このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【くるみのお菓子】を作ってみよう!手軽に買える商品も紹介!

【くるみのお菓子】を作ってみよう!手軽に買える商品も紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2021年1月19日

ナッツ類はお菓子作りによく使われる食品だ。なかでもくるみは、カリッとした食感と特徴的な見た目からお菓子作りに使われることが多い。くるみのお菓子といっても種類が非常に多いため、ここでは家でも簡単に作れるくるみのお菓子とコンビニなどで買えるくるみのお菓子を厳選して紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. くるみでお菓子を作ろう!くるみキャラメル

くるみを使って作れるお菓子でもっとも簡単なのが、くるみキャラメルだ。簡単ながらくるみの軽い食感とキャラメルのほのかな苦みのある甘さの組み合わせが絶品で、食べる手が止まらなくなってしまう。くるみキャラメルはそのまま食べてもよいし、スイーツのトッピングとしても使うことができる。

くるみキャラメルの作り方

くるみキャラメルに必要な材料はくるみと砂糖、バター、水の4つだ。まず、くるみはフライパンで乾煎りしておく。フライパンを一度洗い、水気をしっかりと拭ったら砂糖と水を入れて火にかける。そのまま加熱し続けると次第に砂糖が茶色っぽくなっていく。キャラメルに近い色になってきたらバターとくるみを加えて木べらでよく混ぜる。オーブンシートの上にくるみキャラメルを広げ、冷ませば完成だ。オーブンシートに広げる際はくっつかないようになるべく間隔を空けよう。

2. くるみでお菓子を作ろう!くるみたっぷりブラウニー

くるみキャラメルよりも本格的なお菓子作りをしたいならブラウニーを作ってみよう。ブラウニーのしっとりとしたチョコ味の生地とくるみのカリッとした食感は相性バツグンで、自分のおやつとしてはもちろんプレゼントにもぴったりのお菓子だ。

くるみ入りブラウニーの材料

ブラウニーを作るためにはケーキ作りに必要な材料を用意しなくてはならない。薄力粉と卵、砂糖、バター、ベーキングパウダーだ。そこにチョコレートとくるみを加えればくるみ入りブラウニーを作ることができる。ちなみにチョコレートはミルクだと甘くなりすぎてしまうため、ビターチョコを使おう。

くるみ入りブラウニーの作り方

まず下準備として薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるっておく。また、くるみは適当な大きさに割っておき、オーブンを180℃に予熱しておこう。バターとチョコレートは湯煎またはレンジで加熱して溶かす。別のボウルに卵を割り入れたら、砂糖を加えて泡立て器でしっかりと混ぜる。そこに溶かしたバターとチョコレートを加え混ぜたら、ふるっておいた薄力粉とベーキングパウダー、そしてくるみを加えてゴムベラでさっくりと混ぜ合わせる。クッキングシートを敷いた型に生地を流し入れたら、型を数cmの高さから落として空気を抜く。オーブンで15~20分焼き、竹串を刺したときに生地が付かなければ完成だ。

3. くるみでお菓子を作ろう!バナナとくるみのマフィン

くるみと果物を組み合わせたお菓子は素朴な甘みが楽しめるため変わらない人気を誇る。ここでは鉄板の組み合わせでもあるバナナとくるみを使ったマフィンの作り方を紹介する。

バナナとくるみのマフィンの材料

マフィン生地は薄力粉とベーキングパウダー、卵、牛乳、砂糖、バターで作る。ここにバナナとくるみを加えればバナナとくるみのマフィンができる。ちなみに、薄力粉とベーキングパウダーはホットケーキミックスで代用することもできる。

バナナとくるみのマフィンの作り方

下準備として薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるっておき、バナナは5mm幅に切っておく。オーブンは180℃に予熱しておく。準備ができたらボウルにバターを入れ、練るようにして混ぜる。バターがクリーム状になったら砂糖を加えて白っぽくなるまで混ぜ合わせる。そこに卵を3回に分けて加えて混ぜ、最後に牛乳を加えて混ぜる。ふるっておいた薄力粉とベーキングパウダーを加えてさっくりと混ぜ合わせたらバナナとくるみを入れ、全体に行き渡るよう混ぜる。マフィンカップに生地を流し入れたらオーブンで15分ほど焼く。竹串を刺して生地がくっつかなければ完成だ。

4. コンビニで買えるくるみのお菓子を紹介

もっと手軽にくるみのお菓子を楽しみたいなら、コンビニお菓子をチェックしてみよう。ここでは、くるみの風味を堪能できるお菓子をいくつか紹介する。

ファミリーマートの「メープルくるみ」

その名の通り、くるみにメープルシロップをかけたお菓子だ。キャラメルとはまた違った甘さを楽しむことができる。くるみを丸々使っているためサクッとした食感を楽しむことができ、小腹が空いたときにもおすすめだ。

ローソンの「京挽ききなこくるみ」

くるみでは珍しい和テイストのお菓子だ。きなこの優しい甘みがくるみの素朴な味わいにぴったりで、お茶請けにもおすすめだ。緑茶でホッと一息つきたいときのお菓子として楽しもう。

ローソンの「くるみとココナッツのキャラメリゼ」

くるみ以外にココナッツやアーモンドが入ったお菓子だ。いろいろな食感を楽しむことができ、くるみだけでは飽きてしまうという人におすすめだ。キャラメリゼだが優しい甘さなので、ついつい手がのびてしまう。

5. お土産に人気のくるみ菓子を紹介

お土産といえばお饅頭やクッキーなどが定番だが、くるみを使ったお菓子も外せない。くるみのお菓子は全国にあるわけではないため、お土産にぴったりだ。ここでは有名なくるみのお菓子を紹介する。

鎌倉の「クルミッ子」

人気の観光地、鎌倉でお土産として人気なのがクルミッ子だ。くるみがぎっしりと詰まったキャラメルをバター生地で挟んだお菓子で、しっとりとしたバター生地とキャラメルにくるみのカリッとした食感がアクセントとして楽しめる。しっかりとした甘さながら、くどくないため何個でも食べられてしまう。パッケージのかわいらしいリスのイラストも特徴的だ。

長野の「くるみやまびこ」

新鮮な牛乳を使って作られたくるみキャラメルをさくさくのクッキーで包んだ、長野を代表するお菓子だ。素朴な味わいは懐かしさを感じさせてくれる。くるみやまびこはハーフサイズや甘さが控え目なライトタイプもあり、贈る人に合わせて選べるのも大きな魅力だ。

くるみのお菓子がいっぱい!「御菓子処 花岡」

長野にある御菓子処花岡ではさまざまなくるみのお菓子が販売されている。キャラメル風味のくるみが入った最中やくるみが入ったメレンゲ菓子など珍しいくるみのお菓子があり、選ぶだけでも楽しい。

結論

素朴ながら優しい味わいをもつくるみはお菓子と相性バツグンで、シンプルにキャラメルと絡めたり、ブラウニーやマフィンの中に入れたりといろいろな楽しみ方ができる。また、チョコやバナナなどくるみと組み合わせる食品を変えることで味わいが変わるのもくるみのお菓子の魅力だ。コンビニや各地のお土産店でもくるみのお菓子は売られているので、一度はチェックしてみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年1月19日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ