このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
白だしを使ってそうめんの漬け汁をアレンジ!温かいそうめんもいける

白だしを使ってそうめんの漬け汁をアレンジ!温かいそうめんもいける

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木 倫美(ささきともみ)

2020年12月 4日

白だしを使えば、簡単に美味しいそうめんを作ることができる。自宅でそうめんを食べる時に、めんつゆがなくても白だしで代用可能だ。白だしを使った漬け汁はいろいろなアレンジもできるので、飽きずにそうめんを楽しみたい人必見だ。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 白だしで作る基本のそうめん漬け汁

自宅に白だしさえあれば、簡単にそうめんの漬け汁を作ることができる。めんつゆを切らしている時や普段とは違うそうめんの漬け汁を楽しみたい人におすすめだ。

基本の白だしで作るそうめん漬け汁

鍋に水と白だし、みりん、醤油を加えてひと煮立ちさせる。ひと煮立ちしたら火からおろしてボウルに入れ粗熱を取っておく。あとは、冷蔵庫で冷やして完成だ。

美味しく作るポイント

白だしでそうめんの漬け汁を作る際は、みりんや醤油の分量を変えることで自分好みの漬け汁を作ることができる。使う白だしによって風味や希釈が変わってくるので、注意しよう。

2. 白だしの冷やしそうめんアレンジ

白だしを使った冷やしそうめんはいろいろなアレンジを楽しめる。意外な組み合わせやちょい足しポイントをおさえて、いつもとは違う冷やしそうめんを楽しんでみよう。

トマトとしらすの冷やし出汁そうめん

白だしを使った冷やしそうめんには、角切りにしたトマトとしらす、大葉をトッピングするのがおすすめだ。さっぱりとした味わいで、彩りもいいのでオシャレなそうめんになるだろう。さらに白だしを水で薄めてだしにオリーブオイルを加えることで、洋風な風味を感じさせる一品になる。

豚キムチそうめん

白だしを使えば、簡単にピリ辛な豚キムチそうめんが作れる。茹でたそうめんに白だし、酢、醤油、ごま油、砂糖、コチュジャン、醤油を混ぜただし汁をかけて、茹でた豚肉とキムチ、かいわれ大根を盛り付けたら完成だ。白だしにコチュジャンやごま油が加わることで、一気に韓国風のそうめんに早変わりする。

白だし梅ごまそうめん

白だしを使ったそうめんに梅干しとすりごま、かつお節、かいわれ大根をトッピングするのもおすすめだ。梅のさっぱりとした風味にすりごまの香ばしさが加わって、食欲がない日でも食べやすい冷やしそうめんになる。

さっぱりツナそうめん

白だしを使った冷たいそうめんにツナとかいわれ大根をトッピングするだけでも美味しい。簡単なのに食欲をそそる味わいで、一人ランチなどにピッタリだ。ツナから旨みも出るので、より白だしそうめんにコクを与えてくれる。

3. 白だしの温かいそうめんアレンジ

白だしを使ったそうめんは温かくしても美味しい。白だしを使った温かいそうめんのアレンジを見てみよう。

鶏ささみにゅうめん

白だしを使った温かいそうめんに鶏ささみをトッピングするのもいいだろう。白だしを使って温かいにゅうめんを作ったら、茹でた鶏ささみと生姜のすりおろし、白ネギをトッピングして完成だ。さっぱりとした鶏ささみに生姜がアクセントとなって身体の芯から温まる1杯だ。

卵とじにゅうめん

白だしを使ったにゅうめんを卵でとじるのもおすすめだ。白だしで煮立たせたそうめんに溶いた卵を加えて卵がふんわり固まったら完成だ。仕上げにねぎや揚げ玉などをのせるとより美味しくなる。

とろろ昆布にゅうめん

白だしのにゅうめんにとろろ昆布と梅干し、ねぎをトッピングして味わうのもおすすめだ。とろろ昆布の味わいが白だしに溶けだしてより風味をよくしてくれる。さらに梅干しをトッピングすることで、さっぱりと味わえる。

豚肉とたけのこのにゅうめん

白だしのにゅうめんに豚肉とたけのこが加わることで、ボリュームと食感をプラスしてくれる。白だしのにゅうめんに茹でた豚肉とたけのこをトッピングし、仕上げにごま油を加えるのがポイントだ。ごま油のコクが、より白だしと豚肉の相性をよくしてくれる。

結論

めんつゆがなくても、白だしを使えば美味しいそうめんを味わうことができる。白だしを使ったそうめんはシンプルで優しい味わいが特徴だ。そんな白だしそうめんはさまざまな具材を加えたり風味を変えたりとアレンジも豊富なので、普段のそうめんをより美味しくバラエティー豊かにしてくれる。おひとり様ランチなどにもピッタリなのでぜひ作ってみてもらいたい。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2020年12月 4日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ