このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ベーグルはアレンジの幅無限大!食事でもおやつでもおいしく頂こう!

ベーグルはアレンジの幅無限大!食事でもおやつでもおいしく頂こう!

投稿者:ライター 諸田結(もろたゆい)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年11月21日

ベーグルはそのままでも美味しく、手軽に食べられるため人気が高い。しかし、いろいろな具材を挟んで食べればアレンジの幅は無限大だ。今回はベーグルのおすすめアレンジや、挟むと美味しい具材などを紹介しよう。体重管理をしている人向きの生地の作り方なども紹介するので、ぜひ参考にしてみてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ベーグルの食べ方は簡単アレンジが人気!

ベーグルにはいろいろなアレンジがあるが、好きな具材を挟んで食べる方法は手軽でおすすめ。まずは、ベーグルに挟みたい具材を紹介しよう。

卵+ハム

家にあるもので簡単に作れて人気が高いのは、卵とハムの組み合わせ。卵はスクランブルエッグや目玉焼き、厚焼き卵など焼き方もアレンジできる。ハムはベーコンやソーセージなどに変えてもよいだろう。

アボカド+サーモン

噛みごたえのあるベーグルと、トロッとした濃厚な味わいのアボカドは相性バツグン。アボカドと相性のよいサーモンを組み合わせればボリューム満点のオシャレなベーグルになる。

あんこ+バター

あんことバターは、至福のひとときが楽しめる組み合わせ。バターの香りと濃厚な味わいがバターの甘みを引き立て、贅沢なベーグルが味わえるだろう。

バナナ+クリームチーズ

フルーツとクリームチーズの組み合わせは、贅沢なベーグルを食べたいときにおすすめ。とくにバナナは季節を問わず手に入れられるため、使いやすい。メープルシロップやメープルシュガーを組み合わせても美味しい。

2. ベーグルはアイデア次第でアレンジいろいろ

ベーグルはそのままでも美味しいが、もっちりした生地を活かしたアレンジレシピもおすすめ。フレンチトーストやラスクなど、ベーグルの生地を使ったアレンジを見ていこう。

ベーグルのフレンチトースト

フレンチトーストは食パンやフランスパンなどを使って作るのが一般的だが、ベーグルを使っても作れる。スライスしたベーグルを卵や牛乳で作った卵液に数時間漬け、バターをひいたフライパンで焼けば完成。

サクサクのベーグルラスク

薄くスライスしたベーグルに好みの味を付け、オーブンなどでじっくり焼けばサクサクのラスクが作れる。バター+砂糖やバター+ガーリックなど、好きな味で作れるのも嬉しいポイント。

ピザ生地として使う

スライスしたベーグルに具材やチーズをのせて焼けば、食べごたえのあるピザが作れる。ベーグルは中心に穴があいているため、穴から具材やチーズがこぼれないように注意しよう。

3. ベーグルの生地の甘いアレンジも美味しい

ベーグルは食事系はもちろんのこと、おやつやデザートにもなる。生地を甘くアレンジすれば、よりいろいろな味わいが楽しめる。

チョコレート系

ココアやチョコレートを使った甘めの生地を作り、チョコチップを加えると色も香りも楽しめるベーグルが作れる。はちみつなどを加え、甘みを強めにするのもおすすめ。

かぼちゃやさつまいも

加熱して柔らかくしたかぼちゃを加えた生地は、ほんのりとした優しい甘みと黄色が鮮やかなベーグルになる。かぼちゃのほか、さつまいもなどもおすすめ。

小豆入り和風ベーグル

茹で小豆などを加えた生地は和風な仕上がりになる。バターを塗るだけでも贅沢な味わいになるほか、抹茶などを合わせても美味しい。生地に抹茶を加えたり、抹茶チョコや抹茶クリームを合わせたりして楽しもう。

4. ベーグル生地を低カロリーにアレンジするなら

ベーグルは食べごたえがあって美味しいが、やはりカロリーや糖質が気になるもの。ここでは、カロリーを抑えた生地の作り方やアレンジを紹介しよう。

豆腐ベーグル

生地に豆腐を加えたベーグルはカロリーが抑えられるだけでなく、たんぱく質がプラスされ栄養価がアップする。豆腐を電子レンジで少し温めてから生地を作ると、発酵がしやすくなる。豆腐が滑らかになるよう、しっかりこねて作ろう。

おからベーグル

小麦粉の一部をおからに置き換えると、カロリーや糖質を抑えられる。おからのほかに大豆粉やふすま粉なども使えるが、グルテンが少なくなってしまうため小麦グルテンなどを一緒に加えるのがおすすめ。また、おからや大豆粉は水分を吸収しやすいため、生地の水分量を調整しながら作ってみよう。

結論

今回はベーグルのいろいろなアレンジを紹介した。好みの具材を挟んだアレンジはもちろん、生地自体をアレンジすることもできる。また、ベーグルの美味しさを活かしてフレンチトーストやラスクを作ってみるのもよいだろう。ベーグルは意外と簡単に作れるので、ぜひ自宅でオリジナルのアレンジベーグルを作ってみてほしい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ