このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ビーフンのカロリーを他の麺類と比較!意外とハイカロリーだった

ビーフンのカロリーを他の麺類と比較!意外とハイカロリーだった

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

鉛筆アイコン 2020年10月22日

休日のブランチメニューにおすすめのビーフン。今回紹介するのはビーフンの気になるカロリーだ。国や地域により名前や太さ、製法が異なるビーフン。ベトナムではフォー、タイではパッタイ、スリランカではヌードルカリーとして親しまれている。日本では焼ビーフンが一般的だが、気になるカロリーはどのくらいなのだろうか。

  

1. ビーフンのカロリーはどのくらい?

ビーフンとは米粉から作られる麺だ。米は主に日本で食されている粘り気が多い「ジャポニカ米」と粘り気が少ない「インディカ米」の2種類に分けられるが、ビーフンには粘り気の少ないインディカ米が使われている。
インディカ米とは北米や南米、東南アジア、インド地方で生産されている品種だ。ビーフンと聞くとヘルシーな麺と思う人もいるかもしれないが、実際のカロリーはどのくらいなのだろう。
一般的なビーフンのカロリーは乾麺100gあたり377kcalだ。ケンミン食品が販売するビーフンのカロリーを調べてみると、「ケンミン焼ビーフン 鶏だし醤油」のカロリーは1袋(一人前)65gあたりで226kcalだ。ビーフンを手軽に楽しむことができる味付きタイプの商品で、これを100gあたりに計算すると348kcalになる。「ケンミン焼ビーフン こく旨塩味」のカロリーは1袋(一人前)70gあたりで217kcalだ。これを100gあたりに計算すると310kcalになる。ただしこく旨塩味には液体ソースのカロリーも含まれているので麺のみのカロリーはもう少し低い数字になる。
「ケンミン焼ビーフン オイスターソース味」のカロリーは1袋(一人前)66.5gあたりで209kcalだ。これを100gあたりに計算すると314kcalになる。ただしオイスターソース味も液体ソースのカロリーが含まれているので麺のみのカロリーはもう少し低い数字になる。ビーフンと一口にいっても、味付けや調理の仕方によってカロリーは異なるのだ。

2. ビーフンとほかの麺類のカロリー比較

先述したようにビーフンのカロリーは乾麺100gあたり377kcalだ。ではビーフンのカロリーを春雨や焼きそばのようなほかの麺と比較すると低いのだろうか、それとも高いのだろうか。

春雨

いずれも乾麺100gあたりのカロリーだが、緑豆春雨は356kcal、かんしょでん粉やばれいしょでん粉を使用して作る普通春雨は350kcalだ。見た目が似たビーフンと春雨だが、カロリーも近いといえるだろう。

干し中華めん

焼きそばに使用する干し中華めんのカロリーは100gあたりで365kcalだ。ビーフンと比べると麺が太いので、ビーフンよりカロリーが高めと思われそうだが、麺のみでは大きな差はない。

そうめん・ひやむぎ

そうめん・ひやむぎの乾麺100gあたりのカロリーは356kcalだ。ビーフンより21kcalカロリーが低い。ビーフンに対して低カロリーなイメージを持っていた人もいるかもしれないが、麺類の中では決してカロリーが低いとはいいきれない。

3. ビーフンの一人前のカロリー

次に調理したビーフン一人前のカロリーを紹介しよう。ケンミン食品の公式サイトに掲載されている焼きビーフンのレシピでは、ビーフン(乾麺50g)を使用し、食材に豚ばら薄切り肉・キャベツ・にんじん・にら・白ねぎを使い、粉末中華調味料・こいくちしょうゆ・塩こしょうで味付けされている。一人前あたりのカロリーは437kcalだ。
さまざまな食品を取り扱う成城石井で惣菜として販売されているエスニック系の「海老とオクラのシンガポール風焼きビーフン」のカロリーは、一人前で409kcalだ。ほかの食品メーカーの公式サイトに掲載されている野菜たっぷりのビーフンは、乾麺のビーフンを50g使用したレシピで、一人前あたりで426kcalである。ほかにも塩味ビーフンやカレー焼きビーフンなど、いろいろなビーフンのカロリーを調べてみたが、平均すると一人前あたり350~450kcalくらいが多いようだ。
ちなみにケンミン食品によると、ビーフンを茹でて使用するとき、ひと手間かけてフライパンで焼き、麺の表面の水分を飛ばすとコシが強くなり、米本来の香りが出て美味しくなるという。また調味料に粉末を使用すると、炒めた香ばしさが損なわれず仕上がるそうだ。

4. ビーフンのカロリーと糖質は減量に向いてる?

先述したように平均すると一食あたりのカロリーが350~450kcalくらいであるビーフン。カロリーも気になるところだが、糖質制限中の人が気になるのが糖質量ではないだろうか。ビーフンに含まれる糖質は乾麺100gあたり80gほどだ。では減量中に食べるなら何に注意すればいいのだろう。
ビーフンを作るとき、ほとんどの人が豚肉や野菜を加えて作っているはずだ。カロリーオフしたいなら豚肉の脂身を除いたり、麺の量を少なめにして野菜をかさ増しして入れたりすべきだろう。あるいはケンミン食品で販売されているビーフンの中にはカロリーが低めのカレー味のビーフンもあるので、選んで購入して調理するとよい。

結論

ビーフンのカロリーについて紹介した。意外とカロリーが高いと感じた人もいるのでは?カロリーが気になるという人は先述したように豚肉の脂身を除いたり麺の量を減らしたり、野菜をかさ増ししたりしてカロリーを抑える方法で味わってみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2020年10月22日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧