このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
オムライスおにぎりの作り方は?お弁当に入れれば大人も子どもも喜ぶ!

オムライスおにぎりの作り方は?お弁当に入れれば大人も子どもも喜ぶ!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年11月 3日

オムライスといえば家や店で食べるイメージが強い。しかし、おにぎりにするとちょっとした空き時間に食べたりお弁当に入れることができる。また、おにぎりというと地味なイメージがあるが、オムライスは赤と黄色で色鮮やかであるため子どものお弁当に入れると一気に華やかになる。ここではオムライスおにぎりの簡単な作り方やアレンジを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 忙しい朝も電子レンジで時短!オムライスおにぎり

オムライスはケチャップライスと薄焼き卵の両方を作らなければならない。そのため、お弁当用のおにぎりとはいえ朝から作るのは大変だと思うかもしれない。しかし、電子レンジを使えば簡単かつ短時間でオムライスを作ることができる。ここでは電子レンジを使ったチキンライスの作り方を紹介する。

短時間で加熱できる食材を選ぶ

ケチャップライスに入れる具材をレンジで加熱するのだが、火が通りにくい食材だとレンジでも時間がかかってしまう。ケチャップライスには鶏肉を入れることが多いが、より火の通りやすいウインナーを使うようにしよう。また、甘みを出すために玉ねぎ、彩りを出すためにミックスベジタブルも用意しておくとよいだろう。ウインナーは1cm幅、玉ねぎはみじん切りにしておくと短い時間でもきちんと火が通る。

混ぜないでレンジに入れるのがポイント

レンジでケチャップライスを作る場合は耐熱容器にごはんと切っておいた具材、ケチャップをすべて入れてしまう。このときに注意してほしいのが混ぜないことだ。とくにケチャップはごはんと均一になるように混ぜたくなるが、チューブから絞り出した状態のままにしておく。ラップをかけて600Wで2~2分半加熱したら取り出し、ここで初めてごはんと具材を混ぜ合わせる。

薄焼き卵を巻く

レンジでケチャップライスを作っている間にフライパンで薄焼き卵を作る。ケチャップライスを握ったら海苔のように薄焼き卵を巻く。薄焼き卵が大きすぎたら包丁で適当な大きさに切るとよい。これでオムライスおにぎりの完成だ。

2. 子どもも喜ぶ!一口オムライスおにぎり

おにぎりが大きすぎるとお弁当に詰めるときにおかずのスペースが小さくなってしまったり、隙間ができてしまったりすることがある。だが、一口サイズのおにぎりであればお弁当に詰める際に隙間なくきっちりと詰めやすくなる。また、小さい子どもでも持ちやすくこぼさずに食べられるというメリットもある。ここでは一口サイズのオムライスおにぎりの作り方を紹介する。

作り方の基本は同じ

一口サイズにするからといって作り方に変わりはない。ただし、具材が大きすぎるとおにぎりの形にしにくいので一口サイズにするときは鶏肉やウインナーなどの具材も小さめに切るとよいだろう。ウインナーや鶏肉の代わりにハムを使うのもおすすめだ。

薄焼き卵を小さく作るのは至難の業

ケチャップライスは小さく握るだけで一口サイズになるため問題ないが、薄焼き卵を一口サイズの大きさにするのは難しい。フライパンで小さく焼くこともできるが、形が歪(いびつ)になってしまったり大きさがバラバラになってしまったりと失敗してしまうことが多い。失敗を防ぐためにも薄焼き卵は普通サイズ(フライパンサイズ)で作るようにしよう。できあがった薄焼き卵をおにぎりの大きさに合わせて4~6等分に切れば一口サイズにすることができる。ケチャップライスに薄焼き卵を巻けば一口サイズのオムライスおにぎりの完成だ。

3. オムライス風?ちょっぴり贅沢なおにぎり

オムライスおにぎりといえば薄焼き卵でケチャップライスを巻くのが一般的だが、少しアレンジするだけでまったく違う見た目のおにぎりにすることができる。たとえば同じ卵でも薄焼き卵にするのではなく炒り卵にしておにぎりにすれば、見た目は違うのに味わいはオムライスという不思議なオムライス風おにぎりができる。ここではオムライス風おにぎりの魅力を紹介する。

オムライス風おにぎりの魅力とは?

オムライス風おにぎりの最大のメリットは薄焼き卵でおにぎりを巻かなくてよい点だ。薄焼き卵は海苔に比べると破れやすく巻くのが難しい。しかし、炒り卵にすれば鶏肉や玉ねぎと一緒にごはんに混ぜ込むだけでよいため失敗が少ない。また、食べている最中に卵が破けてごはんがこぼれるという心配もないため食べやすいというメリットもある。ケチャップライスの中から卵の黄色が覗くため色合いもかわいらしい。

オムライス風おにぎりの作り方

鶏肉や玉ねぎなどの具材は適当な大きさに切って炒めておく。具材を一度取り出し炒り卵を作る。そこにごはんと炒めた具材を入れ炒めながら混ぜ合わせる。ケチャップを加えたら水分が飛ぶまでしっかりと炒める。皿に取り出し、おにぎりにしたら完成だ。ここではフライパンの中で混ぜ合わせたが、ボウルにごはんと炒めた具材、炒り卵を入れてケチャップで味付けしても構わない。

結論

ごはんと具材、ケチャップを耐熱容器に入れ加熱すれば簡単にケチャップライスを作ることができる。薄焼き卵を巻いておにぎりにすればかわいらしいオムライスおにぎりの完成だ。一口サイズにしたい場合は普段の大きさの薄焼き卵をおにぎりの大きさに合わせて切るとよい。ケチャップライスに炒り卵を混ぜたオムライス風おにぎりは食べやすく見た目もかわいらしいので簡単にオムライス味のおにぎりを作りたいときにはおすすめだ。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ