このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
チンゲン菜は炒めて食べたほうが美味しい?基本からアレンジまで紹介

チンゲン菜は炒めて食べたほうが美味しい?基本からアレンジまで紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木 倫美(ささきともみ)

2021年1月 6日

チンゲン菜は炒め物にすると美味しく、シャキシャキしたその食感がクセになる。どんな味付けでも合いやすいので、作りたいと思えるレシピが多いのも魅力。そんなチンゲン菜のレシピのなかでも、とくに炒め物にすると子どもにも人気だ。ここではチンゲン菜の炒めレシピをいくつか紹介し、いままでどうやって使ってよいかわからなかった人に参考にしてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. チンゲン菜の炒め物の基本やコツ

チンゲン菜は炒め物にすると酒のつまみにもなり、とても美味しい。和風でも中華風にしても合うため、副菜としても使いやすいのが魅力でもある。そんなチンゲン菜炒めの基本的なレシピを意外と知らないという人も。ここではおすすめの作り方などを紹介していく。
チンゲン菜炒めの基本レシピは、ゴマ油を引いたフライパンでチンゲン菜を入れて炒める。鶏ガラスープの素を入れて炒めていき、コショウをふって味の調整をしよう。誰でも簡単に作れるレシピなので挑戦してほしい。

炒め方の順番を大切に!

チンゲン菜の炒めを作る際に、大事なポイントはフライパンに入れる順番だ。チンゲン菜は茎と葉の部分の火の通り方が違うため、最初に茎分を炒めていこう。火が通ったと思ったころに葉を入れて、調味料で味付けをする。

炒めすぎないのがポイント

チンゲン菜の葉は炒めすぎるとクタっとなってしまう。そのため手際よく炒めていくのがよいだろう。最初にカットしておき、目を離さずに炒めたい。

2. チンゲン菜の炒め物の人気アレンジ

チンゲン菜炒めは味付けもバリエーションがあるので美味しい。少し辛みを付けると、酒のつまみとしても合うのも嬉しいところだ。そこでここでは、中華風のチンゲン菜の炒めのレシピなどを提案し、誰でもできる本格的な中華料理の作り方をまとめていこう。

ニンニク+豚肉+桜エビでインパクト大!

フライパンにゴマ油を引き、ニンニク・豚肉・チンゲン菜の茎の順番で炒める。そこにチンゲン菜の葉と桜エビを入れて、塩、醤油、コショウでサッと炒めて完成だ。インパクトがある上に桜エビとチンゲン菜の歯ごたえがぴったり合う。酒のつまみにもおすすめである。

片栗粉でトロトロ中華風アレンジ

チンゲン菜の炒め物は片栗粉を使って仕上げるとトロトロとなり、子どもも食べやすい。豚バラ肉をあらかじめ片栗粉と酒でもみ込んでおく。油をひいたフライパンで豚肉を炒め、そこにチンゲン菜とエリンギを入れよう。中華風の出汁を入れたら完成だ。

3. チンゲン菜は炒め煮も美味しい

チンゲン菜は炒め煮も美味しい。副菜にもなりやすい炒め煮は、炒めるだけよりも柔らかくなるので子どもにもおすすめだ。とはいえ、炒め煮のレシピがわからないという人もいる。そこでここではチンゲン菜の炒め煮レシピを紹介していこう。

中華風の作り方

チンゲン菜の炒め煮は酒のつまみにしたい。作り方は意外と簡単なので、料理があまり得意ではないという人もぜひチャレンジしてほしい。最初にフライパンでチンゲン菜を炒め、塩、コショウをして味を付ける。そこに水と酒、オイスターソースにサラダ油を混ぜたものをいれ煮込んでいく。チンゲン菜は包丁でカットする人も多いが、炒め煮の場合は手でさくようにすると、バラっとしないので箸で食べやすくなる。

何か一品足そう!

チンゲン菜の炒め煮は、チンゲン菜だけでも美味しい。しかしもう一食材足すと、より味に深みが増すだろう。おすすめの食材は桜エビや豆腐など。木綿豆腐を使うと味がしみ込むので試してみよう。

結論

ここではチンゲン菜の炒め物を美味しくするコツや、基本的なレシピ、またアレンジ術や炒め煮の方法までを紹介してきた。チンゲン菜は意外にもバリエーション豊富なレシピがあり、家族が飽きずに食卓に並べることができるだろう。気になるレシピがあった人は、ぜひ自分で作ってみて、チンゲン菜の美味しさを実感してほしい。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2021年1月 6日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ