このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
わさび菜はおひたしにピッタリ!茹でずに作る方法も紹介!

わさび菜はおひたしにピッタリ!茹でずに作る方法も紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年10月23日

わさび菜を使ったおひたしは、食感とわさび菜ならではのピリッとした辛みがクセになると人気だ。今回はそんなわさび菜を使ったおひたしの作り方を紹介しよう。味付け次第でさまざまな味わいが楽しめ、副菜や箸休めとしてピッタリだ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. みんなに人気のわさび菜のおひたし

わさび菜のおひたしは、めんつゆや白だしなど市販の調味料を使えば、簡単に失敗なく作ることができる。わさび菜をサッと茹でて、和えるだけなので忙しいときの一品にも最適だ。

めんつゆを使ったおひたし

めんつゆを使ったわさび菜のおひたしは、まずわさび菜を塩を入れた熱湯でサッと茹でて、水にさらしてから水気を絞る。そして、食べやすい長さにカットしたらボウルに入れて、水とめんつゆ、かつお節で和えたら完成だ。

白だしを使ったおひたし

白だしを使ったわさび菜のおひたしも、作り方はめんつゆを使ったものと同じだ。サッと茹でたわさび菜を食べやすい大きさにカットしたらボウルに入れ、白だしとすりごまで和えたら完成だ。最後に好みでかつお節をふりかけるといいだろう。

和風だしと醤油を使ったおひたし

和風だしと薄口醤油を合わせて自分好みのおひたしの味を作ってみるのもいいだろう。作り方は、茹でたわさび菜に顆粒和風だしとぬるま湯、薄口醤油、白いりごまを合わせたものを和えるだけだ。調味料を組み合わせることで、自分好みのおひたしの味を再現できるだろう。

2. レンジで簡単なわさび菜のおひたし

わさび菜を使ったおひたしは電子レンジを使って、より手軽に作ることができる。わさび菜はもともと生でも食べられるので、レンジで1分ほど加熱するだけで十分美味しいおひたしを作ることができるのだ。
レンジで加熱する際は、できるだけ短時間にすることで水分も出ず、ちょうどよい歯ごたえの美味しいおひたしを作ることができるだろう。味付けは、通常のおひたしと同じくめんつゆや白だしを使うのがおすすめだ。

3. 冷凍わさび菜でおひたしは作れる?

わさび菜は傷みが早い野菜でもあるので、できるだけ早く食べきるのがおすすめだがどうしても残ってしまった場合は、冷凍保存しておくのもいいだろう。冷凍する際は、できるだけわさび菜の風味を損なわないように注意し、2週間ほどで食べきるのがおすすめだ。

わさび菜の冷凍方法

わさび菜を冷凍する際は、わさび菜を塩を入れた熱湯でサッと茹でて水気をきり、食べやすい大きさにカットしてラップに包み、保存袋に入れて冷凍するといいだろう。食べる分ずつ小分けにしておくことで、使う分ずつ解凍しやすい。

自然解凍でおひたしにも

一度茹でてから冷凍したわさび菜は、そのままスープや鍋に入れたり、自然解凍しておひたしにするのがおすすめだ。冷凍したわさび菜を自然解凍したら、調味料で和えるだけなので、簡単だ。

4. わさび菜のおひたしのカロリー

わさび菜のおひたしのカロリーはどのくらいなのだろうか。一般的なほかの野菜のおひたしと比べてみよう。

わさび菜のおひたしのカロリー

わさび菜のおひたしのカロリーは、100gあたりおよそ20kcalだ。おひたしに使う調味料などによって多少違いは出てくるが、とても低カロリーなのがわかる。さらに菜の花のおひたしは100gあたりおよそ36kcalなので、わさび菜のおひたしのほうが若干ヘルシーなのがわかるだろう。

わさび菜は栄養豊富

わさび菜は、豊富な栄養素をもっていることでも注目されている。わさび菜はビタミンCやビタミンB2、βカロテンなどを豊富に含んでいるので、肌や粘膜を健康に保つ効果などが期待できる。また、わさび菜の特徴でもある辛み成分には、抗酸化作用や抗菌作用などが期待できる。ビタミンCは水溶性なので、おひたしにする際は茹で時間を短時間にするのがいいだろう。カロリーも低く、栄養満点なわさび菜のおひたしを食べて健康な食生活を心がけてみるのもおすすめだ。

結論

わさび菜を使ったおひたしは、わさび菜のもつピリッとした辛みが味にアクセントをあたえ、副菜としてや箸休めとしてだけではなく、酒の肴としてもおすすめだ。味付けもめんつゆや白だしを使えば、簡単に作ることができる。また、レンジを活用すればより短時間で作ることができるので、忙しい日にもピッタリの一品だ。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ