このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
栄養豊富な卵とブロッコリーを使用したおすすめの料理を紹介!

栄養豊富な卵とブロッコリーを使用したおすすめの料理を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年11月 1日

今回紹介するのはブロッコリーと卵を使用したおすすめの料理だ。栄養豊富で緑黄色野菜を代表する野菜のひとつであるブロッコリー。クセのない味が特徴で、サッパリとした小鉢からコクのある炒め物まで、和・洋・中と幅広く使える。卵も栄養豊富で食生活に欠かせない食材だが、いざブロッコリーと組み合わせた料理にしようと思っても、意外に浮かばないという人もいるのではないだろうか。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. デリ風で人気!ブロッコリーと卵のサラダ

最初にブロッコリーと卵を使用したおすすめのサラダを紹介しよう。

アボカドとブロッコリーのゴロゴロ卵サラダ

ブロッコリーと卵を使用した料理のひとつが、アボカドとブロッコリーのゴロゴロ卵サラダだ。大きめにカットした食材がゴロゴロと入った食べごたえのあるサラダで、彩りがよくパーティーやおもてなし料理にもピッタリだ。好みでチーズをトッピングして食べても美味しい。とくにブロッコリーと卵のサラダはデリ風なので、オシャレで人気を集めているようだ。

ブロッコリーとエビのオイマヨ卵サラダ

オイスターソースとマヨネーズを混ぜたコクのあるオイマヨが、クセになる美味しさのサラダだ。エビの赤い色がアクセントになり、食卓のテーブルを華やかに彩るのにピッタリだろう。美味しく仕上げるコツはオイマヨで和える前に、味がボケないようにブロッコリーの房の水気をしっかりきっておくことだ。

ブロッコリーとツナのマスタードサラダ

ブロッコリーと茹で卵にツナを絡めた彩りのよいサラダ。にんにくを少し加えると味にコクが出て、ごはんとの相性もバッチリなおかずサラダになる。ちなみにブロッコリーに含まれるβ-カロテンは、皮膚や粘膜を正常に保つ働きがある。

2. メインのおかずに!ブロッコリーと卵の炒め物

次にブロッコリーと卵を使用したおすすめの炒め物を紹介しよう。

卵入りウインナーとブロッコリーの中華炒め

オイスター風味に仕上げた一品で、にんにくの香りが食欲をそそり、ごはんはもちろん、アルコールのおともにもピッタリ。歯ごたえを楽しみたいなら、きくらげを加えるのもありだ。ボリュームもあり、朝からガッツリ食べたいときにおすすめ。

ブロッコリーとベーコンのふんわり卵炒め

フライパンひとつで完成する炒め物だ。そのまま食べるのはもちろん、ごはんにのせて丼物にしたり、パンにのせてチーズをトッピングしトーストにしたり、冷めても美味しいので弁当のおかずにもピッタリだ。かさ増ししたいなら、好みでしめじを加えるのもありだ。

ブロッコリーと卵の塩炒め

メインのおかずにピッタリな炒め物のひとつが、ブロッコリーを蒸し焼きにして炒めた、旨みたっぷりのブロッコリーと卵の塩炒めだ。卵は火を入れ過ぎずサッと混ぜて、ふわふわにするのが美味しく仕上げるポイント。ボリュームを増やしたいなら、とろみのあるあんをかけるのもありだ。

3. 簡単一品!ブロッコリーと卵のスープ

最後にブロッコリーと卵を使用したおすすめのスープを紹介しよう。

ブロッコリーとコーンと卵の中華スープ

歯ごたえのあるブロッコリーとほのかな甘みのコーンを卵でふんわり包んだスープだ。食材をカットすれば鍋ひとつで簡単に仕上がるのが嬉しいポイント。調理時間も10分ほどなので、あと一品欲しいときにパパッと作れておすすめだ。

ブロッコリーとベーコンのコンソメスープ

ベーコンの旨みがたっぷり溶け出すスープで、食べごたえのある食材を合わせた一品だ。スープのみで小腹を満たしたいときや、夜食に食べるのにピッタリのおかずスープ。ブロックベーコンで作ると、より食べごたえが増すだろう。

ブロッコリーとたまごのスープ

茹でたじゃがいも・ブロッコリー・玉ねぎをミキサーにかけ、溶き卵を流し入れ、塩こしょうで味を調えた、なめらかなクリームスープだ。見ためが美しく鮮やかな緑色で、おもてなし料理にもおすすめ。好みでオリーブオイルをまわしかけて食べても美味しい。

結論

ブロッコリーと卵を使用したおすすめの料理を紹介したが、サラダやメイン料理、スープと、いろいろな料理で味わえるのが魅力のひとつだ。どちらも栄養のある食材なので、日ごろから栄養不足を実感している人にとくにおすすめしたい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ