このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ブロッコリーとマスタードさえあればいろいろな料理が作れる!

ブロッコリーとマスタードさえあればいろいろな料理が作れる!

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年10月29日

ブロッコリーとマスタードは実は、隠れた名コンビである。ブロッコリーとマスタードを組み合わせるだけで、炒め物、和え物、サラダまで楽しめる。マスタードのピリ辛がアクセントとなり、つまみにも最適だ。そんな簡単なのに美味しいブロッコリーとマスタードを使った料理を見てみよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 作り置きにも人気!ブロッコリーのマスタード炒め

茹でたブロッコリーにマスタードを加えて炒めるだけで、一品が完成するので作り置きや酒のつまみなどに人気がある。そんなブロッコリーのマスタードに合わせたいほかの具材についても紹介しよう。

一緒に合わせたい具材

ブロッコリーとマスタードを炒める際に、加えたいおすすめの具材はベーコンやウインナーだ。ベーコンやウインナーを加えることで、ボリュームがでるうえにより風味がよくなる。ほかにもエビを一緒に炒めるのもおすすめだ。ブロッコリーとマスタードは肉や魚介類とも相性がよいので、ほかの具材を加えてボリュームアップさせてみるのもよい。

おすすめの隠し味は?

ブロッコリーとマスタードを炒める際に、おすすめの隠し味はマヨネーズや醤油だ。どちらもマスタードとよく合うので、マヨネーズを加えることでより濃厚な味に、醤油を加えることで香ばしい味わいが楽しめる。さらに炒める際にニンニクを加えて香りづけをしても風味がよくなる。

2. ブロッコリーとマスタードマヨのサラダ

ブロッコリーを使ったサラダといえば、マヨネーズを使ったサラダを思い浮かべる人も多い。さらにそこにマスタードを加えることで、味のアクセントとなり食欲をそそる味わいが楽しめる。そんなブロッコリーを使ったマスタードマヨサラダを紹介しよう。

卵とマスタードマヨサラダ

ブロッコリーのマスタードマヨサラダには、ゆで卵を加えてより濃厚に仕上げてみるのもおすすめだ。作り方は、茹でたブロッコリーにマヨネーズとマスタードを加える際に、潰したゆで卵を加えるだけだ。ゆで卵を加えることで、よりマヨネーズが濃厚になるので、子どもでもブロッコリーを食べやすくなる味わいだ。

ツナとマスタードマヨサラダ

ブロッコリーのマスタードマヨサラダにツナを加えるのもいいだろう。もともとマヨネーズとツナは相性がいいので、サラダとしても人気のある組み合わせだ。そこにツナを加えることで、ボリュームとコクのあるサラダが完成するのだ。弁当のおかずやさまざまな料理の副菜としても活躍してくれることだろう。

3. マヨなし!ブロッコリーのマスタード和え

ブロッコリーとマスタードだけでも美味しく味わうことができる。いままでは、マヨネーズが一緒の食べ方を紹介してきたが、マヨネーズなしのブロッコリーとマスタードの組み合わせを見てみよう。

ブロッコリーのマスタード和えの隠し味

茹でたブロッコリーにマスタードを和えるだけでも美味しいが、そこに隠し味やほかの具材を加えてみるのもおすすめだ。たとえば、隠し味としておろしにんにくやレモン汁を加えてみるのもいいだろう。おろしにんにくの風味がより食欲をそそる味わいにしてくれる。さらにブロッコリーのマスタード和えに角切りにしたチーズを加えてみるのもいいだろう。チーズの濃厚な旨みが加わり、ワインのお供などにもピッタリだ。

ボリュームを出したい時は

ブロッコリーのマスタード和えにボリュームを出したい時は、茹でたじゃがいもやツナを加えてみるのもおすすめだ。ブロッコリーと一緒にじゃがいもを茹でたり加熱すればいいので、簡単に作れるのも魅力だ。

結論

ブロッコリーは鮮やかな緑でホクホクとした食感が魅力だが、そこにマスタードを加えることで、ブロッコリーの風味を引き締めてくれてより旨みを引き出してくれる。そんなブロッコリーとマスタードの組み合わせは、和え物やサラダから炒め物まで幅広く使えるので、もう一品ほしい時にぜひ試してみてもらいたい組み合わせだ。定番のブロッコリーのマスタードマヨサラダも卵やツナを加えてアレンジを楽しんでみるのもおすすめだ。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2020年10月28日

  • 更新日:

    2020年10月29日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ