このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
とろろ昆布入りうどんの作り方を紹介!さまざまな種類と相性よし!

とろろ昆布入りうどんの作り方を紹介!さまざまな種類と相性よし!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年11月26日

とろろ昆布はうどんの具材として使っても美味しい。それ自体美味しいうえ、つゆに旨みが出るのも嬉しい。本記事では、とろろ昆布を使ったさまざまなうどんの作り方を紹介していく。積極的にとろろ昆布を使って、うどんをより美味しく食べていただきたい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 簡単ランチに!とろろ昆布であったかうどん

まずは、とろろ昆布を使ったシンプルな温うどんを作ってみよう。

簡単に作れる!

作り方はシンプルで、うどんを茹で、温かいつゆをかけて具材をのせるだけだ。うどんの種類にもよるが、茹でたあとは水洗いして表面のぬめりを取り、麺を引き締めるとよい。つゆをかけたら、具材としてとろろ昆布をのせれば完成だ。さっと作れるので、時間がないときでも問題なく食べられるはずだ。

つゆは好みで

作り方がシンプルな分、つゆの味が全体の味を大きく変える。こだわるなら、自分でかつおや昆布の出汁を取って使うのがおすすめだ。一方で、市販のめんつゆなどを使っても十分に美味しい。濃縮の濃さに注意して、適切な量の水で薄めよう。いずれのつゆもとろろ昆布と相性がよいので、好きなものをかけるとよい。

ほかの具材も好みで

時間に余裕がある場合は、ほかの具材ものせると美味しい。薄切りかまぼこや青ネギ、あるいは三つ葉、茹でた鶏肉など、好きなものをのせて食べたい。

2. 梅と大葉でさっぱり!とろろ昆布の冷やしうどん

とろろ昆布は、冷やしうどんにもよく合う。薬味や具材もあっさりしたものを選びたい。

基本の作り方は温うどんとほぼ同じ!

冷やしうどんの作り方は、基本的には温うどんとほとんど変わらない。うどんを茹でるところまでは同じで、水で洗ったら、あとは冷たいつゆをかければよい。水洗いした時点でうどんは冷えているはずなので、つゆはある程度冷やしてさえいれば問題なく作れるだろう。温うどんと同様、好きなつゆを使えばよい。冷たさの度合いは好みで調整して構わない。

具材には梅や大葉がおすすめ!

冷やしうどんの具にも選択肢がいろいろあるが、さっぱりとした味にしたいなら梅や大葉がおすすめだ。たとえば梅干しをたたいてのせる、あるいは1粒まるごとのせてもよい。大葉は千切りにしてのせるのがおすすめだ。いずれも、つゆの冷たさやとろろ昆布と相性バツグンのはずだ。ほかにも、あっさりした味の具材を加えてもよい。たとえば大根おろしなどもおすすめだ。

3. 身体ぽかぽか!とろろ昆布と卵のあんかけうどん

温うどんをもっと温かくアレンジして食べたいという場合は、たとえばあんかけうどんを作るのがおすすめだ。とろろ昆布との相性もよい。

片栗粉でとろみを付ける

まずは、うどんを茹でて器に盛っておく。あとはつゆを作るのだが、ここでひと工程を加える。温めたつゆにとろろ昆布と水溶き片栗粉を加え、軽く混ぜてとろみを付ける。あとは溶き卵を流し入れ、ある程度固まったらうどんにかけて完成だ。とろみのあるつゆにはとろろ昆布の旨みが合わさり、ボリュームもたっぷりとある。とくに寒い時期にはおすすめだ。

具材や追加の調味料もおすすめ

あんかけうどんにはほかの具材や調味料を入れるのもよい。たとえば刻んだネギを加えても美味しい。青ネギを刻んでからのせる、あるいは白ネギをつゆで煮込むなどがおすすめだ。ほかに、しょうがをすりおろしてつゆに加えるのも美味しいだろう。七味をかけるのもよい。好みの味付けに仕上げて楽しみたい。

4. ピリっと大人味!ラー油ととろろ昆布のぶっかけうどん

ぶっかけうどんを変わり種の味で楽しみたい場合もあるだろう。たとえばラー油を使ってみてはどうだろうか。とろろ昆布にも意外と合う。

仕上げにラー油をかける

通常のぶっかけうどんを作ってからとろろ昆布をのせ、仕上げにラー油を適量かけるだけでも美味しく食べられる。かけ過ぎ注意ではあるものの、簡単に食べられるのが嬉しい。

食べるラー油を使ってもOK

ぶっかけうどんに、具合のひとつとして食べるラー油をのせるのも美味しい。量の加減がしやすいため、ちょうどよい味付けで食べられるのではないだろうか。食べるラー油にも種類があるため、好みで選べば味を変えられる。

シンプルな具材が合う

ぶっかけうどんにラー油を使う場合は、シンプルな具材がとくによく合う。とろろ昆布はもちろん、白ネギや揚げ玉、海苔など、トッピング感覚で使える具材を加えると美味しい。ただし栄養が偏りがちなので、ほかの料理などを付け合わせるとなおよい。

結論

温うどん、冷やしうどんの両方に、とろろ昆布がよく合う。うどんの応用としてあんかけやラー油を使ったレシピもあるが、いずれも同様にとろろ昆布を使える。手の込んだものでなくても、たとえば素うどんに使う場合も美味しいので、ぜひ積極的にとろろ昆布を食べていただきたい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2020年11月26日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ