このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
筑前煮の作り方は意外とシンプル?時短やラクラク調理も可能!

筑前煮の作り方は意外とシンプル?時短やラクラク調理も可能!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年10月29日

筑前煮はさまざまな具材が入っているイメージだが、具体的にどのような具材を使ってどう作るのかはわかりにくい。そのため、なかなか手が出ないかもしれない。そこで本記事では、筑前煮の作り方や時短調理のポイントについて説明していく。参考にして、筑前煮作りにチャレンジしていただければ幸いだ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 基本の筑前煮の作り方を覚えよう

まずは、筑前煮の基本的な作り方について見ていこう。

使う食材

筑前煮に使う食材はレシピにより異なるが、ほぼ必須といえるのは鶏肉、こんにゃく、ごぼう、にんじんあたりだ。ほかに、しいたけやれんこんなどを使うこともある。また、彩りを追加するために絹さやを使う場合もある。

調味料

定番の調味料はしょうゆ、みりん、砂糖、塩あたりだ。好みで追加してもよいが、とりあえず以上の調味料を使えば間違いない。

下ごしらえ

各食材をひと口サイズに切る。こんにゃくはスプーンなどを使ってちぎる。そのほうが煮汁がよくしみ込み、美味しくなるためだ。ちぎったあとにさっと下茹でする。ごぼうはアクが強いので、切ってから水にさらしておく。

食材を炒め煮にする

筑前煮の特徴は、食材を炒めてから煮込むことだ。鶏肉やごぼうから炒め始め、ほかの食材も加えていく。炒め終わったら出汁と調味料を加え、煮込んでいく。食材にすでに火が通っているため、煮込み具合を心配する必要はないだろう。煮汁をほとんど飛ばしたら完成だ。

食材を炒め煮にすることで、コクのある味わいに仕上がる。まずは基本の作り方で筑前煮を作ってみてはどうだろうか。

2. 味付けはめんつゆで!筑前煮の作り方

筑前煮の味付けが面倒だという人もいるかもしれない。実は、筑前煮の味付けは市販のめんつゆだけでも十分行えるのだ。

めんつゆで調味料をカバーできる!

筑前煮に通常使う調味料については先述のとおりだ。これらの調味料はめんつゆにひと通り入っている。しかも、めんつゆは味のバランスが調整されており、単体でも美味しい。したがって、めんつゆを筑前煮の味付けに使えば、問題なく味付けできるのだ。

めんつゆの使い方

めんつゆの使い方はシンプルだ。通常調味料を加えるタイミングで、代わりにめんつゆを適量加える、たったこれだけだ。手間を減らしたい人にはうってつけの方法だといえる。

めんつゆの濃度に注意!

めんつゆは便利だが、注意点がある。めんつゆは濃縮されていることが多く、度合いもまちまちだ。使う前に必ずパッケージを見て、何倍の濃縮か確認しよう。そしてレシピと見比べ、使うべき量を間違えないように注意したい。量が少ないならまだよいが、間違って入れ過ぎると味が濃過ぎて食べられなくなってしまう。
この記事もCheck!

3. 簡単!時短!圧力鍋で作る筑前煮の作り方

筑前煮の通常の作り方では、煮汁を飛ばすまでにそれなりに時間がかかる。もっと手早く作りたい人は、圧力鍋を使って筑前煮を作ってみよう。

加圧により短時間で煮込める!

食材を炒めるところまでは、基本の作り方と同じだ。煮込む際にふたを閉めて加圧すれば、5分程度加熱するだけで十分だ。あとは火を止め、しばらく蒸らせば完成だ。加熱時間が短いため、ガス代の節約にもなるのが嬉しい。

食材が柔らかくなりやすい

加圧して煮込むと、食材が柔らかくなりやすい。メリットでもあるのだが、食感を楽しみたい人には物足りないかもしれない。好みに応じて加圧時間を変えるとよいだろう。

また、普段煮込むのに時間がかかる食材、たとえばれんこんを使うのもよい。変わり種として、たとえば大根を入れてみるのもアリだろう。せっかく自作するなら、好みの具材を入れてアレンジしてみるのも面白い。
この記事もCheck!

結論

筑前煮は、鶏肉やごぼう、こんにゃくを中心とした食材を炒め煮にして作るのが特徴だ。基本の作り方も難しくはないが、めんつゆや圧力鍋を利用すればもっと簡単に作ることもできる。さまざまな具材の栄養を摂れるので、健康志向の人にもうってつけの一品だ。ぜひ料理のレパートリーに加えていただきたい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ