このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ハロウィンにキャンディは欠かせない!?本場のキャンディコーンとは

ハロウィンにキャンディは欠かせない!?本場のキャンディコーンとは

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年10月24日

ハロウィンといえば「Trick or Treat」の言葉とともにお菓子をもらう習慣がある。その中でも欠かせない存在なのがキャンディだ。本場ではキャンディコーンというキャンディがハロウィンの定番となっている。今回は、気になるキャンディコーンについてやハロウィンに楽しみたいキャンディについて紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ハロウィンのキャンディに意味はある?

ハロウィンには子どもたちが仮装をして近所の家を練り歩き、「Trick or Treat(お菓子をくれないといたずらするぞ)」といいながらお菓子をもらうのが定番だ。そんなハロウィンのお菓子の中でも定番なのが、キャンディやクッキーなど袋に入ったお菓子だ。ハロウィンの本場でもあるアメリカでは、お菓子全般のことをキャンディと呼ぶことがある。さらにアメリカでは、ハロウィンのキャンディといえば、キャンディコーンが有名だ。つまり、ハロウィンのキャンディは子どもに配るお菓子のことで、最近では市販のお菓子に折り紙などを使ってラッピングしたりとハロウィンのキャンディの楽しみ方もさまざまになっている。

2. ハロウィンといえばキャンディコーン

ハロウィンの時期にアメリカのスーパーに行くとキャンディコーンというキャンディが目につくだろう。キャンディコーンとは、甘い砂糖菓子のような味が特徴的で古くからアメリカで親しまれているキャンディの一種だ。さらにハロウィンの時期になると、ハロウィンのテーマカラーでもあるオレンジ色のキャンディコーンが店頭に並び、まさにハロウィンのキャンディを代表する存在なのだ。

3. ハロウィンにおすすめのキャンディ

本場のハロウィンキャンディを味わってみたい人は、通販でアメリカの定番でもあるキャンディコーンを注文してみるのもいいだろう。オレンジと白と黄色の鮮やかな色合いが、アメリカらしい本場のハロウィンを楽しめるキャンディだ。ほかにもAmazonや楽天では多くのハロウィン仕様のキャンディが販売されている。パッケージにハロウィンのキャラクターが描かれていたり、かぼちゃのランタンや目玉をかたどったキャンディなども販売している。ハロウィンならではのキャンディは贈り物としても喜ばれることだろう。

4. ハロウィンのキャンディデコレーションの製作方法

ハロウィンの定番お菓子でもあるキャンディでさまざまなデコレーションを制作してみるのもおすすめだ。折り紙や画用紙、100均の材料などを使えば、簡単に手作りできるので子どもと一緒に作ってみてはいかがだろうか。

キャンディバッグの作り方

キャンディバッグとは、キャンディの形をした飾りのことで、インスタなどでも話題になっているデコレーションだ。100均でミニチュアのパーツを購入したら、透明のテーブルクロスをカットして、イージーシーラーを使って接着して筒状にする。あとは、その中にパーツを入れて袋をとじたら完成だ。最後に両端をマスキングテープなどでかわいらしくデコレーションしたら完成だ。まるでキャンディのような見ためでかわいらしいデコレーションが完成するだろう。

壁飾り

自宅を簡単にハロウィン仕様にデコレーションするのなら、折り紙や画用紙をハロウィンのキャラクターやキャンディに切り抜いて貼り付けてみるのがおすすめだ。ハロウィンといえば、お菓子は欠かせない存在でもあり、その中でもキャンディはかわいらしく壁飾りとしてもおすすめだ。

結論

ハロウィンを楽しむうえで、欠かせないのがキャンディだ。ハロウィン限定のキャンディも多く販売されているので、お菓子を配る際などにハロウィンキャンディを加えてみるのもおすすめだ。さらにハロウィンのキャンディは部屋のデコレーションアイテムとしてもぴったりで、100均の材料などを使ってキャンディをモチーフにした飾りを作ってみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ