一方でおすすめなのが、まぐろの照り焼きだ。まぐろを甘辛の照り焼きにすることで、和風のステーキのような味わいが楽しめるのだ。まぐろのほどよい脂は肉にも負けない味わいと食べごたえで、自宅にいながらプロ顔負けのまぐろ料理が味わえるのだ。

プロの味にするポイント

まぐろの照り焼きを自宅にいながらプロの味に仕上げるには、ちょっとしたポイントがある。まずは、まぐろの水分をペーパータオルで拭き取っておくことだ。さらにフライパンでまぐろの照り焼きを焼く前に、まぐろに片栗粉をまぶしておくのもポイントだ。適量の片栗粉をまぐろにまぶし、軽くはたいておくことで、照り焼きのタレがまぐろになじみやすくなるからだ。さらに焼き加減を調整するのもおすすめだ。新鮮なまぐろを使用する場合は、中心をレアに焼きあげることで、店のような味を表現できる。ちょっとしたひと手間を加えてからフライパンで焼き、甘辛い照り焼きのタレを絡めることで、プロ顔負けのまぐろの照り焼きが完成するだろう。

2. まぐろの照り焼きをアレンジ

まぐろの照り焼きは、ごはんのおかずや酒のつまみとしてもおすすめだが、アレンジを加えて、いつもとは違う味わい方をしてみるのもいいだろう。

まぐろの照り焼き丼

まぐろの照り焼きは、ごはんにのせて丼にするのもおすすめのアレンジだ。甘辛の照り焼きのタレがごはんによく合い、ボリュームも満点な絶品丼が完成する。まぐろの照り焼き丼は、まぐろの刺身が余ったときなどに、パパっと手軽に作れて子どもにも評判がいいので、ぜひ試してみてもらいたい簡単アレンジ料理だ。

薬味をプラスする

まぐろの照り焼きは、薬味を加えることでアクセントを効かせたアレンジが楽しめる。定番は、まぐろの照り焼きの上に、白髪ねぎやいりごま、七味唐辛子、山椒などをかける方法だ。ほかにもミツバや大葉などをできあがったまぐろの照り焼きに散らして味わうのもおすすめだ。

3. 冷凍まぐろでも美味しい照り焼きができる

まぐろの照り焼きは、冷凍まぐろを使っても美味しく作ることができる。まぐろを安く購入できた際や、余った際など冷凍しておいて後日まぐろを解凍してまぐろの照り焼きを作ってみるのもおすすめだ。

まぐろを下味冷凍しておく

まぐろを冷凍する際に、事前に下味をつけて冷凍しておくと、忙しい日でもすぐにまぐろの照り焼きを作ることができる。まず、冷凍する前のまぐろを食べやすくカットしておき、保存袋に入れて、醤油や砂糖、みりんなどで下味を付け、袋の空気を抜いて冷凍庫に入れておく。あとは、食べたいときに、フライパンで下味を付けた冷凍まぐろを焼くだけだ。時間があるときに下味を付けてから冷凍することで、料理の時短にも繋がる。さらに下味を付けて冷凍しておくことで、まぐろの身がしっとりするので、おすすめの冷凍方法だ。

4. まぐろの照り焼きのカロリーは?

まぐろの照り焼きのカロリーは、1人前で約200kcalほどだ。使う調味料やまぐろの部位などによって多少カロリーは前後するだろう。さらにまぐろの照り焼きをカロリーオフしたい場合は、まぐろをフライパンで焼く際に、食用油を使わずに焼くなどすると、カロリーオフが期待できる。また、フライパンではなく焼き網などで焼くと、余分な脂を落としてカロリーオフでき、より香ばしい風味をプラスしてくれることも期待できるだろう。

結論

まぐろの照り焼きは、作る際にまぐろの水分をふき取ったり、小麦粉をつけてから焼いたりすることでプロ顔負けの本格的な味わいを自宅で楽しむことができる。まぐろは照り焼きにすることで幼児でも食べやすいうえに、事前に下味を付けて冷凍保存もできるので、忙しい日の手軽なレシピやまぐろを使ったアレンジ料理としても大活躍してくれることだろう。ぜひ自宅でいつもとは違ったまぐろ料理を楽しんでみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ