このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
今年最も流行ったスイーツは?2020年のスイーツトレンドを総括!

今年最も流行ったスイーツは?2020年のスイーツトレンドを総括!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年12月31日

今回は2020年のスイーツトレンドをオリひとが独断と偏見をもって、ふり返っていこう。いままでとはまるで異なる1年になった2020年。新しい生活様式のなかで奮闘し、映えあるスイーツトレンドに選ばれたアイテムは一体どんなものか。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 2020年のスイーツトレンドを総括

通称新型コロナウイルスの大流行により、これまでにはない困難に見舞われた2020年。リモートワークが増えた、会議はテレカンが基本など、生活様式がガラリと変わったという人も少なくないはず。暮らしに変化が訪れるということは、衣食住はその影響をもろに受けることとなる。食においては、デリバリーや持ち帰り、通販、UberEatsなどが台頭。それと同時に、昨年までのようなタピオカに行列をなすというような光景は影を潜めた感がある。

今年もSNSは有力な発信源

ここ数年のトレンドといえば、食だけに限らず「映える」が大きなキーワード。この要素は、今年も健在だ。家時間が増えたことで、SNSでの情報収集は加速したともいえるかもしれない。

2. 2020年のスイーツトレンド

台湾カステラ

口のなかでしゅわしゅわととろけるような食感が特徴の台湾カステラは、大ブームを巻き起こしたスイーツのひとつ。今後も人気が継続するとみられている。台湾カステラは、自宅で作ることもでき、レシピも多数展開されている。日本のカステラよりも大きな見た目も特徴的で、食べ心地も軽いので、甘いものが苦手な人にもおすすめのスイーツだ。

フルーツサンド

フルーツサンドも進化系が多く誕生した1年といえるだろう。フルーツサンドとは、フルーツと生クリームなどをフィリングにしたサンドイッチのことで、存在自体はそれほど新しいものではない。『千疋屋』や『タカノフルーツパーラー』『果実園リーベル』など、老舗のフルーツ専門店では、定番メニューともいえる。
そんなフルーツサンドが、今年はより美味しく、映える仕様になってトレンドにランクイン。2020年版フルーツサンドの特徴は、上質なフルーツを使っているところ。そして、映える断面、いわゆる萌え断が楽しめるところにある。中目黒の『ダイワ』や代官山の『フルーツボックス』など、専門店が数多く誕生し、人気を博している。ナマモノなのでお取り寄せは難しいが、その特別感もトレンドになったゆえんかもしれない。子どもから大人までみんなが楽しめるところも高ポイントだ。

コンビニスイーツ

今年は家で過ごすことが多く、外出の機会が圧倒的に減ったという人も多いことであろう。そこで再び注目を集めることになったのがコンビニスイーツである。コンビニスイーツといっても近年では、専門店のようなクオリティーを目指したものが多く、侮ることができない存在だ。セブンイレブンがパリの有名パティスリー『ピエールエルメ』とコラボしたのも記憶に新しい。ローソンのバスチーやファミリーマートのスフレ・プリンなど、コンビニ各社から代名詞となるようなスイーツが続々と登場している。手軽に購入できるうえ、きちんと美味しいという基準は、今後も注目されるだろう。

3. 2021年スイーツトレンド予測

焼き芋

優しい甘さで美味しい焼き芋がいま、進化を遂げている。焼き芋専門店なるものも登場しているほどだ。昨今の焼き芋は、まるでスイーツのような甘さが特徴。安納芋、紅天使、シルクスイートなど、ねっとりとした甘みの強いさつまいもがとくに人気だ。食物繊維が豊富な芋類、そして砂糖などの添加がないため、スイーツといっても罪悪感が少ないところが嬉しい。2021年上半期のトレンドスイーツに選ばれることになるか注目したい。

コオロギスイーツ

国連でも推奨されている昆虫食。世界の人口は増加の一途を辿っており、動物性たんぱく質資源の確保が非常に困難な情勢だ。動物性たんぱく質といえば、家畜がその代表。しかし、家畜を育てるためには広大な土地、膨大な水とエネルギーを要するなど、どうしても地球環境の破壊がセットになってしまう。
そこで注目を集めることとなったのが昆虫である。中でもコオロギは、その主戦力。栄養豊富で、クセが少ないので、転用がしやすい。「無印良品」でコオロギせんべいが販売されるなど、手軽に買えるものも増えていくと考えられる。

結論

2020年のトレンドスイーツをふり返ると2019年同様、映えるは大きなキーワードだったといえそうだ。今年の大きな特徴は、手軽に買えるコンビニスイーツがランクインしているところ。また来年も過剰なデコレーションや甘さよりは、優しい甘さやサスティナブルなどのキーワードが目立ってくると予測される。個人的なトレンドスイーツを検証してみるのも面白いかもしれない。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ