このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
北海道の年越しの食習慣は特殊!?おせち料理を大晦日に食べる理由。

北海道の年越しの食習慣は特殊!?おせち料理を大晦日に食べる理由。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2021年1月 5日

年越しといえば、大掃除、正月の飾り付け、餅つき、年越しそばなどを連想する人も多いだろう。しかし、同じ日本でも、地域によって年越しの過ごし方や食習慣に違いがあるようだ。そこで今回は、本州とは異なった点の多い、北海道の年越しの過ごし方および食習慣についてお伝えしよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 北海道の年越しの行事 餅つき

新しい年を迎えるために、餅つきを行い年神様に鏡餅を供える、というのは、日本全国に共通している年越しの伝統的な行事である。いまは、珍しいことになっているかもしれないが、昔は、一家総出で、臼と杵を使って、餅つきを行っていたようだ。

北海道でも、年越しの行事として、昔から餅つきが行われていたようだ。つきたての餅から、お供え用の鏡餅をはじめ、雑煮用ののし餅、納豆餅、アンコロ餅、豆餅、砂糖餅、ゴンダ餅、ヨモギ餅など、さまざまな種類の餅が作られる。もっともいまは、本州と同様に、北海道でも、自宅で臼と杵を使って餅つきをするというのは、珍しい光景になっているようだ。

2. 北海道の年越し 年取り膳とは

北海道では、新年を迎える前の大晦日に、おせちを食べる習慣がある。おせちだけでなく、カニやお寿司などのご馳走を食べることもあるそうだ。

北海道で年越しにおせちを食べることを、年取り膳と呼ぶ。年取りとは、新年を迎えるために昔から行われていた伝統的な儀式で、いわば大宴会のようなもののようだ。その年取りの席で、ふるまわれるご馳走が年取り膳だった。そこから転じて、大晦日の日没後に、ご馳走を食べることを年取り膳と呼ぶようになったようだ。北海道では、その昔からの習慣がいまも残っているということになるだろう。

北海道で、年取り膳として食べられるのは、それぞれの家庭によって多少異なるものの、昆布巻、大根なます、黒豆、数の子など、いわゆるおせち料理の定番といえる料理をはじめ、地方によってことなるが、茶碗蒸し、刺身、鯨汁、口取りなどが食卓に並ぶ。

3. 北海道の年越し 鯨汁と口取りについて

ここでは北海道ならではの正月料理を詳しく紹介しよう。

鯨汁

鯨汁とは、塩鯨と野菜を煮込んだ汁もののこと。函館近辺の道南地域でよくみられる正月料理で、年越しに大鍋で鯨汁を作る習慣があるようだ。かつて、ニシン漁が盛んだった時代、鯨は、ニシンを岸まで追い込んでくれる大変に縁起のよい動物とされていた。初春から開始されるニシン漁の大漁を祈って、あるいは、鯨のように大物になれるようにと、年越しや正月に食べられてきたようだ。
またかつての北海道では、鯨は貴重なたんぱく源でもあった。厳寒の時期を乗り切るために、鯨を塩蔵して作る塩鯨が保存食として重宝されていた。

口取り

口取りは、見た目はおせちそっくりの和菓子の詰め合わせで、北海道の郷土料理のこと。鯛や伊勢海老をはじめ、おせち料理に欠かせない食材をかたどった和菓子が、おせち料理のように箱などに詰められている。北海道では年末になると、この口取りが店頭にずらりと並ぶ。

本州では東北地方の一部を除き、年末になっても、まずそのような光景を目にすることはないだろう。北海道から進学のため上京した学生が、年末に口取りを探したがどこにも売っておらず、はじめて北海道独自の習慣だったと気づかされることも珍しくないようだ。

結論

北海道の年越しの食習慣について紹介した。いかがだっただろう?もっとも、いまは、北海道でも本州と同様に、大晦日に年越しそばを食べ、正月におせちを食べるという家庭も多くはなってきているようだ。しかし、北海道のおよそ4割近くの家庭では、いまもこの習慣が残っている。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2020年12月29日

  • 更新日:

    2021年1月 5日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ