このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
鏡開きのやり方ってどうやるの?鏡開きした餅の美味しい食べ方も紹介

鏡開きのやり方ってどうやるの?鏡開きした餅の美味しい食べ方も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2021年1月 3日

お正月が明けたらお雑煮やお汁粉などを食べる家庭も多いのではないだろうか。これは鏡開きの習わしにも関係しているのかもしれない。鏡開きの歴史は室町時代からとも言われており奥深い印象だ。それでは実際に鏡開きのやり方にはどのような決まりがあるのだろうか。由来や鏡餅の美味しいいただき方なども紹介しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 歳神様と鏡餅の関係とは?

歳神様は初日の出に山から降りてくると信じられ、動植物が宿った精霊と言われていた。また、豊作を祈る神様でもあり、各家庭に歳神様が来ることで生命や生活の活性化に繋がると考えられてきた。さらに歳神様は先祖の霊でもあったと信じられており、新年に子孫のもとに訪れる福の神としても崇められていた。
お正月に用意される門松は歳神様が迷わないように家の前に置かれるもので、鏡餅は歳神様がお正月の間におられる場所と考えられていた。
鏡開きに使用される餅が「鏡餅」と呼ばれるようになった理由は、昔の鏡は丸型をしていたことに関係している。また、餅の丸い形は人の心臓を表している。
元禄8年に出版された本朝食鑑にも、「大円塊に作って鏡の形になぞらえる」と記載があったことから、鏡餅は拝み見るものだった可能性がある。大小重ね合わせるのは月と日を意味し、福徳が重なり縁起がよいものとされていた。

2. 鏡開きのやり方

鏡開きとは、お正月に歳神様にお供えした鏡餅を1月11日に下げて食べる風習と言われている。もともと鏡開きは1月20日に行われていたが、徳川三代将軍である家光の忌日が20日だったため、幕府が蔵開きの日の11日に変更したとされる。鏡開きの時は、割った餅を汁粉や雑煮などにして食べることで、神様のご利益をいただけると言い伝えられている。
鏡開きのやり方としては、鏡餅は包丁などの刃物は使わずに手や木槌などで割るのがしきたりとなっている。なぜなら歳神様が刃物を嫌うことに加えて、切るという言葉は切腹を連想させるためだと言われている。鏡餅は開くという縁起のよい言葉が用いられている。鏡餅を割ったら雑煮や汁粉にして食すのが一般的だ。
昔の武家でも同様に鏡餅を雑煮や汁粉にして主君と家来たちが食べたと言われている。また、商家でも主人や従者、家族なども一緒に食べていたようだ。そのようにすることで、親密さや交流を深めることができる食習とされている。

3. 鏡開きした餅の美味しい食べ方

鏡餅は鏡開きを行い、美味しくいただくことが大切である。最後に、餅の美味しいアレンジを紹介しよう。鏡餅を調理する際の参考にしていただければ幸いだ。

餅入りクラムチャウダー

あさりやバター、ミルクのコクが感じられるメニューだ。
作り方は、鍋にバターを熱し、一口大に切ったキャベツや人参、ベーコンを炒める。しんなりしてきたら弱火にして小麦粉を混ぜる。鍋に水とあさりの缶汁を加えて煮る。野菜が煮えたら牛乳を加えて塩コショウで味を整え、あさりや餅を加えて柔らかくなるまで煮込んでできあがりだ。

餅と牛肉のピリ辛炒め

ピリっとした辛さがあとをひく美味しさだ。おつまみにもおすすめ。
作り方は、まず大根は薄めのいちょう切りにする。次にフライパンに油を熱し、牛肉と大根を加えて炒める。大方火が通ったら水を加え、大根が柔らかくなるまで煮る。餅を手で4分割し、トースターで焼く。フライパンに餅と牛肉、大根を炒め合わせ、味噌、みりん、コチュジャン、酒を加えて調味し、白ごまをふりかけ、ネギを添えたらできあがりだ。

餅の豚キムチ巻き

豚肉を餅とチーズ、キムチで巻いて揚げたボリュームアップのおかずだ。チーズのまろやかさが餅と相性バツグン。
作り方は、豚肉に塩こしょうで下味をつけて置いておく。次に餅を4つに分ける。下味をつけた豚肉で餅とチーズ、キムチを巻いていく。巻いた豚肉に小麦粉、卵、パン粉を順番につけ、低温の油で揚げたらできあがりだ。

結論

今回は、鏡開きのやり方や、美味しくいただける餅のレシピを紹介した。鏡開きは歳神様からのご利益をいただき、新しい年に前進するためのよい機会にもなるかもしれない。したがって鏡開きのお餅をありがたくいただき、美味しく食べることで今年もよい年になることを期待したい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年1月 3日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ