このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
キムチ鍋がグッとウマくなる隠し味は?驚きの食材も相性バツグン!

キムチ鍋がグッとウマくなる隠し味は?驚きの食材も相性バツグン!

投稿者:ライター 井澤佐知子(いざわさちこ)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年12月19日

市販のキムチ鍋スープの素を使っても自家製のスープでも、キムチ鍋はさまざまな食材を加えるために家族で美味しく食べることができるメニューである。しかし定番の味に何かが足りないなと思ったら、いろいろな調味料を隠し味として加えることができる。コクや深みをより感じるキムチ鍋を作るにはどんな調味料が役に立つのか、アイデアのいくつかを紹介しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. キムチ鍋の隠し味に使える調味料は?

料理初心者には隠し味と聞いても思い浮かべるものは少ないが、キムチ鍋に加える隠し味はバラエティーに富んでいる。そもそもキムチ自体が香辛料を含んだ奥の深い食材であるため、さまざまな調味料とマッチしてくれるのがありがたいところである。いろいろ試して好みの隠し味を模索するのも楽しいものである。

自宅にある調味料でハズレのない隠し味を

違和感なくキムチ鍋に加えられる調味料には、まず粉唐辛子が挙げられる。粉唐辛子は非常に辛いというイメージがあるが、実はそれほど大仰な辛さでないものも多いのである。また、パプリカのパウダーを加えても味わいの層が厚くなる。また田楽やおでんにつけて食べる練り味噌を入れると甘みやコクが実感できる。変わったところでは黒砂糖がある。グラニュー糖と比べると独特の風味が特徴の黒砂糖は、キムチ鍋の香辛料とよいハーモニーを奏でてくれるのである。

ポン酢やナンプラーにも挑戦

これを本当にキムチ鍋に加えられるのかと思うかもしれないが、ポン酢もキムチ鍋においていい仕事をしてくれる。そもそもキムチにはほどよい酸味があるため、ポン酢をキムチ鍋に入れてもまったく違和感はない。味にはよりまろみが出てくるのである。また、キムチと同じく発酵食品であるナンプラーも隠し味としておすすめである。海鮮類の出汁のような感覚で隠し味となってくれる。

2. え!これが!?キムチ鍋がランクアップする驚きの隠し味

キムチ好きの間ではバラエティーに富んだ調味料や食材が隠し味として人気を博している。通常ならばキムチ料理に登場しないものを隠し味にして、新しい味を開拓するのも悪くない。家族で楽しみながらできる、意外性のある隠し味のアイデアを見てみよう。

明太子やたらこを加える

キムチ鍋の具材としてはめったに思いつかない食材が明太子である。そもそもキムチ鍋には豚肉をはじめとする旨みが出ているため、たらこも海鮮の美味しさを加えるという意味では有効なのである。

バターを加える

キムチ鍋はオイリーさがないため、バターを加えるとまったりとした食味が加わって美味しくなるのである。キムチ鍋はチーズとの相性がバツグンであることはもはや万人の知るところ。その延長線上にバターがあると思えば抵抗なく隠し味として使える。

酢を加える

酢はもはやラーメンなどにも加えられる万能調味料として認知されている。酸味があるキムチ鍋には問題なくなじむうえ、より奥の深い味わいとなること請け合いである。

納豆を加える

納豆にキムチを入れると美味しくなるように、キムチ鍋に納豆を入れても相性はバツグン。スタミナ面でも効果がありそうな納豆は、ひきわり納豆にすると食べやすい。

ヨーグルトを加える

キムチ好きの間で人気の隠し味となっているのは、なんとヨーグルトである。無糖のヨーグルトを加えると、キムチ鍋はより滑らかになり鋭角的な酸味も除かれるというのが理由である。さらにとろけるチーズを加えると絶妙な味わいが堪能できる。

3. キムチ鍋をマイルドにするための隠し味は?

図に乗ってキムチ鍋を激辛にしてしまった場合、どんな調味料を加えるとマイルドかつ美味しくなるのだろうか。意外な調味料を使ってほどよい口当たりに調整してみよう。

卵、乳製品を活用

キムチ鍋をよりマイルドに楽しむためには、卵を活用する方法が挙げられる。生卵でも温泉卵でもそれぞれの食味を楽しめるのでぜひ挑戦したいものである。また、牛乳や豆乳は子どもがいる場合のキムチ鍋には活躍してくれる。同じく乳製品であるチーズは、とろけるチーズを入れてスープをマイルドにかつボリュームたっぷりに楽しみたい場合には格好の食材である。

一風変わった隠し味方法

キムチ鍋をマイルド風味に変える食材としてはそのほか、砂糖やはちみつなどの甘味料、マヨネーズ、梅酒などがある。砂糖やはちみつは和食の調味料として活用頻度は高いため問題はない。マヨネーズはダマにならないように少しずつスープに溶かすと、キムチ鍋をマイルドかつクリーミーにしてくれる。梅酒は昨今話題になった隠し味で、スープを作る際にわずかに加えると香りもマイルドに仕上がるのである。

結論

キムチ鍋は懐の深い料理でさまざまな調味料を隠し味として受け入れてくれる。それぞれの調味料や食材の特徴が、キムチ鍋の中で融和してコクと深みを与えるのである。冬には出番の多くなるキムチ鍋に隠し味を加えて、これまでよりもレベルアップした美味を堪能してほしい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2020年12月19日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ