このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
柿は焼くのも美味しい!基本的な食べ方からアレンジまで紹介!

柿は焼くのも美味しい!基本的な食べ方からアレンジまで紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

鉛筆アイコン 2021年1月23日

柿の食べ方は生食が中心だが、焼いて食べることもできる。食べたことがないと想像しにくいかもしれないが、実は人気のある食べ方のひとつだ。本記事では、焼いた柿の美味しい食べ方をいくつか紹介していく。自宅で簡単に作れるので、興味のある人はぜひ試していただきたい。

  

1. 新しい食べ方!柿は焼くとさらに甘みが増して美味しい

まず、焼いた柿の美味しさについて紹介する。

焼くと甘みが増して美味しい!

柿はそのままでも美味しく食べられるが、焼くと甘みが増す。甘い柿をさらに甘くするのもよいし、固めで甘さ控えめの柿の甘さを補うのもよい。また、焼くと内部が柔らかくなるため、また違った食感を楽しめる。冷めても美味しいが、とくに寒い冬の時期には、熱いうちに食べるのがオススメだ。

焼き方は簡単!

柿の焼き方はシンプルだ。いくつか方法があるが、いずれも難しくない。
簡単に仕上げるなら、スライスしてトースターで焼くだけでよい。表面に軽く焼きめが付く程度に焼けば、適度に柔らかい食感を楽しめる。
また、網で焼く、軽くソテーするなども美味しい。固めの実なら、焼き加減を自由に調整できる。一方、熟している実は崩れる可能性もあるので、加熱しすぎには注意したい。

2. 柿を焼いて食す!おすすめのトッピングは?

焼いた柿はそのまま甘みを楽しむのももちろん美味しい。ただ、トッピングを加えることでまた違った味を楽しめる。オススメのトッピング例をいくつか紹介する。

バター

焼いた柿の甘みとバターの香りは相性バツグンだ。柿を焼いてから添えるのもよいし、一緒に焼いてバターを焦がすのも美味しい。また、バターを使ってソテーにするのもオススメだ。とくにソテーの場合、ほかの食材を追加するのもよいだろう。

ヨーグルト

ヨーグルトと焼いた柿と組み合わせると、さっぱりした味を楽しめる。熟した柿を焼くと甘すぎる場合もあるが、ヨーグルトと一緒なら食べやすいだろう。使うヨーグルトは自由だが、柿の甘みを引き立てるなら無糖タイプがオススメだ。

チーズ

柿とチーズの組み合わせも、定番のひとつだといえる。とくに合わせやすいのはクリームチーズだ。ほかにも、香りの強いチーズをスライスして添えるなど、好みに応じて自由に選ぶのも楽しい。柿の甘みとチーズの塩気とのバランスをうまくとりたい。
ここでは乳製品のトッピングを紹介したが、もちろんこれ意外にもさまざまなトッピングを楽しめる。柿に合わせたいものをどんどん試したい。

3. 焼いた柿のアレンジ方法は?

焼いた柿をアレンジし、ひと味違った食べ方で楽しむのもよいだろう。柿が固い場合も、十分に楽しめる。例をいくつか見ていこう。

トーストにのせる

柿はジャムとしても親しまれているだけあり、パンと合わせると美味しい。柿を焼いてももちろんよく合う。パンにのせてトースターで一緒に焼くだけでもよい。しかし、柿は焼き目が付きにくいので、キレイに作るなら別に焼くのがオススメだ。

味を付けて炒める

柿に味を付けて炒めるのもよい。味付けは甘いものだけでなく、さまざまなものが合う。塩気などは柿の甘さと対照的で、面白い組み合わせだ。塩や味噌など、意外な味付けが美味しい。また、柿を食材のひとつとみなし、ほかの野菜などと一緒に炒めるのもオススメだ。とくに固い柿は美味しく食べられるだろう。

ケーキに使う

ひと手間かける余裕がある場合は、焼いた柿を使ってケーキを作るのもよい。たとえばショートケーキにトッピングすると、甘みをしっかりと楽しめる。また、パウンドケーキなどの焼くタイプのケーキに混ぜ込んでも美味しい。

結論

柿は焼くと甘みが増すほか、食感も柔らかくなる。固い柿でも甘みを楽しめるため、柿好きの人にはとくにオススメだ。焼いてそのまま食べるのもよし、好きな味付けをするのもよしで、デザートからごはんのおかずまで幅広く使って楽しめる。次に美味しい柿が手に入ったときは、試しに焼いて食べて、味の違いを楽しんでみてはどうだろうか。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年1月23日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ