このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
献立のメインが【つくね】のときにおすすめな副菜とスープを3選!

献立のメインが【つくね】のときにおすすめな副菜とスープを3選!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年11月13日

今回紹介するのは、どんな献立にも合わせやすい基本のつくねの作り方と、つくねに合わせるバランスのよい献立だ。ピーマンやコーンを入れたりチーズをかけたり、れんこんではさんだり、鍋に入れたり、いろいろな食べ方で楽しめるつくね。しっかり味付けして作れば、冷めても美味しいので弁当のおかずにもおすすめだ。では、どんな副菜やスープがつくねと相性がいいのだろうか。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. どんな献立にも合わせやすい!基本のつくねの作り方

甘辛いタレがよく合い、どんな献立ともバランスのよいつくね。好みでピーマン・大葉・もやし・コーン・えのきなどの食材をはじめ、薬味を混ぜて作っても美味しい。ここでは献立のメインにぴったりの、基本的なつくねの照り焼きの作り方を紹介しよう。用意するのは、鶏ひき肉・玉ねぎ・おろししょうが・リーフレタス・みりん・しょうゆ・酒・砂糖・サラダ油・マヨネーズだ。
まず玉ねぎをみじん切りにし、リーフレタスは冷水にさらしてから水気をきって手でちぎる。次にボウルに鶏ひき肉・玉ねぎ・おろししょうが・マヨネーズを入れてよく練り混ぜ、食べやすい大きさに等分して丸める。フライパンにサラダ油をひいて熱し、丸めたつくねを両面焼く。
火が通ったら一度火からおろして、余分な油をクッキングペーパーで拭き取り、みりん・しょうゆ・酒・砂糖を入れて火にかけ、つくねをフライパンに戻して味を絡める。器につくねを盛り付け、リーフレタスを添えれば献立のメインの完成だ。好みで卵黄を絡めて食べても美味しい。鶏ひき肉と材料を混ぜるときは、粘り気が出るくらいしっかり練り混ぜることが美味しく仕上げるポイントだ。

2. つくねに合わせるバランスのよい献立:副菜3選

献立のメインはもちろん、冷めても美味しく弁当のおかずにもぴったりのつくね。大きめに作り、ごはんの上にどーんとのせて食べるのもありだ。ここではつくねが献立のメインのときにおすすめの副菜を3つ紹介しよう。おすすめの副菜のひとつが、ひじきの煮物だ。野菜・海藻・豆と、つくねに足りない栄養がギュッと詰まった一品で、冷蔵で3日ほど保存できるのも嬉しいポイント。多めに作って作り置きし、常備菜として毎日食べるのもありだろう。
つくねが献立のメインのときに、おすすめの副菜のひとつが鮭と白菜のクリーム煮だ。見ためが地味なつくねに彩りを添えてくれる一品で、白菜・小松菜・長ねぎなど多種類の野菜もたくさん食べることができるので栄養満点だ。好みでしめじをプラスすると、いろいろな食感を楽しめる。
つくねが献立のメインのときに、おすすめの副菜のひとつが、きくらげと切り干し大根のサラダだ。つくねがふわふわとした食感なので、コリコリ噛むことができる食材がてんこ盛りのサラダは副菜としてぴったり。歯ごたえのある食材が、咀しゃくを促し満腹感をあたえてくれるだろう。

3. つくねに合わせるバランスのよい献立:スープ3選

最後につくねが献立のメインのときにおすすめのスープを3種類紹介しよう。つくねがメインの日におすすめのスープのひとつが、卵とトマトのスープだ。つくね作りに30分ほど時間がかかるので、スープは手早く作れるものがおすすめである。簡単なので子どもと一緒に作っても楽しめるだろう。美味しく仕上げるポイントは卵をふわっと仕上げること。
つくねが献立のメインのときに、おすすめのスープのひとつが焼きねぎとほうれん草のみそ汁だ。焼きねぎの甘さが際立つみそ汁で白ごはん、つくねとの相性もバッチリ。ただし白ねぎが生焼けだと辛くなりやすいので、中までしっかり火を通すことが美味しく仕上げるポイントだ。
つくねが献立のメインのときに、おすすめのスープのひとつが野菜たっぷりのスープだ。つくねがやわらかな食感なので、噛みごたえのあるエリンギやしめじのようなきのこ類をたっぷり入れて作るのがおすすめ。にんじんやブロッコリー、コーンを入れて作ると彩りのバランスもよくなるだろう。

結論

甘辛味で食べやすく、子どもから大人まで老若男女を問わず人気のつくね。献立のメインはもちろん、アルコールのおともにもぴったりの一品だ。相性のいいレシピを厳選して紹介したが、どれも手軽につくれるので、ぜひいろいろな組み合わせでつくねを味わってみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ