このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
今年のハロウィンは何を食べる?本場の食べ物と日本の食べ物を紹介

今年のハロウィンは何を食べる?本場の食べ物と日本の食べ物を紹介

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年10月25日

ハロウィンといえば、かぼちゃ料理を思い浮かべるが本場はどのような食べ物を食べているのだろうか。今回は、本場のハロウィンで親しまれている食べ物から日本で人気のハロウィンの食べ物について紹介しよう。今年のハロウィンはいつもと違った一品を作ってみてはいかがだろうか。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ハロウィンの本場の食べ物とは

ハロウィンとは、秋の収穫を祝ったり、先祖の霊をお迎えしたり悪霊を追い払う祭りという意味がある。もともとは古代ケルト人が起源になったといわれており、先祖の霊とともにやってくる悪霊を驚かして追い払うために、仮装をしたりかぼちゃを置いて悪霊対策をしたのがはじまりといわれている。そんなハロウィンといえば、ハロウィンならではの食べ物があることでも知られている。では、本場ではハロウィンにどのような食べ物を食べる習慣があるのだろうか。

コルカノン

ハロウィンといえば、アメリカを思い出す人も多いが、実はハロウィンの発祥はアイルランドだといわれている。そんなアイルランドではマッシュしたじゃがいもにキャベツやベーコンを合わせてミルクやバターで味を付けたコルカノンという料理が、ハロウィンの定番料理だ。

かぼちゃ料理

本場アメリカのハロウィン料理といえば、日本と同じくかぼちゃを使った料理がある。かぼちゃのスープやかぼちゃのグラタンなど日本でもなじみのメニューが多くある。

マカロニチーズ

アメリカでは、みんな大好きな定番メニューでもあるマカロニチーズはハロウィンでも多くの人に愛されているメニューの1つだ。

2. 簡単に作れるハロウィンの伝統的な食べ物

ハロウィンといえば、やはりかぼちゃ料理は外せない。伝統的なハロウィンの食べ物でもある、かぼちゃのグラタンを紹介しよう。丸のかぼちゃをくり抜いて作ることで、見ためもハロウィンらしい一品になる。

かぼちゃのクリームグラタン

坊ちゃんかぼちゃを用意して、上部を切りスプーンでかぼちゃの中身をくり抜いて中身をみじん切りにしておく。フライパンにオリーブオイルをひき、にんにくを炒めたら、刻んだベーコンと玉ねぎ、かぼちゃを加えて炒める。そこに薄力粉と牛乳を加えてとろみが付くまで煮詰めたら、塩こしょうで味を調え、くり抜いたかぼちゃの中に煮詰めたかぼちゃを入れて、ピザ用チーズをかけオーブンで焼いたら完成だ。食卓にかぼちゃが並ぶだけでも一気にハロウィンの雰囲気を楽しめることだろう。

3. 日本で人気のハロウィンの食べ物

日本で人気のハロウィンの食べ物といえば、かぼちゃのスープやかぼちゃサラダだ。やはりハロウィンといえば、かぼちゃを使った料理が多く、その見ためも大事だ。ハロウィンらしさを演出するために、にんじんをかぼちゃのランタンに見立てたり、スライスチーズなどをおばけの形にカットして料理に飾り付けするだけでもハロウィンらしさを演出できるだろう。また、100均などでハロウィン仕様のピックや飾りなども多く販売されているので、それらを使って飾り付けしてみるのもおすすめだ。

4. ディズニーで人気のハロウィンの食べ物

毎年ディズニーでは、ハロウィン限定の食べ物が販売される。そんなディズニーで人気のハロウィンの食べ物が、肉まんをハロウィン風にアレンジしたぐるぐるミイラまんやうきわまんだ。ミッキーは包帯を巻いてミイラのようになった形をしていたり、うきわの形の肉まんにコウモリがデザインされていたりとハロウィンらしい仕様になっている。

結論

ハロウィンの本場では、どのような食べ物が人気なのか気になっていた人も、アイルランドやアメリカの本場の料理を参考に、自宅でオリジナルのハロウィン料理を楽しんでみるのもおすすめだ。さらに日本で定番のかぼちゃを使ったグラタンやスープなどを作ったり、ハロウィン仕様のトッピングをするだけでも、簡単にハロウィンの食べ物を楽しむことができるので、思い思いのハロウィンを楽しんでみてもらいたい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ