このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ホタテの佃煮の作り方を紹介!おすすめアレンジは炊き込みご飯

ホタテの佃煮の作り方を紹介!おすすめアレンジは炊き込みご飯

投稿者:ライター 上野圭代(うえのたまよ)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2021年1月 3日

ホタテは好きだがそのまま刺身で食べたり、焼いて食べることが多く、料理への使い方がわからない、という人も多いのではないだろうか?実はホタテは、煮ても旨みがたっぷりで最高なのだ。とくにお酒が好きな人は、甘辛く煮たホタテの佃煮はたまらないおつまみになることだろう。自分で作ったホタテの佃煮や炊き込みご飯を食べたい人向けに、ここではおすすめの調理法を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. お弁当やおにぎりの具材にも!ホタテの佃煮の作り方

ホタテの佃煮は、甘辛く煮ることで冷めても美味しいのが魅力だ。時間をおいてもしっかり味を楽しめるため、お弁当やおにぎりに入れるのもよいだろう。佃煮が苦手な子どももいるが、せっかくなら家族で食べられるホタテの佃煮を作ってみたい。そこでここでは、白いご飯のおともに食べたい、ホタテの佃煮のレシピを紹介しよう。

実は簡単なホタテの佃煮の作り方

佃煮というと難しそうなイメージがあるが、実はとっても簡単である。忙しいときでも作れるのが嬉しいところだ。
ホタテの佃煮を作る際に用意したいのが生姜だ。まずは生姜を千切りにしておこう。鍋に調味料をすべて入れ、そこにベビーホタテと生姜を加える。調味料には醤油、みりん、酒などを使うのがよい。煮詰めていってホタテにツヤが出てきたら完成だ。好みで上に刻んだネギをまぶすと、彩りが鮮やかになるだろう。

2. おつまみにも!生姜たっぷりホタテの佃煮

ホタテの佃煮はそのままの定番レシピでも美味しいが、少しアクセントをきかせたいという人には生姜をたくさん使ったレシピがおすすめである。子どもが食べる用の佃煮には、生姜を一緒に煮込んでしまう方法をおすすめするが、生姜のピリっとした感じを出したいときには最後に上にのせて食べるのがよいだろう。

量を調節してのせよう!

ホタテの佃煮は定番の作り方で煮込むと上手に作れる。しかしより生姜の味を楽しみたい人は、途中で落としぶたをして煮込み、最後に刻んだ生姜をのせるのがよい。量は好みで多めにするなど調整しよう。一緒に煮込むよりも生姜のシャキシャキとした歯ごたえや、ピリっとした味わいを存分に堪能できるのだ。
生姜は一緒に煮込むと全体のカラーが茶色になってしまうが、あとからのせると生姜の鮮やかな黄色が映えて食欲をそそること間違いなしだ。

3. ホタテの佃煮をアレンジ!絶品炊き込みご飯

ホタテの佃煮はお酒のおつまみとしても、料理の副菜としても活躍する。しかし作りすぎた場合は、毎日同じ佃煮を食べるのは気が引ける、という人もいるだろう。そんなときにおすすめなのが、佃煮アレンジである。ホタテの佃煮は旨みがたっぷり詰まっているので、そのままアレンジレシピにしやすいのだ。なかでもおすすめなのが、炊き込みご飯である。忙しいときでも炊飯器のスイッチを入れれば完成する炊き込みご飯は、簡単なうえ、豪華に見えるのでぜひマスターしておきたい。

ホタテの佃煮で作る炊き込みご飯レシピ

最初に米を水に浸しておくのがポイント。米が十分に水を吸ってから醤油と酒を加えよう。そこにまんべんなくホタテの佃煮を広げて、具材が米の上にいきわたるようにしよう。あとは通常通り炊き込めば完成。好みで醤油などで味を調整したり、仕上げに生姜やネギをのせたりするのも美味しいだろう。

結論

ここではホタテの佃煮の作り方などを紹介しながら、佃煮を使った炊き込みご飯レシピなどもまとめてきた。甘辛い味のホタテの佃煮は、そのまま食べてもお酒のおつまみとして最高である。もし作りすぎたという場合は、翌日米と一緒に炊き、炊き込みご飯にしてみよう。簡単なのに食卓が華やぐこと間違いなしだ。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ