このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
親子丼を白だしで作ろう!美味しく作る出汁の割合を紹介!

親子丼を白だしで作ろう!美味しく作る出汁の割合を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年12月18日

美味しい親子丼の決め手は、だしと卵のふわふわ具合だ。とくにだしは一から作るとなると手間がかかる。そんな時におすすすめなのが白だしだ。白だしを親子丼のだしとして使うことで、優しい味わいの絶品親子丼を作ることができる。今回は、市販の白だしを使った親子丼の作り方を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 白だしで作る親子丼の基本とコツ

親子丼のだしを白だしベースで作ることで簡単に美味しい親子丼を作ることができる。つゆをたっぷり作ってつゆだくの親子丼にしてみるのもおすすめだ。基本の白だしで作る親子丼の作り方と美味しく作るコツをチェックしてみよう。

基本の作り方

鶏もも肉を食べやすい大きさにカットして、玉ねぎは5mmほどの厚さの薄切りにしておく。浅い鍋やフライパンに水と白だし、砂糖、玉ねぎを入れて煮立てたら、鶏もも肉を加えてアクを取りながら煮る。最後に溶いた卵を回し入れてとじたら完成だ。

美味しく作るコツ

鶏もも肉は、余分な皮や筋を取り除いて厚さを均等に切っておくと美味しく仕上がる。さらに溶き卵は、大きく混ぜるようにするとふんわりと仕上がる。好みで砂糖の分量を調整したり、醤油を足したりするとより自分好みの味わいの親子丼を楽しめる。

2. 市販の人気白だしで作る親子丼の割合

市販の白だしを使って親子丼を作る場合、商品によって水や砂糖の必要な量は異なってくる。それぞれのメーカーの白だしを使った親子丼のつゆの割合を紹介するのでチェックしてみよう。

キッコーマン「極み白だし」

キッコーマンの極み白だしを使って親子丼を作る場合は、1人前あたり水大さじ2、白だし大さじ1で作るのがおすすめだ。砂糖を使わなくてもほんのり甘い親子丼を作ることができる。

ヤマキ「割烹白だし」

ヤマキの割烹白だしで作る親子丼の割合は、1人前あたり水100ml、白だし大さじ1、砂糖小さじ1だ。砂糖の分量は好みで調整するといいだろう。

ヤマサ「昆布つゆ白だし」

ヤマサの昆布つゆ白だしで親子丼を作る際は、1人前あたり水50ml、白だし大さじ1で作るのがおすすめだ。砂糖を使用しなくてもほんのり甘い親子丼になるので、砂糖は好みで使うといいだろう。

フンドーキン醤油「鶏白だし」

フンドーキン醤油の鶏白だしで作る親子丼の割合は、1人前あたり水100ml、白だし大さじ1.5で作るのがおすすめだ。好みでみりんを加えるといいだろう。

ミツカン「プロが使う味白だし」

ミツカンが販売しているプロが使う味白だしで作る親子丼の場合は、1人前あたり水75ml、白だし大さじ1ほどが目安だ。さらにみりんを少量加えることでより甘みのある上品な親子丼に仕上がる。

3. 白だしで甘くない親子丼も作れる

白だしを使うとどうしても親子丼が甘くなってしまうと思っている人もいるだろう。そんな時は少量の醤油を加えたり、みりんなどの甘さを控えてみるのもおすすめだ。醤油は入れすぎてしまうとしょっぱい親子丼になってしまうので注意しよう。基本を白だしで作り、醤油を少し加えて味を調えるようにするのがおすすめだ。

白だしにちょい足しで味は調整可能

白だしで作る親子丼は、白だしをベースにして砂糖やみりんを足せばより甘い仕上がりになり、醤油や塩などを足せば甘くない親子丼にすることができるので、自分好みの味付けに調整しやすい。基本の白だし親子丼の作り方をマスターして調味料をちょい足しし、自分好みの甘さに調整して親子丼を楽しんでみてもらいたい。白だしをベースに作ることで、上品で優しい味わいの親子丼が完成する。

結論

白だしをベースに親子丼を作ることで、だしのきいた美味しい親子丼を簡単に作ることができる。白だしに砂糖や醤油など調味料を足すことで、甘い親子丼にも甘くない親子丼にもすることができる。また、使う白だしによっても割合が変わってくるので、それぞれの調味料の割合をチェックして作るのもポイントだ。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ