このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
チンゲン菜はおひたしが美味!アレンジ術や保存方法と期間を紹介

チンゲン菜はおひたしが美味!アレンジ術や保存方法と期間を紹介

投稿者:ライター 上野圭代(うえのたまよ)

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2021年1月14日

食卓にもう一品並べたいというときにおすすめしたいのが、チンゲン菜のおひたしだ。副菜としても美味しく食べられるうえ、酒のつまみにもよい。簡単そうに見えるチンゲン菜のおひたしだが、実際にどうやって作るのだろう。ここでは誰でも作れる簡単なレシピで、チンゲン菜のおひたしを作れるよう紹介しよう。アレンジ術や保存方法、期間までを解説していく。

  

1. チンゲン菜のおひたしの美味しい作り方

夜遅く帰ってきたときや、休日ゆっくりしたいときでも、ササっと作れるのがおひたし。チンゲン菜のおひたしの作り方を覚えれば、食べたいときに手軽に作ることができる。そこで料理が得意ではない人も挑戦しやすい、チンゲン菜のおひたしの作り方を紹介していく。

茹でるおひたしの作り方

チンゲン菜を葉と茎に分けて、それぞれ一口サイズにカットしておく。鍋にたっぷりの水を入れて沸騰させたら塩を入れ、チンゲン菜を入れて茹でよう。このときに時間をかけて茹でないようにする。ササっと取り出し、冷水で冷やそう。しっかり水気を切り、器に盛り付けよう。そこに醤油とラー油、酢、ゴマ油を混ぜたタレをかけ、最後に白ゴマをかけたらチンゲン菜のおひたしの完成だ。

電子レンジでおひたしの作り方

料理に自信がない人は、おひたしを作る際に電子レンジを使うのもおすすめ。小さめにカットしたチンゲン菜は耐熱容器に入れ、ラップをしたら電子レンジで3分ほど加熱。和風出汁と水、醤油、みりんを容器の中に入れる。そこに先ほどのチンゲン菜を入れよう。チンゲン菜は水気を切り、みりんはアルコールを飛ばして冷ましたものを使うのがよい。ふたを閉めて冷蔵庫の中へ入れ、大体10分前後で完成。器に盛り付け、上にかつおぶしをまぶしたら、チンゲン菜のおひたしのできあがりである。

2. チンゲン菜のおひたしの人気アレンジ

チンゲン菜を使ったおひたしは、シンプルな味付けだけにいろいろなアレンジを楽しむことができる。いつも同じレシピになってしまうと悩んだら、ここで紹介する作り方をぜひ参考にしてほしい。

オイスターソースおひたしアレンジ

おひたしと聞くと和風のイメージがあるが、中華風の味付けもできる。用意した鍋に鶏ガラスープの素、オイスターソース、ゴマ油と水を入れて煮立てる。そのまま粗熱をとろう。次にチンゲン菜を茎の部分から茹でていく。このときに茎を4つに分けておくとよい。少ししてから葉の部分も茹でたら、冷水で冷やす。よく水気を切ったら先ほどのタレをかけ、しばらく漬けたらチンゲン菜おひたしのできあがり。盛り付けの際には、上に生姜をのせよう。

鶏がらスープおひたしアレンジ

チンゲン菜のおひたしは、ツナと合わせるのもよい。ツナと混ぜ合わせることで子どもにも人気のおひたしとなる。ちょうどよい大きさに切ったチンゲン菜を耐熱容器に入れ、2分加熱。上にツナをのせ、鶏ガラスープの素と砂糖で作ったタレをかけて完成だ。

めんつゆおひたしアレンジ

電子レンジで温めたチンゲン菜に、めんつゆとすりゴマ、かつおぶしを合わせて混ぜるだけと簡単さが魅力。和風アレンジを楽しみたい。

3. 冷凍チンゲン菜でおひたしを作るコツ

実はチンゲン菜は、冷凍しておひたしにも使うことができるのだ。チンゲン菜を冷凍した状態で、おひたしを作るにはどうするべきか。たくさん手に入れた場合は、冷凍保存をして大事に食べたいもの。そこでここでは冷凍チンゲン菜でおひたしを作る方法や、美味しくなるコツを紹介していこう。

サッと茹でてから冷凍する!

チンゲン菜を冷凍保存するときのコツは、短時間で茹でること。チンゲン菜は生の状態で冷凍をすると、食感を損なうおそれがある。シャキシャキしたチンゲン菜の歯ごたえを残すためにも、サッと茹で水気を十分に切ったら冷凍しよう。ラップで空気の入らないように包むか、フリーザーバッグに入れて凍らせよう。冷凍したチンゲン菜をおひたしに使う場合は自然解凍でもよいし、急ぎの場合は加熱か流水での解凍もよいだろう。

生のチンゲン菜も冷凍OK

生のチンゲン菜もそのまま冷凍することは可能だ。よく洗ったチンゲン菜は水気を切り、使いやすい大きさにカットしたら、フリーザ―バッグなどに入れてそのまま冷凍しよう。おひたしを作るときは、凍ったままの状態で沸騰したお湯にサッとくぐらせるのがおすすめだ。

4. チンゲン菜のおひたしの日持ち

それではチンゲン菜のおひたしは、どのくらい日持ちが可能なのだろうか。ここでは具体的な日数について説明していこう。

おひたし状態なら5日

チンゲン菜を茹で、おひたしの状態にしているのなら冷蔵保存で5日ほどもつ。少し量を多く作っておひたしを余らせてしまっても、5日も食べることができるので十分に余裕があるのが嬉しい。

生でも茹でても1ヶ月

チンゲン菜を一口サイズにカットして、生のままで冷凍保存をしたら1ヶ月は保存がきく。おひたしにしたいときは、冷凍したチンゲン菜を取り出し、鍋で茹でるのがおすすめだ。チンゲン菜をたくさん手に入れ、一度に食べきれない際には試したい。また、実は茹でてから冷凍した場合も1ヶ月の間保存が可能。用途に応じて、保存方法を選ぶとよいだろう。

結論

ここではチンゲン菜のおひたしを作る際に参考になる、作り方やアレンジ術、冷凍する方法や日持ちについて解説してきた。チンゲン菜はシャキシャキとした歯ごたえを楽しめる野菜であり、副菜にもなりやすい。簡単な作り方から試してみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年1月14日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ