このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
おいCベリーは身体にいいって本当?特徴や育て方を解説!

おいCベリーは身体にいいって本当?特徴や育て方を解説!

投稿者:ライター 玉木綾香(たまきあやか)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2021年1月 5日

「おいCベリー」といういちごを耳にしたことはあるだろうか。最近注目されている新品種のいちごなのだ。今回は、そんなおいCベリーの取り寄せ方法や特徴などを紹介する。後半には、家庭でできるプランターを使用したおいCベリーの栽培方法やポイントも解説するので、ぜひ参考にしてみてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. いちご「おいCベリー」の特徴

おいCベリーとはどんないちごか、詳しく見てみよう。

7個で1日に必要とされるビタミンCが摂取可能

おいCベリーとは、通常のいちごよりビタミンCの含有量を多い品種を目指して、農研機構が研究を重ね、2012年に登録された新しいいちごのことだ。ビタミンCは骨や血管を正常に保ったり、風邪に対する抵抗力を高めたりと人間にとって大切な栄養素である。ビタミンCは、体内で作ることができないため、適度に摂取する必要がある(※1)。
そんなビタミンCを豊富に含んだおいCベリーは、なんと7個で1日に必要とされるビタミンCを摂取することが可能だ(※2)。また、ビタミンCは、熱に弱く生の状態で摂取するのが効果的とされている(※1)。そのため、生でそのまま食べることができるおいCベリーは、体内に吸収されやすい食材といえるだろう。

栄養素が優れただけでなく味も美味しい

おいCベリーは、交配で使用した「さちのか」と比べて、糖度は高く香りが強いのが特徴である。ビタミンCが多く含まれているため、酸っぱいのではないかと思う人もいるかもしれないが、子どもも食べやすい甘いいちごなのだ。
また、収穫時期より早く成長させる促成栽培に適しているうえ、果実の実りの量が多いことから普及の拡大が期待されている。おいCベリーの産地は現在、四国や九州、関東方面まで徐々に広がっている。

2. いちご「おいCベリー」のお取り寄せ

栄養素も味も優れたおいCベリーを、自宅に取り寄せて味わってみよう。

おいCベリーの取り寄せには通販サイトが便利!

おいCベリーは、楽天やAmazonなどの大手通販サイトでも取り扱いをしている。価格は販売元で異なるので注意しよう。また、おいCベリーは新品種のうえ、人気のあるいちごのため、売り切れることが多々ある。収穫時期の春頃は、販売サイトのチェックを怠らないようにしよう。

いちご狩りができるスポットを紹介

岡山県にある岡山市サウスヴィレッジでは、おいCベリーの販売のほかに、いちご狩りもできる。そのほかにも、おいCベリーを育てる農園はどんどん増えてきている。また、収穫したいちごは持ち帰りが可能な農園も多いため、自宅でゆっくり味わえるのもポイントだ。いちご狩りができるスポットはネットに掲載されているので、ぜひ調べてみよう。自然に触れ合いながら自分で収穫できるいちご狩りは、子どもの食育に繋がるのでおすすめだ。

3. いちご「おいCベリー」の苗や育て方

おいCベリーは、自宅で栽培することもできる。苗の購入方法や育て方を学ぼう。

おいCベリーの苗の購入方法

おいCベリーの苗は、ネット通販で簡単に購入することが可能だ。苗も取り寄せのいちご同様、売り切れることが多いため、植え付け時期の10~12月頃には、随時サイトをチェックするといいだろう。

おいCベリーの育て方やポイント

おいCベリーの苗の植え付けは、10~12月頃の寒い時期に行おう。ポイントは、クラウン(茎の根元部分のふくらんだところ)が地上に出るように植え付けることだ。水やりは、土が乾いたら随時行うようにしよう。肥料の追加目安は、2月までは月1回、その後は苗の様子を見て追加を行うのがベストだ。
また、いちごは寒さに強いため基本的に防寒対策は必要ない。春になり芽が伸びてきたら、地温をあげるために根元に敷き藁を敷こう。栽培方法のポイントは、畑であれば蜂が受粉してくれるが、自宅では難しいので人工授粉を行うことだ。3月頃になると花が咲き始めるので、綿棒を使って雄しべから雌しべへ優しく均一につけて授粉しよう。
このように、家庭で育てることができるおいCベリーだが、販売や生産に関しては許諾が必要だ。家庭で楽しむまでに留めよう。

結論

ビタミンCを豊富に含んだおいCベリー。取り寄せやいちご狩り体験などで、ぜひ味わってみたいものだ。また、実際においCベリーを育てることで、いちごが育つ課程を学べるため、子どもにとってもいい刺激になるだろう。
※2 農林水産省「農林水産分野の最新研究成果を紹介! アフ・ラボ」
https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1212/report.html
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ