このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
肉だんごの中華風アレンジを紹介!あんは甘酢あんだけじゃない!

肉だんごの中華風アレンジを紹介!あんは甘酢あんだけじゃない!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年12月10日

中華料理は日本でもなじみが深く、複雑な味付けも市販されている素を使えば簡単にできる。中華料理のメイン食材の1つに肉だんごがあるが、ほかの中華料理と比べると印象が薄い。しかし、肉だんごは味付けや調理法を変えることでいろいろなアレンジができるというメリットがある。ここでは肉だんごを中華料理として楽しむ方法を紹介する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 中華風!肉だんごのこっくり甘酢あん

肉だんごといえば甘酢あんを思い浮かべる人は多いだろう。初めて肉だんごを使って中華料理を作るというならば甘酢あんは最適だ。

肉だんごの作り方

肉だんごは市販のものを使っても構わないが、意外と手作りも簡単だ。肉だんごのメインとなる材料が豚ひき肉だ。鶏ひき肉や合いびき肉でも作れるが、中華風肉だんごでは豚ひき肉を使うことが多い。豚ひき肉のほかに卵や片栗粉などのつなぎ、酒や塩などの調味料を加えてよく練る。粘りが出てくるまで練ることができたら、適当な大きさに分けて丸める。同じ大きさで作ったほうが見栄えもよく、火の通りにバラつきが出にくくなる。170℃の油できつね色になるまで揚げれば肉だんごは完成だ。

甘酢あんの作り方は2通り

甘酢あんを作るうえでポイントとなるのがケチャップの有無だ。ケチャップがなくても甘酢あんを作ることはできるのだが、ケチャップを入れるレシピも多い。ケチャップを入れることで旨みが加わり味を調整しやすくなるため、初めて作る場合はケチャップを入れるのがおすすめだ。基本の甘酢あんに使う調味料は砂糖と酢、醤油の3つだ。ケチャップを入れる場合は3つの調味料にケチャップを足して甘酢あんを作ろう。調味料を混ぜ合わせたら水を加えてのばし、フライパンで煮立たせる。水溶き片栗粉でトロミをつけたら肉だんごを加えて絡める。これで肉だんごの甘酢あんは完成だ。

2. ほっと温まる!肉だんごと白菜の春雨中華スープ

肉だんごというとメイン料理を考えがちだが、中華スープに入れるのもおすすめだ。スープは飲むものだが、肉だんごを入れれば食べるスープに変身する。簡単にボリュームたっぷりのスープを作れるため、あと一品がほしいときに重宝する。

白菜と春雨でさらにボリュームアップ

具材が肉だんごだけだと、食べごたえはバツグンでも寂しいスープになってしまう。白菜や春雨といった中華スープと相性のよい食材を入れて、いろいろな食感も楽しめるスープにしよう。白菜は煮ると甘みが出るため、中華スープに甘みを加える役目も担ってくれる。彩りとして人参などの食材を入れるのもおすすめだ。

中華スープに合う肉だんごとは?

中華スープに入れる場合でも豚ひき肉で作った肉だんごで構わない。豚肉のコクがスープにしみ出て、濃厚な中華スープが楽しめる。豚ひき肉の脂っこさが気になる場合は、肉だんごを鶏ひき肉で作ってみよう。あっさりとした味わいの中華スープになる。

肉だんごと白菜の春雨中華スープの作り方

肉だんごは揚げて食べるのが一般的だが、スープに入れる場合は揚げずに煮る。丸めるところまでは基本の肉だんごの作り方と同じだ。鍋に水と鶏ガラスープの素を入れて煮立たせたら、肉だんごを入れて煮る。アクが出てきたら、その都度取り除こう。肉だんごに火が通ったら適当な大きさに切っておいた白菜を加えて煮る。最後に春雨を加えて柔らかくなるまで煮よう。ちなみに春雨は水で戻してから使うことが多いが、乾燥のまま入れて問題ない。仕上げに醤油を加えて味を調えれば完成だ。好みでごま油を入れてもよい。

3. 黒酢が決め手!肉だんごと野菜の中華あん

最後に少し変わり種の中華風肉だんご料理を紹介する。肉だんごの甘酢あんばかりで飽きてしまったというときにおすすめだ。

黒酢で大人の味わいに!

変わり種の中華あんを作るのに必要なのが黒酢だ。黒酢は普段の料理にはなかなか使わないため、家にないということも多いだろう。しかし、中華料理では意外と黒酢を使う機会が多いため、持っておいて損はない。少しクセがあるが大人の味わいとして楽しめる。

肉だんごと野菜の中華あんの作り方

黒酢を入れた中華あんは色が暗くなってしまう。色とりどりの野菜を入れて彩りを明るくしよう。玉ねぎやピーマン、パプリカを入れるのがおすすめだ。とくにパプリカは大きめに切って色のアクセントにしよう。肉だんごは甘酢あんのときと同様に揚げて作る。玉ねぎやピーマン、パプリカは適当な大きさに切って炒めておく。別のフライパンまたは鍋で中華あんを作る。黒酢と砂糖、醤油、水を混ぜ合わせて煮立たせ、水溶き片栗粉でトロミをつける。野菜と肉だんごを加えて中華あんと絡めたら完成だ。

黒酢と酢をミックスしてもよい

黒酢のみで作ったほうが黒酢の味わいをしっかりと堪能できるが、クセがあるため苦手に感じる人もいるだろう。そんなときは普段使っている酢を混ぜて黒酢のクセを和らげよう。

結論

肉だんごを中華風に料理にするなら、あんかけがおすすめだ。定番の甘酢あんかけは万人受けする味だが、酢の代わりに黒酢を使えば大人の味わいを楽しめる。また、あんかけに野菜を加えることで肉と野菜の両方を一度に食べられるというメリットもある。あんかけ以外にも中華スープの具材として楽しむこともできる。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2020年12月10日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ