このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
チヂミの献立は何にする?おすすめのスープや副菜を紹介!

チヂミの献立は何にする?おすすめのスープや副菜を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年11月 6日

チヂミを家庭料理で取り入れている読者も多いのではないだろうか。そんなとき、チヂミに合わせる献立はどうしているのだろうか。また、子供がいる家庭は、どんな具材を使ったチヂミにしているのだろうか。今回は、チヂミの献立におすすめの副菜やスープ、子供に人気のチヂミについて紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 子供にも人気のチヂミの献立

チヂミといったら、大人の場合キムチチヂミを思い浮かべる人も多いだろう。しかし、子供がいる家庭では、辛いキムチではなかなか作りにくい。そこで、キムチの代わりにチーズを使ったチーズチヂミはいかがだろうか。チーズのコクと甘さがチヂミと合って美味しいと喜ぶ子供も多いはずだ。また、子供に人気のあるコーンはチーズと相性がよいので、コーン入りチーズチヂミにするのもよいだろう。
チーズチヂミを作った際、ほかの献立との栄養をトータルで考えたら、どんな献立がよいか悩むかもしれない。たとえば、汁物をプラスしてみてはいかがだろうか。わかめなどの海藻類を使ったスープなら、食物繊維やミネラルがとれて栄養価もばっちりな献立になる。もうひとつおすすめの副菜は、サラダやナムルだ。チヂミだけではとれない野菜を、たっぷりとることができる。

2. チヂミの献立におすすめのスープ

チヂミの副菜として、スープはおすすめの献立のひとつだ。チヂミだけではとれない、さまざまな栄養を取り入れることができる。

わかめスープ

わかめスープは簡単に作れるうえに、子供にも好んで食べられるスープのひとつだ。出汁や醤油と乾燥わかめを入れればできるので、チヂミとの献立にも取り入れやすいのではないだろうか。忙しいときは、お湯を注ぐだけで作れる市販のものを使えば手軽に取り入れることができるのでおすすめだ。

チゲスープ

チゲスープはチヂミとも合うスープだ。コチュジャンが入っており、辛いのが好きな人におすすめである。チゲスープの素を購入すれば、あさりや豆腐を入れて煮込むだけで完成する。ニラや水菜などの葉物を入れると、栄養もとれて彩りがよくなるので試してみてほしい。

コンナムルクッ

コンナムルクッは、韓国の家庭でよく作られているスープだ。「コンナムル」は韓国語で豆もやしを意味し、「クッ」はスープを意味する。要するに、豆もやしのスープである。韓国では、基本的に二日酔いの日の朝に、飲み過ぎて疲れた胃や肝臓を助けてくれるということで、よく飲まれているようだ。チヂミとも合うスープで、チヂミと一緒の献立に取り入れている韓国の家庭もあるという。
作り方は簡単で、湯に豆もやしと細切りにしたネギ、すりおろしたニンニクを入れ、塩と、あさりや昆布などで取れた出汁の素を入れて煮込めば完成だ。好みでコチュカル(唐辛子粉)を入れると、辛みが増す。

3. チヂミの献立におすすめ副菜

チヂミの副菜としておすすめなのは、もちろんスープだけではない。ここではスープ以外のチヂミと合う副菜の献立を紹介する。

海苔巻き

キンパ、キムパプなどと呼ばれる韓国風海苔巻きは、子供でも食べやすく喜ばれる献立のひとつだ。まず、海苔全体にゴマ油を塗り、軽く塩をふる。その上にごはんを敷き、スパムやチャーシューなどの肉を置き、きゅうりなどの好みの野菜をのせて巻けば完成だ。最後に食べやすいように切り分けよう。

豚しゃぶサラダ

熱々に焼いたチヂミに、さっと茹でた豚しゃぶのサラダはいかがだろうか。豚肉以外にきのこやいんげん、キャベツも湯がこう。ゴマダレのドレッシングや酢味噌で味付けしたタレと食べたらたまらない。

ナムル

ナムルは韓国語で和え物を意味し、ホウレン草や豆もやし、わらび、青のりやひじきなどを使う。チヂミと合う献立の一品として、豆もやしのナムルがおすすめだ。作り方は簡単で、豆もやしを湯がき、ゴマ油や醤油、すりおろしたニンニクに白ゴマを混ぜれば、できあがり。ここに、韓国ではあさりの出汁や牛肉の出汁などを入れ、味に深みを出す場合もある。

4. チヂミの献立は韓国料理も参考にしよう

チヂミに合う献立には韓国料理も参考にするとよいだろう。おすすめはビビンバだ。チヂミのタレにはゴマ油が使われており、ビビンバにもコチュジャンやゴマ油が使用されているので、確実に味が合うのだ。また、しっかり味の付いたチャプチェも、さっぱりしたタレで食べるチヂミによく合うだろう。
ちなみに、日本ではチヂミをおかずとして食べることが多いが、本場韓国ではマッコリのつまみとされているのを知っているだろうか。酒に合うつまみとして、牡蠣チヂミやキムチチヂミ、海鮮ネギチヂミなどさまざまな種類のチヂミが食べられている。そんなチヂミの献立としては、梅酢に漬けた玉ねぎの漬物やキムチ、ナムル、韓国海苔などが一緒に出されるそうだ。

結論

チヂミは日本の食生活にも浸透してきた韓国料理のひとつである。チヂミに合うスープや副菜についていくつか紹介したが、もちろんチヂミに合う献立はこれに限らない。この記事を参考に、ぜひオリジナルのチヂミの献立を作ってみてほしい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ