このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
植物性の卵ってどんなもの?味も栄養も限りなく本物に近い?

植物性の卵ってどんなもの?味も栄養も限りなく本物に近い?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

鉛筆アイコン 2021年1月16日

健康志向が高まる昨今、動物性食品の代替食として、プラントベースと呼ばれる、植物性の原料で作られる食品の需要が、アメリカで急速に高まっているようだ。その中でも、植物性の卵の登場は、センセーショナルな出来事として、大きな話題を呼んでいる。植物性の卵について、詳しくお伝えしよう。

  

1. 植物性の卵とは?

植物性の卵とは、植物を原料として作られた卵の代替食材のこと。卵の代替食材については、これまで多くの企業が開発を試みてきたが、味や栄養価を、うまく卵に近づけることが難しかったようだ。
しかし、ここにきて、味も栄養価も、卵に限りなく近づけることに成功した商品が登場し、ちょっとしたブームになっている。
この商品は、ジャストエッグという名称の商品で、遺伝子組み換えでない緑豆を原料として作られている。卵とほぼ同じ量のたんぱく質を含み、コレステロールゼロで、食感や味も限りなく卵に近く、卵の代替食材としては、画期的な商品のようだ。
卵の代替食材といっても、見た目は卵と違い、液状でボトルに入っている。調理する分だけボトルから出して、通常の卵と同様に、スクランブルエッグやオムレツを作ることができる。また、ケーキなどの材料として卵の代わりに使用することもできる。
同じく、ビーガンエッグという名称のパウダー状になっている商品も、植物性の卵として話題になっているようだ。同商品は、主に海藻を原料として作られていて、食物繊維が豊富で、鉄分やヨウ素、亜鉛、ビタミンAなどの栄養素を含み、卵より低カロリーな点が魅力。ジャストエッグ同様に、通常の卵の代わりに卵料理に使用できる。

2. 植物性の卵のメリットとは

卵よりも低カロリー

植物性の卵は、通常の卵よりもカロリーが低く、コレステロールがゼロ。植物を原料としているため、通常の卵では摂取できない食物繊維なども摂取できる。

環境にも鶏にもやさしい

植物性の卵は、通常の卵のように鶏を飼育する必要もなく、また、水などの天然資源を大量に使用することもない。

ビーガンの人の料理の選択肢が増える

植物性の卵は、元は、完全菜食主義者であるビーガンの人を対象に開発された商品のようだ。ビーガンの人は、通常の鶏卵を食べることができないため、植物性の卵の登場により、レシピの幅が大きく広がるだろう。
また、卵アレルギーの人の代替食になりうるという見方もあるが、商品によっては通常の鶏卵と同じ生産ラインで製造されている場合もあるらしい。卵アレルギーの人が摂取する場合は、商品パッケージの表記をよく確認しよう。

3. 植物性の卵のデメリットとは

通常の卵よりも価格が高い

植物性の卵は、生産コストや加工コストがかかるために、1個当たりの価格がおよそ100円前後と、通常の卵に比べかなり高めである。

日本では入手しづらい

植物性の卵は、日本の一般的な市場には流通しておらず、入手方法が限られている。通販サイトなどで購入するのが現実的だ。

食感が少し違う

食感や味が本物の卵に限りなく近い、と前述したが、調理すると「本物の卵よりやや固い食感」「卵のようななめらかな食感が感じられない」と思う人もいるようだ。このほか、卵かけごはんなど、生卵としては利用しづらい、代替しにくいレシピもあるなどのデメリットが挙げられる。

結論

今回は植物性の卵について紹介したが、いかがだろう?興味をもっていただけただろうか?日本では、植物性の卵は、まだまだなじみの薄い食材で、一般のスーパーでは入手することが難しい。通販では、入手可能なようなので、興味のある人は、これを機に、試しに食してみてはいかがだろう。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年1月16日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ