このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
バスクチーズケーキは自宅でも簡単に作れる!クセになる美味しさ!

バスクチーズケーキは自宅でも簡単に作れる!クセになる美味しさ!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年12月 8日

コンビニスイーツとして人気を博したバスクチーズケーキ。一度食べるとクセになる美味しさは多くの人を虜にした。そんなバスクチーズケーキは実は自宅にある材料を使って簡単に作ることができるのだ。今回は、簡単なバスクチーズケーキの作り方を紹介する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. バスクチーズケーキの簡単な作り方を紹介!

バスクチーズケーキは、スーパーなどで簡単に手に入る材料で作ることができる。材料を用意したら混ぜて焼くだけなので、初心者でも作りやすい手作りスイーツだ。そんなバスクチーズケーキの簡単な作り方を見てみよう。

材料

バスクチーズケーキに必要な材料は、クリームチーズ、生クリーム、砂糖、卵、薄力粉だ。生クリームがない場合は牛乳でも代用可能だ。

簡単な作り方

材料をすべてブレンダーやフードプロセッサーを使って均一に混ぜる。ブレンダーなどを使用することで、薄力粉をふるったりする手間を省くことができるだろう。また、バスクチーズケーキのなめらかさをより表現したい場合は、混ぜたあとにこし器を使ってこす作業をプラスするのもおすすめだ。ケーキ型にクッキングシートを敷き、生地を流し入れ210℃に予熱したオーブンで焼き上げたら完成だ。焼き上がりの目安は、オーブンの中で生地が膨らみ表面が焦げたら完成の合図となる。

冷ましてから召し上がれ

バスクチーズケーキは、完成したアツアツを食べるのではなく冷蔵庫に入れてしっかり冷やしてから食べるのがおすすめだ。バスクチーズケーキは冷めると表面の膨らみが縮むのが特徴。冷凍保存も可能なので、半解凍の状態でひんやりスイーツとして味わうのも美味だ。

2. バスクチーズケーキがレンジで超簡単

さまざまなバスクチーズケーキの作り方が紹介されている中で、人気料理ブロガーの山本ゆりさんが考案した電子レンジで作れるバスクチーズケーキが話題だ。テレビなどでも取り上げられた簡単レシピで、より手軽にバスクチーズケーキを手作りできるのでおすすめだ。

作り方

クリームチーズと砂糖、溶き卵、生クリーム、薄力粉、レモン汁を用意し、クリームチーズは常温に戻しておく。ボウルにクリームチーズを入れてよく混ぜたら砂糖を加え、さらに溶き卵、生クリーム、薄力粉、レモン汁を加えながら混ぜ合わせる。型を用意しクッキングシートを敷いたら、そこに生地を流し入れ、電子レンジで加熱する。生地を加熱したら型からクッキングシートごと取り出し、アルミホイルの上に置いて、砂糖をまぶしてトースターで焼いていく。トースターで焼くことで、表面の香ばしさが表現できるからだ。冷まして完成だ。

美味しく作るポイント

キレイな焼き色を付けるために、砂糖は表面にまんべんなくふりかけるといいだろう。また、完成したあとは、粗熱を取って冷蔵庫でしっかり冷やしてから味わおう。

3. 市販のヨーグルトで!バスクチーズケーキが簡単に作れる

市販のプレーンヨーグルトを使えば、よりヘルシーなバスクチーズケーキを作ることができる。ヨーグルトを使うことで、滑らかでさっぱりとした仕上がりになるのも魅力だ。

作り方

クリームチーズに砂糖を加えてクリーム状になるまでよく混ぜ、そこに水切りしたプレーンヨーグルトを加えてさらによく混ぜる。次に卵と生クリーム、レモン汁を加えて均一になるまで混ぜたら、薄力粉をふるいにかけながら加えてさらに混ぜる。クッキングシートを敷いた型に生地を流し入れたらオーブンで焼いて、冷ましたら完成だ。薄力粉の代わりにホットケーキミックスを使ってもよい。

結論

コンビニやスイーツ店で購入するイメージが強いバスクチーズケーキだが、少ない材料で自宅でも手軽に作ることができる。作り方もシンプルで、コツさえおさえれば本格的な味わいを簡単に表現することができるのも魅力だ。オーブンがなくてもレンジやトースターを使って作ることも可能なので、初めてのスイーツ作りにもおすすめの一品ではないだろうか。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2020年12月 8日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ