このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ラザニアを自宅のオーブンで焼こう!詳しい焼き時間と簡単レシピ

ラザニアを自宅のオーブンで焼こう!詳しい焼き時間と簡単レシピ

投稿者:ライター 上野圭代(うえのたまよ)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

鉛筆アイコン 2021年1月 8日

ラザニアはカフェやレストランで食べることはあっても、なかなか自宅では作らないという人もいる。その理由の1つに、オーブンを使うということが挙げられるのではないだろうか。オーブンは慣れていないと余熱や焼き時間に悩むことがある。そこで参考になるように、ここではラザニアをオーブンで焼くときの基本の知識や、トースターやフライパンで作れるのかどうかもあわせて解説していく。

  

1. ラザニアの基本の作り方!オーブンの温度と焼き時間は?

ラザニアを家で作れたら、ゲストが来たときにも重宝する。しかし疑問に思うのが、オーブンの使い方だ。意外にも知らないオーブンの焼き時間や、ラザニアを焼くのに適した場所。ここではオーブンを使った簡単なラザニアの作り方を紹介したい。

オーブンを使う前までの工程

最初にラザニアの作り方を紹介する。牛乳や小麦粉を使ってホワイトソースを作り、ミートソースも作っておく。時間がないときは市販のホワイトソース缶やミートソース缶を活用して時短をしてもよいだろう。ラザニア用のパスタを茹で、冷水にとっておく。耐熱容器の淵にバターを塗ったら、ホワイトソース、ラザニア、ミートソースの順番に入れ、最後にチーズをのせる。ここまでがオーブンを使うまでの作り方である。

オーブンを使おう!

いよいよ、オーブンを使ってラザニアを焼いていく。オーブンにもよるが、平均して180〜220℃ほどで焼くのがよい。予熱機能を使う場合は200℃前後で温めておき、10〜20分ほど焼く。表面に焦げ目がついたら、完成だ。オーブンは上段と下段、なかには中段があるものもあるが、できればラザニアは下段、または中段で焼くことをおすすめする。上段だと火が強すぎて焦げてしまうこともあるからだ。

2. ラザニアはオーブントースターでも焼ける?

家にオーブンがない場合、オーブントースターでラザニアを焼くことができるのだろうか。結論はオーブントースターでもラザニアを焼くことはできる。もちろんそれまでの作り方も変わらず、同じ工程でOKだ。しかしオーブントースターでラザニアを焼く場合は、気を付けたいポイントがある。それは焼きすぎないようにアルミホイルをかぶせておくことだ。アルミホイルをかぶせて10〜15分ほど焼いたら、アルミホイルを取ってさらに焼こう。
あとは自分の目でラザニアの表面の色を確認しながら、頃合いを見て取り出す。もしもラザニアの火の通りが気になったら、最初に電子レンジで2分ほど加熱しておくのもおすすめだ。そのあとオーブントースターで焼くとキレイに焼けるだろう。

3. ラザニアはフライパンでも!オーブンなしの簡単な作り方

ラザニアはオーブンやオーブントースターで焼くこともできるが、自宅にないという人はフライパンで作る方法を試してほしい。気軽に作れるフライパンのラザニアは、忙しいときでも作りやすい。ここでは簡単な作り方を紹介しよう。

フライパンひとつで簡単ラザニア!

フライパンで作るときも基本の作り方は変わらない。オリーブオイルをフライパンに引いて熱したら、カットした野菜やきのこなどを炒めていく。合挽き肉を加えて炒め、ホールトマトの缶詰を入れよう。水を足し、そこに少々の塩を加えて味を付ける。次にラザニア用のパスタを斜めに差し込む。ふたをしてそのままフライパンで煮よう。フライパンの具材の上に、ホワイトソースとチーズをのせる。ふたをしてしばらく煮たら盛り付けに入ろう。

結論

ここではラザニアの作り方を簡単に紹介し、オーブンやオーブントースター、さらにフライパンで作る方法などもまとめてきた。オーブンなどで焼く場合に意外と知らない情報や知識を解説しているので、ぜひ参考にしてほしい。焼きすぎに気を付け、食卓に美味しいラザニアを出してみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年1月 8日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ